お腹・腰・ウエストの脂肪吸引

メリハリのあるくびれで
シャープな印象のボディラインに

  1. Mods Clinic(モッズクリニック)TOP
  2. 診療内容一覧
  3. 脂肪吸引
  4. お腹・腰・ウエストの脂肪吸引

女性らしい理想のウエストに

  • メリハリのあるボディライン

    メリハリのあるボディライン

    細く引き締まったウエストは、女性らしいメリハリボディに必要不可欠です。

  • ひとつ上の女性らしさ

    ひとつ上の女性らしさ

    背中から腰にかけての滑らかで美しいカーブは、女性らしさのポイントです。

  • 水着や温泉も積極的に楽しめる

    水着や温泉も積極的に楽しめる

    水着や温泉など、腹部を露出する機会にも自信が持てます。

お腹・腰の脂肪吸引の症例

  • お腹・腰の脂肪吸引【術前/3ヶ月 24歳女性】

    • お腹・腰の脂肪吸引【術前/3ヶ月 24歳女性】の術前写真
    • お腹・腰の脂肪吸引【術前/3ヶ月 24歳女性】の術後写真

    施術者:渓智司/問い合わせ:0120-900-524

    ベイザー脂肪吸引:体への負担を軽減した脂肪吸引術/価格(モニター価格)基本セット(消耗品・麻酔・内服薬)¥0 ●肩甲骨下¥231,000 ●上腹部¥220,000 ●下腹部¥220,000 ●側腹部¥220,000 ●腹部全体(上下側腹部)¥440,000 ●腰部(背面からのアプローチ)¥231,000/副作用・リスク:術後の内出血や浮腫み、硬縮(皮膚のツッパリ感)など

    この症例の詳細はこちら

  • お腹・腰の脂肪吸引【術前/3ヶ月 34歳女性】

    • お腹・腰の脂肪吸引【術前/3ヶ月 34歳女性】の術前写真
    • お腹・腰の脂肪吸引【術前/3ヶ月 34歳女性】の術後写真

    施術者:渓智司/問い合わせ:0120-900-524

    ベイザー脂肪吸引:体への負担を軽減した脂肪吸引術/価格(モニター価格)基本セット(消耗品・麻酔・内服薬)¥0 ●肩甲骨下¥231,000 ●上腹部¥220,000 ●下腹部¥220,000 ●側腹部¥220,000 ●腹部全体(上下側腹部)¥440,000 ●腰部(背面からのアプローチ)¥231,000/副作用・リスク:術後には内出血や浮腫み、硬縮(皮膚のツッパリ感)、疼痛など

    この症例の詳細はこちら

  • お腹・腰の脂肪吸引【術前/1ヶ月 22歳女性】

    • お腹・腰の脂肪吸引【術前/1ヶ月 22歳女性】の術前写真
    • お腹・腰の脂肪吸引【術前/1ヶ月 22歳女性】の術後写真

    施術者:長野寛史/問い合わせ:0120-900-524

    ベイザー脂肪吸引:体への負担を軽減した脂肪吸引術/価格(モニター価格)基本セット(消耗品・麻酔・内服薬)¥0 ●肩甲骨下¥231,000 ●上腹部¥220,000 ●下腹部¥220,000 ●側腹部¥220,000 ●腹部全体(上下側腹部)¥440,000 ●腰部(背面からのアプローチ)¥231,000/副作用・リスク:術後には内出血や浮腫み、硬縮(皮膚のツッパリ感)、疼痛など

    この症例の詳細はこちら

  • お腹・腰の脂肪吸引【術前/6ヶ月 37歳女性】

    • お腹・腰の脂肪吸引【術前/6ヶ月 37歳女性】の術前写真
    • お腹・腰の脂肪吸引【術前/6ヶ月 37歳女性】の術後写真

    施術者:北條誠至/問い合わせ:0120-900-524

    ベイザー脂肪吸引:体への負担を軽減した脂肪吸引術/価格(モニター価格)基本セット(消耗品・麻酔・内服薬)¥0 ●肩甲骨下¥231,000 ●上腹部¥220,000 ●下腹部¥220,000 ●側腹部¥220,000 ●腹部全体(上下側腹部)¥440,000 ●腰部(背面からのアプローチ)¥231,000/副作用・リスク:術後には内出血や浮腫み、硬縮(皮膚のツッパリ感)、疼痛など

