1. Mods Clinic(モッズクリニック)TOP
  2. 診療内容一覧
  3. 豊胸・バストアップ

豊胸・バストアップとは

バストは女性の象徴といわれるだけにコンプレックスに感じる人も多いもの。単純に大きくするだけでなく、一人ひとりの理想形を目指します。

モッズクリニック院長 長野寛史

当院では、ご自身の腹部や脚から吸引した脂肪をバストへ注入する「コンデンスリッチ豊胸」をご提案致します。
当院の「コンデンスリッチ豊胸」では、バストをとにかくボリュームアップしたいという方も、痩せている方でも脂肪をきれいに採取し、自然なラインでバストをボリュームアップさせることができます。
当院では患者様のご要望を最大限満足させられる、ボリュームアップのサイズをご提案致します。また、バストそのものだけでなく、デコルテ部分まで自然にボリュームアップさせることで、胸元全体を美しく魅せること。このように、全身バランスを考えた上でのご提案も致します。

モッズクリニック院長長野 寛史

豊胸術の比較

豊胸手術と一言でいってもいくつか方法があり、「シリコンバッグ豊胸」「ヒアルロン酸豊胸」「脂肪注入豊胸」の3つが現在主流となっています。当院が行っているコンデンスリッチ豊胸は脂肪注入豊胸となりますが、その他2つの施術との比較表をご紹介します。

シリコンバッグ豊胸 ヒアルロン酸豊胸 脂肪注入豊胸
概要 シリコンインプラントをバストに挿入 ヒアルロン酸をバストに注入 脂肪吸引した脂肪をバストに移植
バストアップ数
自由自在

1〜2カップ

1.5〜2カップ(複数回の施術で2カップ以上も可能)
イメージ図 シリコンバッグ豊胸イメージ ヒアルロン酸豊胸イメージ 脂肪注入豊胸イメージ
持続期間
10年程度(※経年劣化による入れ替えが必要)

半年〜2年程度

長期的
見た目の自然さ
傷跡や大きさにより不自然になることがある

硬めのバストの印象になるがバレにくい

自然でバレにくい
触り心地 ×
硬めで痩せている方ほど目立つ

やや硬めで痩せている方ほど目立つ

自然
メリット ・希望の大きさにできる ・ダウンタイムがほとんどない
・手術時間が短い
・自己組織を用いるのでトラブルが少ない
・見た目も触感も自然に仕上がる
・体の気になる箇所の痩身効果も得られる
デメリット ・触感が硬い
・豊胸しているのが分かりやすい
・「カプセル拘縮」や「バッグ破損」など、術後のトラブルが多い
・しこりになることがある
・サイズの維持には繰り返しの施術が必須
・大幅なボリュームアップは期待できない
・しこりになることがある
・脂肪吸引箇所のダウンタイムがある
・大幅なボリュームアップは期待できない

1度の脂肪注入豊胸でしっかりと結果が出る

しこりにならず、しっかり大きくなる適切量を注入

モッズクリニックの豊胸の症例写真をご覧になったり、実際に豊胸施術を受けた方からは「なぜそんなに結果が出るのか?」という質問を多くいただきます。
これだけしっかりと結果を出せるには当然いくつも理由がありますが、その中でも2つの大きなポイントをご紹介します。

モッズクリニックの
豊胸へのこだわり

コンデンスリッチ豊胸をご提供

コンデンスリッチ豊胸をご提供

モッズクリニックの豊胸手術は「コンデンスリッチ豊胸」が第一選択です。当院は、数ある脂肪注入豊胸の中でも、この方法が “患者様にとって費用対効果が最も優れている” と考えています。

痩せ型の脂肪注入豊胸も可能

痩せ型の脂肪注入豊胸も可能

モッズクリニックは「痩せて脂肪が取れない」という理由から、他院で脂肪注入を断られた方の手術を多数経験してきました。脂肪採取・注入技術次第で可能なケースもありますので、痩せていることを理由に施術を諦める必要はありません。

