1. Mods Clinic(モッズクリニック)TOP
  2. 診療内容一覧
  3. 女性化乳房

女性化乳房とは

女性化乳房とは、男性の胸が女性のように膨らんでしまう症状を指します。胸の一部分だけが盛りあがっているものからブラジャーが必要になるほど大きくなるものまで、膨らみのパターンは様々です。その原因も様々で、原因によって真性、偽性、混合性の3タイプに分けられます。

皮下脂肪の蓄積によって生じる「偽性女性化乳房」

偽性女性化乳房の場合、乳腺ではなく皮下脂肪によって胸が膨んでいます。肥満体型気味の方や体重が急激に増えてしまった方、昔太っていてダイエットをしたのに胸だけ痩せないという方に多く見られます。

正常な男性の胸

正常な男性の胸

偽性女性化乳房

偽性女性化乳房

脂肪が蓄積し、胸が膨らむ。体重が急激に増えた人に多く見られる。

乳腺の発達によって生じる「真性女性化乳房」

真性女性化乳房は、乳腺が肥大化して胸が膨らんでいる症状のことです。乳腺の発達により、痛みやしこりの症状を発症することがあります。
その原因は、思春期・更年期のホルモンバランスの乱れ、肝機能の低下や薬物の副作用、遺伝など様々。なかには原因不明のケースもあります。

正常な男性の胸

正常な男性の胸

真性女性化乳房

真性女性化乳房

乳腺が肥大化することで胸が膨らむ。人によっては痛みが生じたり、しこりが生じたりする。
原因はホルモンバランスの乱れや薬の副作用、遺伝など様々。

真性と偽性の混合タイプ「混合性女性化乳房」

胸の膨らみの原因が乳腺組織と皮下脂肪どちらにもあるタイプを「混合性女性化乳房」と呼びます。
実は、当院の女性化乳房治療にご来院いただく方の多くが、このタイプに当てはまります。

正常な男性の胸

正常な男性の胸

混合性女性化乳房

混合性女性化乳房

乳腺の肥大化と脂肪の蓄積どちらも見られるタイプ。
女性化乳房に悩まれる方の多くが混合性に該当する。

女性化乳房の症例

  • 偽性女性化乳房
    術前/術後1ヶ月 23歳男性

    • 偽性女性化乳房術前/術後1ヶ月 23歳男性の術前写真
    • 偽性女性化乳房術前/術後1ヶ月 23歳男性の術後写真

    施術者:長野寛史/問い合わせ:0120-900-524

    女性化乳房:女性化乳房とは、男性の胸が女性のように膨らんでしまう症状を指します。その原因も様々で、真性、偽性、混合性の3タイプに分けられます。/施術費用:価格(モニター価格/税込)●基本セット(消耗品・麻酔・内服薬)0円 ●偽性女性化乳房(脂肪吸引法のみ)418,000円 ●真性女性化乳房(乳腺切除のみ)748,000円 ●真性女性化乳房(乳腺切除のみ)混合性女性化乳房(脂肪吸引法+乳腺切除)1,078,000円/副作用・リスク:術後の内出血や浮腫み、硬縮(皮膚のツッパリ感)、疼痛など

  • 偽性女性化乳房
    術前/術後6ヶ月 28歳男性

    • 偽性女性化乳房術前/術後6ヶ月 28歳男性の術前写真
    • 偽性女性化乳房術前/術後6ヶ月 28歳男性の術後写真

    施術者:長野寛史/問い合わせ:0120-900-524

    女性化乳房:女性化乳房とは、男性の胸が女性のように膨らんでしまう症状を指します。その原因も様々で、真性、偽性、混合性の3タイプに分けられます。/施術費用:価格(モニター価格/税込)●基本セット(消耗品・麻酔・内服薬)0円 ●偽性女性化乳房(脂肪吸引法のみ)418,000円 ●真性女性化乳房(乳腺切除のみ)748,000円 ●真性女性化乳房(乳腺切除のみ)混合性女性化乳房(脂肪吸引法+乳腺切除)1,078,000円/副作用・リスク:術後の内出血や浮腫み、硬縮(皮膚のツッパリ感)、疼痛など

女性化乳房の治療法

偽性女性化乳房

原因である脂肪を除去することで、胸の膨らみを解消します。

手術方法
脇の下と乳輪の下に沿って数ミリ程度の傷を作り、ベイザー脂肪吸引で余分な脂肪を除去します。手術時間は、長くても1時間程度です。
仕事復帰の
時期
ベイザー脂肪吸引は脂肪の周辺組織(神経や線維組織)へのダメージが少なく、体の負担も少ない方法です。よって、ダウンタイムも短く済み、翌日から仕事に復帰できます。
  1. 1.切開