    この症例の詳細はこちら

  • お腹・腰の脂肪吸引【術前/6ヶ月 33歳女性】

    • お腹・腰の脂肪吸引【術前/6ヶ月 33歳女性】の術前写真
    • お腹・腰の脂肪吸引【術前/6ヶ月 33歳女性】の術後写真

    施術者:長野寛史/問い合わせ:0120-900-524

    ベイザー脂肪吸引:体への負担を軽減した脂肪吸引術/価格(モニター価格)基本セット(消耗品・麻酔・内服薬)¥0 ●肩甲骨下¥231,000 ●上腹部¥220,000 ●下腹部¥220,000 ●側腹部¥220,000 ●腹部全体(上下側腹部)¥440,000 ●腰部(背面からのアプローチ)¥231,000/副作用・リスク:術後には内出血や浮腫み、硬縮(皮膚のツッパリ感)、疼痛など

    この症例の詳細はこちら

  • お腹・腰の脂肪吸引【術前/6ヶ月 21歳女性】

    • お腹・腰の脂肪吸引【術前/6ヶ月 21歳女性】の術前写真
    • お腹・腰の脂肪吸引【術前/6ヶ月 21歳女性】の術後写真

    施術者:ボァイエ真希子/問い合わせ:0120-900-524

    ベイザー脂肪吸引:体への負担を軽減した脂肪吸引術/価格(モニター価格)基本セット(消耗品・麻酔・内服薬)¥0 ●肩甲骨下¥231,000 ●上腹部¥220,000 ●下腹部¥220,000 ●側腹部¥220,000 ●腹部全体(上下側腹部)¥440,000 ●腰部(背面からのアプローチ)¥231,000/副作用・リスク:術後には内出血や浮腫み、硬縮(皮膚のツッパリ感)、疼痛など

    この症例の詳細はこちら

  • お腹・腰の脂肪吸引【術前/6ヶ月 32歳女性】

    • お腹・腰の脂肪吸引【術前/6ヶ月 32歳女性】の術前写真
    • お腹・腰の脂肪吸引【術前/6ヶ月 32歳女性】の術後写真

    施術者:北條誠至/問い合わせ:0120-900-524

    ベイザー脂肪吸引:体への負担を軽減した脂肪吸引術/価格(モニター価格)基本セット(消耗品・麻酔・内服薬)¥0 ●肩甲骨下¥231,000 ●上腹部¥220,000 ●下腹部¥220,000 ●側腹部¥220,000 ●腹部全体(上下側腹部)¥440,000 ●腰部(背面からのアプローチ)¥231,000/副作用・リスク:術後には内出血や浮腫み、硬縮(皮膚のツッパリ感)、疼痛など

    この症例の詳細はこちら

  • お腹・腰の脂肪吸引【術前/6ヶ月 29歳女性】

    • お腹・腰の脂肪吸引【術前/6ヶ月 29歳女性】の術前写真
    • お腹・腰の脂肪吸引【術前/6ヶ月 29歳女性】の術後写真

    施術者:長野寛史/問い合わせ:0120-900-524

    ベイザー脂肪吸引:体への負担を軽減した脂肪吸引術/価格(モニター価格)基本セット(消耗品・麻酔・内服薬)¥0 ●肩甲骨下¥231,000 ●上腹部¥220,000 ●下腹部¥220,000 ●側腹部¥220,000 ●腹部全体(上下側腹部)¥440,000 ●腰部(背面からのアプローチ)¥231,000/副作用・リスク:術後には内出血や浮腫み、硬縮(皮膚のツッパリ感)、疼痛など

    この症例の詳細はこちら

お腹の部位別(胸下・上腹部・下腹部・側腹部・腰)の脂肪吸引を解説

お腹の脂肪吸引のメリットは、吸引範囲が広い分、吸引量も多く、高い痩身効果が期待できる点です。その反面、脂肪の取り残しや取りムラによる段差が生じやすく、ドクターの技術が一層必要とされる部位でもあります。
仕上がりを美しくするためにも、当院ではお腹の一部(下腹部、側腹部のみなど)ではなく、お腹全体の脂肪吸引を推奨しています。

