Silicon removal & Condense rich breast augmentation

シリコン抜去と
コンデンスリッチ豊胸
(ベイザー併用)

シリコンバッグを抜いて自分の脂肪でバストアップ

シリコン抜去とコンデンスリッチ豊胸のこだわり

長野院長
傷跡を増やさない自然な仕上がり1日で施術終了

シリコンを抜去したいと悩んでいる方は、抜去した後の胸のサイズが気になると思いますが、当院のシリコンバッグ抜去&コンデンスリッチ豊胸術は胸の大きさも保てる(シリコンバッグのサイズにもよります)の特徴です。
傷跡を増やさないために脇からなどのアプローチ
見た目も触感も自然な仕上がり
抜去から豊胸まで1日で終了

何度も手術をすることがなく、負担が少なくて、シコリを作らずに仕上げるように配慮しています。

シリコン抜去とコンデンスリッチ豊胸のこだわりについて詳しくはこちら

シリコン抜去とコンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用)の特徴

乳腺用エコー最小限の切開抜去と豊胸の同時施術自然なデザイン性

シリコンバッグによって引き起こされる様々な症状

シリコンバッグは人間の体にとって人工物(異物)であるため、全例でバッグの周りは被膜でおおわれます。年数が経過しこの被膜にカルシウムが沈着して石灰化が進行すると様々な問題が引き起こされることがあります。シリコンバッグを入れた10人に1人はカプセル拘縮と呼ばれる症状を持っています。これは人工物(異物)に対する体の拒否反応で、被膜がテニスボールのように丸く収縮し、バストは硬く不自然に盛り上がります。場合によっては強い痛みが生じることもあります。
またシリコンバッグの種類によってもリスクは変わってきます。生理食塩水や液状シリコン、コヒーシブシリコン、CMC、ムコ多糖類などが使われたシリコンバッグは、どれも破損やシリコンの漏出、炎症などのリスクがあります。

症状に応じて摘出しないという選択肢もご提案

リスクの多いシリコンバッグですが、抜去という大掛かりな修正にためらいを感じる方も少なくありません。そこで当院では、挿入直後で症状が軽い場合、脂肪注入による調整という選択肢もご提案しています。デコルテからバストにかけて生じた不自然なラインや、リップリング、想像とは違う硬く冷たい触感などは、バッグの周りに少しずつ脂肪を注入することで自然な見た目に近づけることができます。
このとき注入する脂肪は特許技術によって自分の脂肪から生成した健康で新鮮なコンデンスリッチファット(CRF)だけを用います。高い技術によって注入していくため、しこりや感染症のリスクを最小限に抑えながら修正を行うことができます。
また脂肪注入による修正の場合も乳腺用エコーを用いて安全に施術が行われます。

美容と安全という観点で選択したシリコン抜去術

シリコンバッグを長期間挿入していてカプセル拘縮や石灰化が進行している場合は抜去する必要があります。
シリコンバッグの摘出方法は主に、脇の下を切開して取り出す方法、アンダーバストを切開する方法、乳輪の周囲を切開する方法の3つ。
比較的簡単なアンダーバストや乳輪からのアプローチが一般的ですが、当院では脇の下からアプローチして、脇のシワに沿った目立たない部位を切開するので最小限の傷にとどめます。
ほとんどの方がバッグを挿入する際に脇から入れているので、傷を増やすことがありません。見た目に傷を増やすことなくバストを再生できるので、バレるリスクが少ないのが魅力です。

シリコンバッグを抜去したその日に美しいバストが甦る

シリコンバッグを抜去した後のたるみやえぐれ、小さくなってしまったバストは、自分の脂肪を注入して自然な形に修正することができます。
注入する脂肪は脂肪吸引技術の最高峰「ベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)」を使用して腹部や太ももから採取。吸引した部位も凸凹にならないよう、自然に美しく仕上げます。
採取した脂肪はコンデンスリッチファット(CRF)のみを抽出し、バストに注入していきます。このとき、シリコンバッグが入っていた場所ではなく、その周囲の層に少量ずつ分散して注入します。シリコンバッグが入っていたポケット(空洞)に脂肪を注入すると、血管が通っていないため壊死し石灰化やしこりの原因となります。
抜去と同日にコンデンスリッチ豊胸を行うことで、ポケット(空洞)に脂肪が注入されるリスクを回避し、安全にキレイなバストが甦ります。