脂肪採取部位の美しさも追求

脂肪採取部位の美しさも追求

脂肪注入豊胸でキレイなバストになっても、脂肪採取部位が凸凹になっては意味がありません。当院は脂肪吸引・注入施術を毎日行なっている経験から、皮膚の質感や全身のバランスにも配慮しながら脂肪を吸引します。

他の豊胸後のトラブル修正も対応

他の豊胸後のトラブル修正も対応

モッズクリニックでは、高い技術を要する「豊胸手術後のトラブル修正」にも対応します。
【例】シリコンバッグ抜去からのコンデンスリッチ豊胸豊胸後のしこり(ヒアルロン酸・アクアフィリング・脂肪)除去など。

CRF協会の正規認可機関

CRF協会の正規認可機関

モッズクリニックは「日本医療脂肪移植研究会 CRF協会」から正式にコンデンスリッチ豊胸の施術の許可を得た正規認可機関です。

豊胸の症例写真

  • コンデンスリッチ豊胸【術前/6ヶ月 44歳】

    • コンデンスリッチ豊胸【術前/6ヶ月 44歳】の術前写真
    • コンデンスリッチ豊胸【術前/6ヶ月 44歳】の術後写真

    施術者:長野寛史/問い合わせ:0120-900-524

    コンデンスリッチ豊胸:自分の脂肪を用いた豊胸術で、腹部や脚から吸引した余分な脂肪から特許技術によってコンデンスリッチファット(CRF)を生成してバストへ注入。不純物を含まない為、安全かつ自然にボリュームアップが可能。/価格(モニター価格/税込)●基本セット(消耗品・麻酔・内服薬)0円 ●コンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用)1,045,000円/副作用・リスク:術後には内出血や浮腫み、硬縮(皮膚のツッパリ感)、疼痛など

    この症例の詳細はこちら

  • コンデンスリッチ豊胸【術前/6ヶ月 35歳】

    • コンデンスリッチ豊胸【術前/6ヶ月 35歳】の術前写真
    • コンデンスリッチ豊胸【術前/6ヶ月 35歳】の術後写真

    施術者:長野寛史/問い合わせ:0120-900-524

    コンデンスリッチ豊胸:自分の脂肪を用いた豊胸術で、腹部や脚から吸引した余分な脂肪から特許技術によってコンデンスリッチファット(CRF)を生成してバストへ注入。不純物を含まない為、安全かつ自然にボリュームアップが可能。/価格(モニター価格/税込)●基本セット(消耗品・麻酔・内服薬)0円 ●コンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用)1,045,000円/副作用・リスク:術後には内出血や浮腫み、硬縮(皮膚のツッパリ感)、疼痛など

    この症例の詳細はこちら

  • 授乳後のコンデンスリッチ豊胸【術前/1ヶ月 40歳】

    • 授乳後のコンデンスリッチ豊胸【術前/1ヶ月 40歳】の術前写真
    • 授乳後のコンデンスリッチ豊胸【術前/1ヶ月 40歳】の術後写真

    施術者:北條誠至/問い合わせ:0120-900-524

    コンデンスリッチ豊胸:自分の脂肪を用いた豊胸術で、腹部や脚から吸引した余分な脂肪から特許技術によってコンデンスリッチファット(CRF)を生成してバストへ注入。不純物を含まない為、安全かつ自然にボリュームアップが可能。/価格(モニター価格/税込)●基本セット(消耗品・麻酔・内服薬)0円 ●コンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用)1,045,000円/副作用・リスク:術後には内出血や浮腫み、硬縮(皮膚のツッパリ感)、疼痛など

    この症例の詳細はこちら

  • 痩せ方のコンデンスリッチ豊胸【術前/6ヶ月 32歳 (BMI:18)】

    • 痩せ方のコンデンスリッチ豊胸【術前/6ヶ月 32歳 (BMI:18)】の術前写真
    • 痩せ方のコンデンスリッチ豊胸【術前/6ヶ月 32歳 (BMI:18)】の術後写真