胸下

「胸下」の吸引範囲は、乳房下縁から肋骨下縁までです。
もう少し噛み砕いてお伝えすると、バスト下のアンダー(前側)です。この部分を脂肪吸引するとアンダーが細くなり、バストトップの差が広がります。その結果、痩身効果とともにバストアップ効果を得ることもできます。
しかし、胸下は脂肪が取り残されやすく、他の範囲との境目に段差が生じることも少なくありません。実際、お腹の脂肪吸引の他院修正では、胸下の脂肪が取り切れていないケースが圧倒的な数を占めています。

胸下

お腹(胸下)の他院修正が多い理由

施術を受けたクリニックが胸下の脂肪吸引に対応していなかった(吸引範囲に胸下が入っていなかった)、または肋骨付近を避けた結果、少量しか吸引できず、段差や凸凹が生じたなどの理由が考えられます。あくまでも憶測ですが、肋骨の上を脂肪吸引するため、施術難易度の高さを感じたり、他の組織や内臓を傷つけてしまわないか? といった懸念から胸下を避けているのかもしれません。
※正しい知識と高い技術を持ったドクターであれば、問題なく胸下の脂肪吸引が可能です。

上腹部

胸下と同じく、脂肪の取り残し・取りムラによって段差になりやすいのが、肋骨下縁からおへそ上部の「上腹部」です。
当院では、上腹部の脂肪を取り残すことなく、滑らかなウエストラインをデザインするため、特殊なカニューレ(吸引管)を使用して施術を行います。
このカニューレは先端に向かってカーブした当院の特注品で、吸引領域が広いのが特徴。広範囲にわたるお腹の脂肪をまんべんなく吸引することができます。
また、元々の脂肪の付き方や筋肉量にもよりますが、腹筋と皮膚の距離を近付けるように皮下脂肪を薄くするイメージで吸引すると、腹筋のラインがうっすらと見える仕上がりになります。

上腹部

下腹部

「下腹部」はおへそより下の範囲で、パンツやショーツの上に乗る脂肪を吸引します。
この部分はお腹の中でも脂肪の吸引量が多く、しっかり吸引することで高い痩身効果を得られる一方で、あまりにも極限まで脂肪吸引をすると皮膚がたるみ、凸凹になってしまうリスクがあることも忘れてはいけません。
患者様にとってベストな結果を出すには、腹部全体のバランスや肌の質感を考慮した上での脂肪吸引が必須です。

下腹部

側腹部

「ウエスト」と呼ぶクリニックもありますが、当院では「側腹部」と呼んでおり、美しいくびれ作りに欠かせない吸引範囲です。 施術時のコツは、彫刻するように脂肪吸引すること。そうすると、キュッとくびれたボディラインに仕上がります。
そのために欠かせないのが、先ほどもご紹介した特注カニューレです。一般的には棒のような直線型のカニューレを使用しますが、形状が真っ直ぐなだけに扱いが容易な反面、曲線美を描いたデザインが難しくなります。
当院では、先端がカーブした特殊なカニューレを使用しているので、サイドまで回り込んで脂肪を逃さず吸引することができます。

側腹部

傷口の軽減にもつながります

直線型のカニューレは吸引範囲が狭く、綺麗なくびれを作る場合はあらゆる方向から脂肪を吸引する必要があります。ここでどうしても必要になってくるのが、傷の数。お腹の場合、最低でも5、6箇所に傷を作ることが多いようですが、当院の場合は3箇所の傷で済みます。
その理由は、先端がカーブした特注カニューレを使用しているからです。ひとつの傷から広範囲の脂肪にアプローチできる特注カニューレは、仕上がりを美しくする目的だけでなく、傷の軽減にも大きく寄与します。

腰(背面)

腰の吸引範囲は「腰骨の上に乗っている脂肪(背面)」です。この部分の脂肪吸引で腰の浮き輪肉を解消し、美しいくびれラインをデザインします。
施術時のコツは、隣接部分を考慮しながらバランス良く仕上げること。腰の場合、脂肪を取り過ぎるとお尻との間に段差が生じ、不自然なボディラインになってしまいます。そうならないためにも、当院は腰からお尻のラインが自然なカーブを描くよう、滑らかなラインになる仕上がりを重視しています。

腰(背面)

自然で美しいウエストのために

自然で美しいウエストのために

お腹の脂肪吸引はドクターの技量により結果が大きく変わりやすい部位になります。
お腹の脂肪吸引をする際にはいくつかのコツがありますが、その中でも「深い層の脂肪をしっかりと吸引する」「くびれがきれいに出るようなデザインをする」という2点が非常に重要です。
体重が増えてしまい見た目を改善したい方から、痩せているけれども理想のお腹(ウエスト)にしたい方まで、ご要望は様々です。
すべての方のご要望を叶えられるように、一人ひとりに合わせたオーダーメイドの手術を行っております。