  • 3ヶ月から6ヶ月後に補充

    3ヶ月から6ヶ月後に補充
    ポケットが閉じるときに組織や皮膚が癒着しているので補充をしても皮膚がきれいに持ち上がってくれません。バストの形が悪い仕上がりです。
  • 抜去当日に補充

    抜去当日に補充
    バッグ抜去と同時に補充することで癒着を防ぎ、美しい仕上がりに。また、万一カプセル内に脂肪が入っても、洗い流すことができます。

コンデンスリッチ豊胸について詳しくはこちら

コンデンス(濃縮)技術について詳しくはこちら

抜去したバストをきれいにするデザイン

抜去したバストをきれいにするデザイン

シリコンバッグの抜去は人工物なのでしこり、破損、型崩れなどのトラブルを完全に防ぐことはできません。また異物が入っているストレスを感じる方も多くいらっしゃいます。
当院のシリコンバッグ抜去+コンデンスリッチ豊胸術では

  • バストの傷を最小限にする
  • 当日の同時施術で自然なバストに
  • しこり、壊死を防ぐ
  • 自然な触感のバスト

に気をつけております。

シリコンバッグが入っていたポケットを避けて、周囲の様々な層へ分散注入する技術によって、皮膚をキレイな形で持ち上げて、自然な仕上がりと美しいラインのバストを作る事が可能になります。

シリコンバッグのトラブル

症状別の調整方法

  • デコルテ部分が不自然
    デコルテ部分が不自然 バスト上部への注入でバッグの輪郭が目立たない自然なラインに調整。
  • リップリング
    リップリング 部分的に脂肪をかぶせることで突起やシワが目立たないように。
  • バストが冷たい
    バストが冷たい 全体に注入することで併せて皮膚感もふっくらと改善。

シリコンバッグによる豊胸は触感や見た目の不自然さがあります。

  • フランスPIP 社製のシリコンバッグは破裂の危険性
    破裂の危険性PIP 社シリコンバッグ
    フランスPIP 社製のシリコンバッグは破裂の危険性がある
  • カプセル拘縮
    カプセル拘縮
    皮膜がテニスボールのように丸く硬くなる
  • 石灰化
    石灰化
    シリコンバッグの周りにカルシウムが沈着してトラブルの原因に
  • リップリング(しわ)
    リップリング(しわ)
    バストの一部が尖ったり波を打ったりする
  • バッグの破損
    バッグの破損
    老朽化とともに破損する危険性が高まる
  • 男性のようなバスト
    男性のようなバスト
    胸に力を入れるとバッグが盛り上がりたくましくみえる
  • バストの段差
    バストの段差
    アンダーバストの位置がずれて、揺れ方が不自然に
  • 変位・左右差
    変位・左右差
    カプセル拘縮などで左右の形がアンバランスになる

シリコン抜去とコンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用)の料金表

モニター価格 会員価格
シリコンバッグエコー診断 ¥0 ¥50,000
基本セット(消耗品・麻酔・内服薬) ¥0 ¥0
シリコンバッグの見た目調整 ¥500,000 ¥700,000
シリコンバッグ抜去のみ ¥320,000
シリコンバッグ抜去(コンデンスリッチ豊胸と同時の場合) ¥160,000
シリコンバッグ抜去+コンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用) ¥1,110,000 ¥1,360,000

※抜糸の際にインディバによるアフタートリートメントが無料でついています。(脂肪吸引部位)

その他の料金についてはこちら

challenge

アクセス

クリニック外観

東京都中央区銀座3-9-6 VORT銀座maximビル(旧銀座マトリックスビル)8階
最寄駅:銀座駅

詳しくはこちら

院長ブログ

Mods Clinic youtubeチャンネル

気になるお悩み、まずはお気軽にご相談ください。

0120-900-524

<受付時間>10:00~19:00完全予約制

クリニック内観 クリニック内観 クリニック内観
ページ先頭へ