    施術者:北條誠至/問い合わせ:0120-900-524

    コンデンスリッチ豊胸:自分の脂肪を用いた豊胸術で、腹部や脚から吸引した余分な脂肪から特許技術によってコンデンスリッチファット(CRF)を生成してバストへ注入。不純物を含まない為、安全かつ自然にボリュームアップが可能。/価格(モニター価格/税込)●基本セット(消耗品・麻酔・内服薬)0円 ●コンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用)1,045,000円/副作用・リスク:術後には内出血や浮腫み、硬縮(皮膚のツッパリ感)、疼痛など

    この症例の詳細はこちら

  • シリコンバッグ抜去後のコンデンスリッチ豊胸【術前/6ヶ月 23歳】

    • シリコンバッグ抜去後のコンデンスリッチ豊胸【術前/6ヶ月 23歳】の術前写真
    • シリコンバッグ抜去後のコンデンスリッチ豊胸【術前/6ヶ月 23歳】の術後写真

    施術者:長野寛史/問い合わせ:0120-900-524

    コンデンスリッチ豊胸:自分の脂肪を用いた豊胸術で、腹部や脚から吸引した余分な脂肪から特許技術によってコンデンスリッチファット(CRF)を生成してバストへ注入。不純物を含まない為、安全かつ自然にボリュームアップが可能。/価格(モニター価格/税込)●基本セット(消耗品・麻酔・内服薬)0円 ●コンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用)1,045,000円/副作用・リスク:術後には内出血や浮腫み、硬縮(皮膚のツッパリ感)、疼痛など

    この症例の詳細はこちら

  • 2回目のコンデンスリッチ豊胸【術前/6ヶ月 41歳】

    • 2回目のコンデンスリッチ豊胸【術前/6ヶ月 41歳】の術前写真
    • 2回目のコンデンスリッチ豊胸【術前/6ヶ月 41歳】の術後写真

    施術者:長野寛史/問い合わせ:0120-900-524

    コンデンスリッチ豊胸:自分の脂肪を用いた豊胸術で、腹部や脚から吸引した余分な脂肪から特許技術によってコンデンスリッチファット(CRF)を生成してバストへ注入。不純物を含まない為、安全かつ自然にボリュームアップが可能。/価格(モニター価格/税込)●基本セット(消耗品・麻酔・内服薬)0円 ●コンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用)1,045,000円/副作用・リスク:術後には内出血や浮腫み、硬縮(皮膚のツッパリ感)、疼痛など

    この症例の詳細はこちら

豊胸・バストアップについて

コンデンスリッチ豊胸

コンデンスリッチ豊胸

豊胸手術というと、確実に大きさを出せるシリコンバッグ挿入やヒアルロン酸注入が人気がありますが、持続力と仕上がりのクオリティの面では限界があります。当院は脂肪を用いた豊胸術で自然な触感の柔らかなバストの仕上がりにこだわっています。

コンデンスリッチ豊胸は1度の注入でバストアップは2カップほどが上限になります。多くを入れすぎると壊死やしこりのリスクが高まるためです。大きさを求める方には物足りないかもしれませんが、デコルテにも脂肪を注入することで、デコルテからの丸み・ふくらみのある美しいバストラインをデザインします。また自然な質感とハリのある胸を作ることができ、カップ数以上にグラマラスなバストに仕上げることができます。

授乳後のコンデンスリッチ豊胸

授乳後のコンデンスリッチ豊胸

産後や授乳中、母乳を作るために女性ホルモンが通常の数十倍も分泌されます。そのため乳腺が発達し、バストがサイズアップすることで皮膚が伸びます。

授乳期が終わるとバストは一気にしぼみます。皮膚も伸び、ハリを失ったバストは垂れやすくなってしまいます。残念ながら、皮膚の伸び切ってしまったバストは自然に元に戻ることはありません。