お腹・腰の脂肪吸引の傷跡

脂肪吸引はカニューレを患部に挿入するため、吸引個所に傷(3mm程)を作ります。時間と共に傷は消えていきますが、目立たないに越したことはありません。当院では様々な形状のカニューレを使い分けることにより、必ず目立ちにくい部分に傷をつけるように徹底しています。お腹に関してはおへその中に1ヶ所と、鼠径部に2ヶ所、腰部はお尻の割れ目のすぐ上に1ヶ所作ります。傷跡は非常に小さく関節や下着に隠れるので、まずわかることはありません。

傷の位置の比較

モッズクリニックのウエストの脂肪吸引の傷の位置

腹部はおへその中に1ヶ所と、鼠径部に2ヶ所。腰部はお尻の割れ目のすぐ上に1ヶ所の傷跡。いずれも関節や下着で隠れる場所です。

傷跡が目立つウエストの脂肪吸引の傷の位置

図のような場所に傷を残してしまうと傷が見えやすく目立つ場合があります。

傷跡の比較

モッズクリニックのウエストの脂肪吸引の傷跡

時間の経過とともに傷は消える上、下着などで隠れる部分を選ぶので、ほぼわかりません。

傷跡が目立つウエストの脂肪吸引の傷跡

写真の位置に傷を残してしまうとせっかく細くなっても、傷が目立ってしまうと美しさが損なわれてしまいます。

傷跡が目立たないモッズクリニックならではの傷跡へのこだわり

お腹の脂肪吸引のダウンタイム

術後は内出血や軽度の浮腫みが約2週間ほど出現します。この症状に対しては翌日縫合という方法を用いることにより、内出血や浮腫みを最小限にする工夫をしています。追加で費用も発生しませんので、ご希望の方はお気軽にお申し出ください。

  1. 手術前
    お腹・腰のベーザー脂肪吸引の手術前
  2. 術後1週間
    お腹・腰のベーザー脂肪吸引の手術翌日
  3. 術後1ヶ月
    お腹・腰のベーザー脂肪吸引の術後1ヶ月
施術者:長野寛史/お問い合わせ:0120-900-524/価格(モニター価格)基本セット(消耗品・麻酔・内服薬)¥0 ●肩甲骨下¥231,000 ●上腹部¥220,000 ●下腹部¥220,000 ●側腹部¥220,000 ●腹部全体(上下側腹部)¥440,000 ●腰部(背面からのアプローチ)¥231,000/副作用・リスク:術後の内出血や浮腫み、硬縮(皮膚のツッパリ感)など

術後1週間まで圧迫固定

術後1週間まで圧迫固定

お腹を脂肪吸引した後は、ボディスーツで患部を圧迫していただきます。着用いただくのは手術当日から術後1週間までですが、翌日以降は1日中着けている必要はありません。
「脂肪吸引後は長期間圧迫しないと仕上がりに影響する」という意見もありますが、当院としては、施術結果はドクターの技術に左右されるものであり、患者様が行うアフターケアで仕上がりが悪くなることはないと考えています。
圧迫着はダウンタイムを楽にする目的として着用いただくものと捉えておりますので、基本的にはダウンタイムのピークを超えた1週間までの着用で構いません。

※ボディスーツは当院からのレンタルとなり、1週間後にご返却いただきます。1週間後にご来院されない場合は、郵送にてご返却ください。

手術当日は看護師が適切な圧迫固定を行います

術後の圧迫が適切でスムーズでないと、不必要なむくみや内出血が広がることがあり、圧迫着本来の効果が得られません。
そのため、当院では毎日の脂肪吸引手術をサポートしている看護師が、手術当日の圧迫固定を担当します。患者様が麻酔で眠っている間に完了しますが、目覚めた後に翌日以降の圧迫方法を詳しくアドバイスいたしますので、不安や疑問がある場合は気兼ねなくご相談ください。

痛みの感じ方について

手術当日は、麻酔が切れると同時に痛みを感じるようになります。
痛みの感じ方には個人差がありますが、一番よく例えられる痛みは、運動をした翌日の筋肉痛です。吸引量に伴って痛みを感じやすい方もいらっしゃいますが、基本的には術後3日〜1週間程度で治まります。

