吸引した脂肪でバストアップが可能?!

脂肪注入法は、痩せたい部分の脂肪を吸引し、その脂肪をバストに注入することで痩身効果とバストアップの効果を一度で得られる施術です。自身の脂肪を使用する為、アレルギーを始めとした拒絶反応などが起きる事もなく、安全性が高いと定評があります。

ここでは脂肪注入法を始めとしたバストの美容整形についてご紹介します。

1. 脂肪吸引とバストの美容整形

脂肪吸引の施術で吸引した脂肪をバストの豊胸に使用してバストアップする方法です。自分の体から脂肪を取り出して注入するので体にも優しく、様々なメリットがあります。

1-1. バストアップしたい方の脂肪注入豊胸

脂肪注入法は大幅なバストアップは難しく、一回り大きくしたいという方に適しています。また、人工乳腺などの異物を体内に入れることに手以降がある方、腹部や下半身は太っていてバストが小さいとお悩みの方に適しています。

脂肪注入豊胸はご自身の脂肪を吸引しその脂肪細胞をバストに注入するため脂肪採取した箇所の部分痩せもできます。吸引した脂肪を直接バストに利用するので不自然な硬さがなく、感触も動きも通常のバストと殆ど同じで、レントゲンにも映りません。

また、これほど自然なので乳がん検診で分かることもありませんし、他人からも気づかれにくいというメリットもあります。

脂肪注入豊胸のメリットとしては下記の点があります。

  • 自分の細胞である
  • 傷が小さくて済む
  • 左右差の調整ができる
  • 見た目、触感が自然である
  • 必要ない部分の脂肪を取ることができる

吸引した脂肪をバストに注入する際に、比較的多くの脂肪を入れる場合は、バストの皮膚が伸びやすい方の方が脂肪をより受け入れやすいというのもあります。

もし脂肪が多く取れたとしてもバストの皮膚が伸びにくい方であればそれほど注入できないというリスクも知っておきましょう。

1-2. 綺麗なバストを手に入れたい方の乳房縮小

バストの下垂を解消するにはいくつかの方法がありますが、乳房縮小術が一般的にメジャーな施術です。もともとのバストが大きな方が受けることが多いのは、大きなバストは年齢と共に、また授乳によって極度に下垂することに悩んでいらっしゃるからです。この乳房縮小術によって下垂させることなく美しくリフトアップすることができます。

2. 脂肪吸引を併用したバストアップ「脂肪注入豊胸」とは

脂肪注入豊胸の施術では、まず通常の脂肪吸引同様カニューレと呼ばれる細い管を使用し脂肪を吸引します。吸引した脂肪を専用の食塩水で洗浄し、注入に適した状態の良い脂肪を選別し、バストに少しずつ丁寧に注入して形を整えます。注入された脂肪は血管に取り込まれ、脂肪が注入された場所でそのまま残ります。

2-1. 脂肪注入豊胸の効果

結論から言うと、脂肪注入豊胸でどれくらいバストアップするかは、平均的な体形の女性でおよそ1cupアップぐらいでしょう。

脂肪注入の豊胸では、そもそも大きくバストアップすることは難しいので、あまり期待し過ぎないようにしましょう。なぜなら、脂肪注入でどれだけバストを大きくできるかについては、その方からどれだけ脂肪を吸引できるか(その方の元々の体系を崩さない範囲で)がまずポイントになります。先ほども触れたように、魏に脂肪を注入する量がその方のバストの状態(皮膚の伸びなど)によって個人差があります。

バストの脂肪注入をする際にまず知っておいてほしいことは、まず体内から大量の脂肪吸引をしてその中から使用できる脂肪を選別するため、選別の際に減量されてしまいます。よって元々皮下脂肪が多い方でないとそこから使用できるある程度の脂肪が採取できないということです。

美しいボディラインにするには適切な量を適切な部位から吸引しなければなりません。ですが、目指すバストアップに十分な脂肪が取れない方もいらっしゃいます。また、脂肪を取るとボディラインが崩れることもあります。そのような場合はヒアルロン酸豊胸やシリコンバッグ豊胸を行います。

2-2. 脂肪注入豊胸の種類

・ピュアグラフト脂肪注入

ピュアグラフト脂肪注入は痩せたい部分の脂肪を吸引します。そしてより純度が高く濃縮された脂肪をバストに注入します。

・コンデンスリッチ脂肪注入

定着率とバストアップに定評があります。しこりができる確率がかなり抑えられます。また安全性も高いと言われています。

・セルーション

脂肪細胞に加えて脂肪組織由来の細胞を得ることができます。定着率を向上し、シコリができる確率を軽減できます。

2-3. 脂肪注入豊胸の費用

脂肪注入豊胸の費用はクリニックによって提示価格は様々ですが、下記がおおよその相場になりますので参考になさってください。

  • ピュアグラフト脂肪注入:片側 200cc~300cc  約60万円
  • コンデンスリッチ脂肪注入:片側 250cc~350cc 約90万円
  • セルーション:片側 250cc~350cc 約150万円