しぼんでハリのなくなったバストには、コンデンスリッチ豊胸という方法を用いています。コンデンスリッチ豊胸は、自分の脂肪をバストに注入することでバストをボリュームアップさせ、ハリのある美しいバストを甦らせる施術です。

BRAVA×コンデンスリッチ豊胸

BRAVA×コンデンスリッチ豊胸

BRAVA(ブラバ)はアメリカFDAが初めて認可した豊胸機器です。カップをバストに吸着させ陰圧をかけることで、皮膚や組織を伸ばしバストアップを図ります。

10年ほど前に普及した際は期待ほどの効果を得られなかったため、次第に低迷していきましたが、近年の研究により脂肪注入による豊胸手術の際にBRAVAを併用すると脂肪の定着率が高まることが判明し、その効果が海外で再び注目を集めています。

当院では、コンデンスリッチ豊胸と併用することでその効果を最大限に引き出しています。

豊胸術のしこりについて

豊胸術のしこりについて

近年、自分の脂肪を使用する豊胸脂肪注入の人気が高まっています。その理由はシリコンバッグ豊胸などの人工物を入れないことでトラブルのリスクが低いからです。特にコンデンスリッチ豊胸は不純物を徹底的に取り除いて注入するため、安全性が高い豊胸術として注目されています。
しかし、従来の脂肪注入はもちろん、安全性の高いとされるコンデンスリッチ豊胸でさえも、他院で施術を受けた方からしこりのお悩みを相談されることがあります。

しこりが発生する理由は注入方法と注入量によるものです。
脂肪を1カ所にまとめて注入するとバスト内で塊になってしまいますし、分散して注入しても注入量が多すぎると脂肪の密度が高くなります。どちらも脂肪に十分な酸素や栄養素が行き渡らないことで、しこりの原因にとなります。

シリコンバッグ抜去

シリコンバッグ抜去

バストにシリコンバッグが入っていることが日常生活のストレスになっている方が多くいらっしゃいます。

シリコンバッグを取り除きたい方には、まず乳腺用エコーでシリコンバッグの位置を確認し、安全に抜去する方法をご提案します。

しかし、シリコンを抜去したいからといって、バストがサイズダウンしても構わないというわけではないと思います。そこでコンデンスリッチ豊胸を同時に行うことによって、その日のうちに美しいバストを甦らせることができます。

当院では抜去から豊胸までを1日で終了させます。また、傷口が目立ちにくい脇の下からシリコンバッグを摘出するので、術後のダウンタイムや傷跡の心配も軽減されます。

豊胸施術の流れ

脂肪吸引の施術の流れ

無料カウンセリングのご予約はお電話かホームページから受け付けております。カウンセリングにてお客様の希望を伺い、ドクターが施術の適応性・施術範囲・施術の優先順位・全身のバランスなどを総合的に考えながらベストなプランをご提案いたします。

施術は最新の静脈麻酔法を採用し、短時間で行うことでお身体への負担を最小限に抑えます。術後のケアも万全を期しております。術前術後の不安や、質問・相談はいつでもお気軽にご連絡ください。

豊胸の料金表

施術内容 会員価格
基本セット(消耗品・麻酔・内服薬) ¥0
コンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用) ¥1,320,000モニター価格 >>
BRAVA×コンデンスリッチ豊胸 ¥1,650,000モニター価格 >>

吸引範囲は2ヵ所まで無料(脂肪採取料金が含まれております)