痛みを抑える工夫を取り入れています

痛みの原因は主に2つあります。ひとつは手術によって身体がダメージを受けること、もうひとつは手術時に使用した麻酔液が体内に停滞することです。
当院はふたつめの「麻酔液の停滞」に着目し、手術後の2度にわたる麻酔液の絞り出し、翌日縫合などで麻酔液をいち早く体外に放出する独自の取り組みを行なってきました。このひと手間によって術後の痛みが大幅に軽減されるので、翌日または翌々日からの仕事復帰が可能です。

術後の姿勢について

普段から猫背気味の方は、できるだけ正しい姿勢を意識しましょう。というのも、お腹の脂肪吸引後に姿勢が悪い状態が続くと、お腹に横線が入ってしまうからです。 特に、むくみや拘縮が見られるダウンタイム中は、一度線が入ると跡になり、なかなか消えません。正しい姿勢を意識しつつ、ゆったりめの服装を心掛けてみてください。

不安なことがあればいつでもご相談ください

線が入ったとしても、完全に残ることはありませんが、脂肪吸引後のダウンタイムはデリケートな時期です。少しでも線が残ると不安になってしまうと思います。
当院ではアフターケアのご相談も承っておりますので、少しでも不安なことがあれば、いつでもご相談ください。経過チェック時のご相談はもちろん、メールでお写真を送っていただき、担当医より経過のアドバイスをさせていただくことも可能です。

ダウンタイムを最小限に抑える取り組み

脂肪吸引には、どうしても術後に内出血や痛みが出るダウンタイムが伴いますが、術後のダウンタイムを最小限に抑えるために当院では様々な工夫をしています。
術後のダウンタイムを最小限に抑えるということは、それだけ早く美しく仕上がるという事です。私たちモッズクリニックは患者様のためにその努力を惜しまず、取り組んでおります。

施術の流れ

  1. カウンセリング

    当院は1人のドクターが施術、術後の経過チェックまでを一貫して担当いたします。
    カウンセリングでは、

    • • 施術の適応性
    • • 骨格
    • • 皮膚の状態
    • • 内臓脂肪、皮下脂肪のつき方
    • • 適切な施術範囲
    • • 術後の全身バランス

    などを総合的に考えながら最適な施術内容をご提案いたします。脂肪のつき方によっては、腰や胸下の脂肪吸引をご提案することもあります。

    また、

    • • 具体的な仕上がりのイメージ
    • • 施術のポイント
    • • 傷の位置
    • • ダウンタイム、圧迫固定の期間

    についてもお話しします。

    施術日決定

    無理のない予算をご相談の上、施術費用の見積もりを作成いたします。施術当日に料金が上乗せされるようなことは一切ありませんので、ご安心ください。
    その後手術を安全に受けるための血液検査を行ない、具体的な施術日時を決めていきます。

  2. 施術前日

    術前のお食事に関しては、施術の6時間前までにお済ませください。なお、飲水(水、スポーツドリンク)はご来院時まで可能です。
    また、施術後は吸引部位を圧迫をするため厚みが出ます。服装は吸引部位にゆとりがあるものをお選びください。ワンピースやウエストゴムのロングスカート、ワイドパンツがお勧めです。

  3. 施術当日

    吸引範囲の最終確認としてマーキングを行なってから、施術に入ります。当院では、この段階ですでに最終的な仕上がりがイメージできています。

    麻酔

    当院が採用するのは、体への負担が少ない静脈麻酔です。麻酔の点滴を開始すると5分ほどで眠りに入りますので、リラックスした状態で施術を受けることができます。
    また、施術中は細かい麻酔管理のもと、適切な一定量を使用します。施術の途中で起きてしまうようなことはありませんので、ご安心ください。

    脂肪吸引

    お腹の場合、傷はおへその中に1箇所と鼠径部の内側に2箇所のみです。腰の吸引も併用される場合は、お尻の割れ目のすぐ上にも傷を作ります。いずれも3mm程度なので、ほとんど目立ちません。
    その後チュメセント液を散布し、ベイザーリポの超音波を照射して脂肪の周辺組織(血管・神経など)と脂肪細胞を遊離。刃のないカニューレでやさしく皮下脂肪を除去していくのが一連の流れです。手術自体は1時間半程度で終了します(標準体型の場合)。