2-4. 脂肪吸引とバストアップを併用するメリット

・自然な見た目

豊胸バッグなどの異物ではなく、その方の脂肪を注入しているのでやわらかい感触と自然な見た目のバストに仕上がっていきます。また、バストの形だけでなく大きさの左右差を整えることができるなども可能です。

・アレルギー反応が起こりにくい

豊胸バッグなどの異物とは違い自身の体の脂肪を注入するのでアレルギー反応が起きにくく、安全性が高いです。

また、脂肪注入豊胸には豊胸バッグを体内に挿入したときに起こる懸念のある異物挿入によるリスクや後遺症のような心配ないので後々も安心ですね。

2-5. 脂肪注入豊胸とその他のバストアップ法の違い

傷跡が残らないのが最も大きい違いでしょう。バストに脂肪を注入する際は、注射器で脂肪をバストへ注入します。注射針はバスト下部周辺に刺すので傷跡はほとんどわかりません。小さな傷跡しか残らないので体への負担も少なくすみます。

3. 脂肪吸引でバストの形を綺麗にする乳房縮小とは?

乳房縮小の手術は近年とても多くなった手術です。日本の食生活、生活スタイルが変化して体型が欧米人のようなプロポーションの女性が多くなりました。

乳房が大きすぎる方の悩みとして、肩こり、猫背、頭痛、吐き気などがあります。また市販のブラジャーが使えない、息苦しい、などその悩みは深刻です。運動の際にも障害があるでしょう。

大きすぎて垂れてしまう方は皮膚と皮膚が擦れ合い皮膚炎が起こることもあるそうですが、このような下垂のバストの方にも適用できる方法です。また、男性のような胸の形にまで縮小させることも可能です。

3-1. 乳房縮小の効果

乳房縮小の効果により上記のような悩みがなくなると生活がずっとしやすくなるでしょう。乳房縮小の施術にはどのような種類があるか、見ていきましょう。

3-2. 乳房縮小の種類

乳房縮小の施術には下記のような方法があります。代表的なものを2つご紹介します。

・乳腺組織:脂肪が多く、少しでも小さくしたい方に適した方法です。術後は乳輪の下に傷跡が残りますが半年~1年で目立たなくなります。

・ドーナツ状切開: 乳輪の周囲の皮膚をドーナッツ状に切除し乳輪周囲で縫合させる方法です。乳腺や脂肪の切除が不要な方に適しています。

3-3. 乳房縮小の費用

クリニックによって提示価格は様々ですがだいたいの相場はこのくらいになります。

  • 乳腺組織:およそ60万円
  • ドーナツ状切開:およそ35万円

3-4. 脂肪吸引でバストを矯正するメリット・デメリット

脂肪注入豊胸には下記のようにメリット、デメリットがありますので、理想の施術を受けられるよう事前によく理解しておきましょう。

<メリット>

・自然な見た目と感触に仕上がる:豊胸バッグなどの異物ではなく自身の脂肪を注入しているため、柔らかい感触と自然な見た目のバストになります。また、左右の大きさや形を整えることもできます。

・レントゲンに映らない:バストの約9割が脂肪からできているので同じ人間の体から脂肪を取ってくれば、バストに注入してもレントゲンでは分かりません。豊胸していると他人から分かることはありません。また、乳がん検診も通常通りに受けることができます。

・アレルギー反応が起こりにくい:脂肪注入豊胸は自身の体から採取した脂肪です。そのためアレルギー反応、拒絶反応が起きにくく安全性に定評我あります。

豊胸バッグを挿入したときに起こる心配のある異物挿入によるリスク、後遺症のようなものもありません。

・傷跡がほとんど残らない:バストへ脂肪を注入する際は注射器を使用します。注射針はアンダーバスト周辺に対して挿入しますので傷跡がほとんど分かりません。

<デメリット>

・ダウンタイムが発生する:1~2週間ほどは脂肪を吸引した部分に内出血や腫れが起こる可能性があります。術後の2日間は強い痛みがあることが多いですが、痛みは1週間もすれば落ち着きます。

痛み止めを飲んでも治まらない、痛みがもし1週間以上も続く場合は、感染症などの恐れもあります。その場合はすぐにクリニックに相談しましょう。

・しこりができる恐れがある:ヒアルロン酸豊胸や献血豊胸でも当てはまりますが、しこりは脂肪注入豊胸の施術全般に起こるリスクです。

バストに定着できないと細胞が壊死し、脂肪が炎症を起こします。その結果炎症を抑えようと細胞周りの膜にカルシウムが付着するためと言われています。

4. 脂肪吸引によるバストの美容整形の特徴まとめ

自分の脂肪でバストアップできるという施術は、体型的にこの施術を受けることが可能な方にとっては素晴らしい施術となるでしょう。脂肪吸引によるバストアップには少なからずダウンタイム症状はあるものの他の豊胸手術に比べるとリスクが非常に低いことがお分かりいただけたと思います。

ですが、あまり過剰なバストアップは期待できませんので、その点のみ期待し過ぎないようにしておきましょう。