  • 2回目以降は更に特別割引があります。詳しくはお問い合わせください。
  • 当院のコンデンスリッチ豊胸はデコルテへの注入も含まれていますのでご安心下さい。

豊胸のモニター募集

コンデンスリッチ豊胸のモニター募集

当院では豊胸のモニターを募集しております。
詳しくは以下のページを御覧ください。

豊胸のQ&A

  • 豊胸手術の特徴をそれぞれ教えてください。

    (1)シリコンバッグ豊胸・・・シリコンインプラントをバストに挿入する施術です。

    【メリット】
    バッグの触感・サイズともにバリエーションが豊富で、理想のバストサイズを実現できます。

    【デメリット】
    人工物ゆえに、
    ・触感が硬い ・仰向けになっても流れない ・胸だけ冷たい
    といった不自然さ、違和感があるでしょう。
    また、バストが異常に硬くなる「カプセル拘縮」やバストが変形する「バッグ破損」といった術後のトラブルも多数報告されています。

    (2)ヒアルロン酸豊胸・・・ヒアルロン酸をバストに注入する施術です。

    【メリット】
    注射器を使って注入するため、ダウンタイムがほとんどありません。加えて手術時間が短く、傷跡も目立たないのがメリットです。

    【デメリット】
    注入するヒアルロン酸の粒度によって差があるものの、持続期間は半年〜2年程度です。そのため、サイズを維持する場合は施術を繰り返し受けなければなりません。
    また、シリコンバッグ同様に人工物のため、体の拒絶反応から「しこり」を生じるケースも多いです。

    (3)脂肪注入豊胸・・・脂肪吸引した脂肪を、バストに移植してバストアップを図る施術です。

    【メリット】
    バストに注入するのは自分の脂肪ですから、拒絶反応がなく、見た目も触感も自然です。
    また、体の気になる箇所から脂肪を採取すれば、メリハリのあるボディラインになれます。

    【デメリット】
    脂肪の質や注入時の条件によっては、しこりが生じるこ/とがあります。ただ、医師が「しこりを作らないための注入量・注入技術」を熟知して​いれば、回避できるデメリットです。
    その他、脂肪吸引箇所のダウンタイムも懸念されますが、術後のダウンタイムは様々な取り組みで軽減できます(詳しくはこちら「短く抑えたダウンタイム」)。

  • お試し豊胸でヒアルロン酸を入れるのはアリですか?

    ヒアルロン酸豊胸は、メリットよりもデメリットが上回る施術です。しこり、触感の硬さ、時間とともに吸収されてなくなってしまうリスクなどを踏まえ、当院ではおすすめしておりません。
    当院のおすすめは、コンデンスリッチ豊胸(脂肪注入豊胸)です。

  • 豊胸した後は乳がん検診できますか?

    【シリコンバッグ豊胸】
    マンモグラフィー検査の場合、バッグの破損を危惧して検査を断る医療機関が多く、検診できないケースがあります。ただ、エコー検査であれば問題なく検査ができます。

    【ヒアルロン酸豊胸/脂肪注入豊胸】
    マンモグラフィー、エコー検査いずれも受診可能ですが、しこりが生じた場合は写り込み、乳がんのしこりと誤診されてしまう可能性があります。
    こういった誤診を防ぐためにも、問診票の記入は必ず行ないましょう。「ヒアルロン酸豊胸、シリコンバッグ豊胸、脂肪注入豊胸をされていますか?」といったような項目があります。

  • シリコンバッグが破裂するとどうなりますか?

    バストが萎んだり、逆に大きく腫れ上がったりすることがあります(炎症・感染を起こすため)。その一方で、見た目の変化がないケースも多く、その場合は破裂したと気付くまでに時間がかかるでしょう。
    いずれにせよ、シリコンバッグは必ず経年劣化していくものです。破裂の有無に限らず、術後は定期的な検査が必須とお考えください。

  • 授乳後の胸がコンプレックスです。豊胸で治せますか?

    コンデンスリッチ豊胸によって、ハリのある美しいバストを甦らせることができます。
    授乳後のバストの皮膚には余裕があり、垂れや萎みが生じます。実はこの状態、脂肪の定着においては好条件。皮膚の伸展によって多くの脂肪を注入できる上、脂肪に栄養が行き届きやすい(=定着しやすい)ためです。

  • 脂肪による豊胸のダウンタイムはどれくらいですか?