    なお、一般的な脂肪吸引では直線型のカニューレが用いられますが、これは吸引範囲が狭く、多くの脂肪を吸引するには傷の数を増やさなければなりません。
    そこで当院では先端に向かってカーブした、特注のカニューレを使用しています。これによって、ひとつの傷口から広範囲の脂肪吸引が実現可能です。

    また、脂肪の吸引を終えた時点で傷口を縫合するのが一般的ですが、当院はその前に看護師の手によってダウンタイムの原因となる「麻酔液」を絞り出します。そこから傷口を縫合して施術完了です。

    術後

    患者様が麻酔で眠っている間に、看護師が腹部を圧迫固定します。麻酔から目が覚めるまでは、リカバリールームでゆっくりお休みください。
    麻酔から目が覚めた後、圧迫固定を外して2度目の麻酔液の絞り出しを行ないます。この一手間が、術後の内出血やむくみ軽減に大きく役立ちます。

    ご帰宅いただくのは、ドクターより処方薬や術後経過などの説明をさせていただいた後です。お帰りの際はご自身での車の運転は避け、公共の交通機関をご利用ください。

    帰宅後

    吸引量が多くなればなるほど、術後はむくみや腫れの症状が強くなります。普通に生活する上での制限は特にありませんが、手術当日はご自宅でゆっくりお休みください。

  4. 施術翌日

    お腹の脂肪吸引をご希望の方には、さらなるダウンタイム軽減のため、翌日縫合を推奨しております。
    翌日縫合とは、傷口を手術当日に縫わず、翌日に縫う方法です。体内に溜まった麻酔液を放出させることができるため、翌日の時点でむくみ・腫れが少なくなります。

  5. 1週間後

    1週間後、抜糸でご来院いただきます。
    遠方にお住まいで来院が難しい方は、事前にご相談ください。1週間のご来院が必要ないよう、溶ける糸で傷口を縫合いたします。

  6. アフターケア

    術後の圧迫固定は、1週間ほどを目安に着用ください。
    また、お腹の脂肪吸引後は姿勢が重要です。術後はお腹に線が入らないように姿勢に気を付けていただくと、より綺麗な仕上がりになります。

    ダウンタイムに関しては、筋肉痛に似た痛みが約1週間、内出血やむくみが2週間、拘縮が3〜6ヶ月ほどです。
    これだけ見るとかなりハードなダウンタイムに思えますが、日常生活への制限はほとんどありません。当院で施術を受けられた患者様は、手術翌日あるいは翌々日からお仕事に復帰されています。

    術後のダウンタイムに対する不安や相談は付き物ですから、お気軽にご相談ください。施術を担当した医師が責任を持って対応いたします。

お腹・腰の脂肪吸引の概要

処置時間 1時間半
麻酔 静脈麻酔
眠った状態になるので、手術中の痛みはありません。
傷跡(カニューレ挿入口) ・腹部
おへその中に1箇所、鼠径部に2箇所
・腰部
お尻の割れ目のすぐ上に1箇所
いずれも3ミリ程度の小さな傷です。
抜糸 1週間後
入院 不要
シャワー 翌日より可能
入浴 抜糸後より可能(抜糸に来院できない場合には1週間後より可能)
痛み(筋肉痛に似た痛み) 約1週間
腫れ・むくみ 2週間程度
内出血 2週間程度
術後の運動 ・軽い運動
術後1週間から可能です。適度な運動はむくみ軽減にも繋がります。
・ハードな運動
術後2週間以降が目安になります。無理のない範囲で軽めの運動から始めていただくのがお勧めです。
術後の通院 ・通常の患者様
術後1週間(抜糸)
・翌日縫合をご希望される患者様
手術翌日、術後1週間(抜糸)
・モニター様
術後1週間(抜糸)、術後1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月(経過チェック)
施術の副作用(リスク) 施術後は一定期間、痛み、浮腫み、内出血、色素沈着、などを生じることがあります。その他にも術後にご不安な事がありましたらいつでもご連絡ください。

お腹・腰の脂肪吸引の料金

お腹・腰の脂肪吸引に関するFAQ

  • ウエストを細くするにはお腹の脂肪吸引だけやればいいんでしょうか?

    ウエストを細くするためにはお腹だけではなく、腰も一緒に脂肪吸引し、背面からもアプローチすることが重要です。
    カウンセリングでは実際にお身体の状態を診察し、最適な部位をご提案します。

  • お腹に帝王切開の手術痕があっても脂肪吸引できますか?

    はい、問題ありません。当院では、腹部の手術後や帝王切開後の方の脂肪吸引施術をよくしております。
    手術痕に傷を合わせることで、新たな傷を作らずに脂肪吸引することも可能です。

  • お腹の脂肪吸引を希望しています。男性でモニターの人はいますか?

    当院にいらっしゃいる方には、男性の方もちろんいらっしゃいます(3割程度が男性の患者様です)。
    モニターになるには各種条件がございますので、よろしければぜひカウンセリングにお越しください。より詳しくご説明させていただきます。

  • 営業職です。お腹の脂肪吸引後はいつから仕事復帰できますか?

    あまり動かないデスクワークの方は、翌日または翌々日からお仕事に行かれる方が多いです。
    お腹の場合、歩き回る事にはそこまで支障はありませんが、寝ている状態から起き上がる時に痛みを感じます。それも術後1週間程経過するとかなり収まってきますので、立ち仕事も1週間以内には可能です。
    当院のスタッフにお腹+腰の脂肪吸引や、大もも全周の脂肪吸引を経験したナースがいますが、みんな翌々日から立ち仕事の通常業務が出来ております。参考になれば幸いです。

  • 1ヶ月前他院でお腹の脂肪吸引を受け、凸凹しています。どのタイミングで相談すべきですか?

    それはお辛いですね。不安な気持ちはよく分かります。
    拘縮の時期は軽い凹凸を感じる場合があり、拘縮が終わると消失することがあります。
    完成は術後6ヶ月ですので、まずはあと5ヶ月ほど待っていただき、その後も残っているようであれば相談されるのが良いと思います。
    術後6ヶ月以降も凸凹が残ってしまった場合、修正が必要な状態であれば当院でも修正手術が可能ですので、ご相談ください。

お腹・腰のベイザー脂肪吸引に
関する監修医師

長野寛史 院長

モッズクリニック 院長長野寛史 院長

患者様一人ひとりに
磨き上げた技術と信頼を。

経歴

  1. 1982年岩手県生まれ
  2. 2006年東京慈恵会医科大学医学部 卒業
    亀田総合病院 入職
  3. 2008年東京慈恵会医科大学 入職
  4. 2012年THE CLINIC 入職
  5. 2013年THE CLINI 福岡院 就任
  6. 2015年THE CLINIC 東京院 就任
  7. 2016年モッズクリニック 開院

所属学会・資格

お腹のベイザー脂肪吸引
症例記事一覧

  1. 背中の脂肪吸引 半年経過

    今日は背中の脂肪吸引の紹介です。   背中、特に肩甲骨回りは脂肪が硬いので脂肪吸引でしっかり脂肪をとるのが難しい部位です。(脂肪吸引を日常的に行っているドクター達は皆さん頷いてると思います。) &nbs...

    続きを見る

  2. お腹の脂肪吸引 半年経過

    福岡院も着々と準備が進んでいます。   スタッフも東京に来て研修をつんでいますのでご安心ください。   さて、本日の症例です。   37歳 腹部全体・胸下・腰 ベイ...

    続きを見る

患者様とのお約束

手術したその日に歩ける、明日から働ける

m body cream

施術をお考えの方へ

当院のこだわりポイントをご紹介

書籍情報

脂肪吸引のイメージが変わる一冊

『脂肪吸引革命』Mods Clinic院長 長野寛史 著書

『脂肪吸引革命』

長野寛史院長 著書

当院院長が執筆した脂肪吸引専門書が幻冬舎より出版されました

脂肪吸引・注入動画コンテンツ

長野寛史オフィシャルブログ「毎日更新中」

北條誠至オフィシャルブログ「毎日更新中」

ボァイエ真希子オフィシャルブログ「毎日更新中」

宋貴彰オフィシャルブログ「毎日更新中」

渓智司オフィシャルブログ「毎日更新中」

吉江秀和オフィシャルブログ「毎日更新中」

立山彩子オフィシャルブログ「毎日更新中」

野原有起オフィシャルブログ「毎日更新中」

吉田誠オフィシャルブログ「毎日更新中」

森祐揮オフィシャルブログ「毎日更新中」

山田有季オフィシャルブログ「毎日更新中」

モッズクリニック ドクター募集

スタッフ募集のお知らせ 大切なのは”人”「熱い想い」で本気で世界一を目指す