    おおよその目安です。参考になさってみてください。

    【バストのダウンタイム】

    ダウンタイム症状 落ち着く期間
    胸の張り・腫れ 術後2週間程度
    内出血 術後2週間程度

    【脂肪採取部位のダウンタイム】

    ダウンタイム症状 落ち着く期間
    腫れ 術後2週間程度
    筋肉痛に似た痛み 術後1週間
    内出血 術後2週間程度
    むくみ 術後2週間〜1ヶ月
    拘縮 術後3〜6ヶ月

    ※ダウンタイムには個人差があります

  • 脂肪注入豊胸では平均何cc入れるんですか?

    片胸250〜300ccです。
    これ以上入れるとしこりのリスクが高まるため、当院ではこの量を上限として設定しています。250〜300ccが「しこりができない範囲で最大限のバストアップを可能にする適切量」とお考えください。

  • 胸に注入した脂肪が定着するのはいつですか?

    術後3ヶ月です。この期間中は、とにかく体重を落とさないようお気をつけください。
    体重が減るとバストの脂肪も減ってしまいますので、ダイエットは控えるようにお願いしております(体の気になる部分は脂肪吸引で細くなっていきます)。

  • 脂肪注入豊胸後、いつから他人に胸を見られても大丈夫ですか?

    まず、相手にバレにくい期間で考えると、内出血が落ち着く術後2週間からになってくるでしょう。バストの痛みはほぼありません。
    次に、脂肪が定着する期間で考えると、術後3ヶ月になります。軽く触れられるくらいであれば問題ありませんが、強い刺激は避けるようにしましょう。

  • 脂肪注入豊胸はしこりができると聞くけど、何が原因ですか?

    脂肪注入豊胸後のしこりの原因は、以下の3つです。

    • (1)脂肪の質【しこりの原因「不純物」が含まれている】
    • (2)注入量【脂肪の大量注入で脂肪が壊死】
    • (3)注入方法【脂肪を塊で注入し、脂肪が壊死】

    しこりを回避するには、以下の3点すべてを満たしている必要があります。ひとつでも欠けると、しこり発生のリスクが高くなります。

    • (1)良質な脂肪を用いること
    • (2)脂肪を入れ過ぎないこと
    • (3)色々な層(皮下、乳腺下、大胸筋内、大胸筋下)に分散注入すること

    当院では、良質な脂肪「コンデンスリッチファット」を使用し、適量(片胸250〜300cc)の脂肪を、各層に分散しながら細かく注入することで、しこりのリスクを大幅に軽減します。

豊胸・バストアップができる院

  • 東京院

    住所 〒104-0061 東京都中央区銀座2-5-11 V88ビルディング6-7F(受付:7F)
    受付時間 10:00~19:00
    休診日 年中無休
    電話番号 0120-900-524

    東京院 詳細はこちら

  • 大阪院

    住所 〒530-0002 大阪市北区曽根崎新地1-5-18 零北新地8F
    受付時間 10:00~19:00
    休診日 年中無休
    電話番号 0120-920-416

    大阪院 詳細はこちら

  • 名古屋院

    住所 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅5丁目7-30 名駅東ビル7F
    受付時間 10:00~19:00
    休診日 年中無休
    電話番号 0120-976-740

    名古屋院 詳細はこちら

バストアップに関する監修医師

長野寛史 院長

モッズクリニック 院長長野寛史 院長

患者様一人ひとりに
磨き上げた技術と信頼を。

経歴

  1. 1982年岩手県生まれ
  2. 2006年東京慈恵会医科大学医学部 卒業
    亀田総合病院 入職
  3. 2008年東京慈恵会医科大学 入職
  4. 2012年THE CLINIC 入職
  5. 2013年THE CLINI 福岡院 就任
  6. 2015年THE CLINIC 東京院 就任
  7. 2016年モッズクリニック 開院

所属学会・資格