    偽性女性化乳房の切開の図説
    脇の下と乳輪の下のラインを数ミリ切開。
  2. 2.摘出

    偽性女性化乳房の摘出の図説
    ベイザーリポで余分な脂肪を除去。
  3. 3.縫合

    偽性女性化乳房の縫合の図説
    傷口を縫合して完了。
    脂肪の周辺組織へのダメージが少ない方法のため、ダウンタイムも短め。翌日から仕事復帰も可能。

真性女性化乳房

肥大化した乳腺が原因ですので、その乳腺を摘出することで胸のふくらみを解消します。

手術方法
乳輪の下を縁に沿って半分ほど切開し、肥大した乳腺を取り出します。乳輪にできた傷跡は時間の経過とともに目立たなくなっていきますので、ご安心ください。
なお、手術直後から翌日までは、ドレーン(患部から血液を取り除くためのチューブ)を装着いただきます。
仕事復帰の
時期
術後2、3日は安静にしていただきたいので、術後4日目以降を目安にお考えください。
ただし、デスクワークであまり動かない方であれば、ドレーン抜去で翌日にご来院いただいた後(最短翌日)からの復帰も可能です。
  1. 1.切開

    真性女性化乳房の切開の図説
    傷跡が目立ちにくい乳輪の下3分の1を切開。
  2. 2.摘出

    真性女性化乳房の摘出の図説
    肥大化した乳腺を摘出。
  3. 3.縫合

    真性女性化乳房の縫合の図説
    傷口を縫合して完了。
    術後翌日はドレーン抜去のため来院が必要。術後2、3日は安静にするのがベストだが、デスクワークであれば翌日から仕事復帰も可能。

混合性女性化乳房

混合性女性化乳房は発達した乳腺組織と脂肪が原因ですので、乳腺組織の摘出と脂肪吸引を併用して行います。

手術方法
余分な脂肪をベイザーリポで除去します。傷は脇の下と乳輪に沿ったラインの2箇所ずつ(左右合わせて4箇所)で、大きさは2ミリ程度です。偽性女性化乳房と同様、胸の横の脂肪を除去することで男性らしい胸板に仕上げます。
その後、乳腺を摘出します。混合タイプは乳輪に小さな膨らみ(2センチ程の乳腺)があるケースが多いので、脂肪吸引時に作った傷をわずかに広げて乳腺を摘出します。
手術直後から翌日までは、ドレーン(患部から血液を取り除くためのチューブ)を装着していただきます。
仕事復帰の
時期
術後2、3日は安静にしていただきたいので、術後4日目以降を目安にお考えください。
ただし、デスクワークであまり動かない方であれば、ドレーン抜去で翌日にご来院いただいた後(最短翌日)からの復帰も可能です。
  1. 1.切開

    混合性女性化乳房の切開の図説
    脇の下と乳輪の下のラインを数ミリ切開。
  2. 2.脂肪除去・乳腺摘出

    混合性女性化乳房の摘出の図説
    ベイザーリポで余分な脂肪を除去し、脂肪除去時の傷を若干広げて乳腺を摘出。
  3. 3.縫合

    混合性女性化乳房の縫合の図説
    傷口を縫合して完了。
    術後翌日はドレーン抜去のため来院が必要。術後2、3日は安静にするのがベストだが、デスクワークであれば翌日から仕事復帰も可能。

モッズクリニックの女性化乳房治療

乳腺用エコーを使用して確実な治療を提案

乳腺用エコーを使用して確実な治療を提案

女性化乳房は、胸の膨らみが乳腺によるものなのか、脂肪によるものなのか、原因によって治療法が異なります。さらに、どれほどの乳腺・脂肪を除去する必要があるのかも、胸の状態を見ないと適切な判断ができません。
そこで当院では、術前のエコー検診で胸の状態を確認し、その上で適切な治療法を診断いたします。

術後の皮膚が引き締まる「ベイザーリポ」を採用

術後の皮膚が引き締まる「ベイザーリポ」を採用

偽性女性化乳房と混合性女性化乳房の治療に必須となる、脂肪吸引。従来の脂肪吸引では周辺組織を傷つけながら脂肪を削り取っていたので線維組織が断裂し、術後の皮膚がたるんでしまうのが難点でした。
その点、当院で採用しているベイザーリポは、脂肪の周辺組織(神経や皮下の線維組織)を傷つけずに脂肪組織だけを柔らかくし、除去することができます。皮下の線維組織の構造を保ったまま脂肪を除去できるので、術後の皮膚がきれいに収縮します。

膨らみの改善だけでなく、男性らしい胸を作る

膨らみの改善だけでなく、男性らしい胸を作る

女性化乳房の治療で胸の膨らみを取るのは当然であり、その上で男性らしい胸板に仕上げることが重要です。
そのためにも、脂肪吸引(偽性・混合性の治療)では、乳輪の外側から胸の外側に向かってついている脂肪をしっかりと除去します。この部分の脂肪を徹底的に除去することで、キュッと引き締まった「かっこいい胸板」に仕上がります。

元のたるみを引き締める場合は、最新のたるみ治療を併用

元のたるみを引き締める場合は、最新のたるみ治療を併用

女性化乳房に悩まれる方の中には、元々皮膚のたるみが強い方もいらっしゃいます。ベイザー脂肪吸引で回避できるのは「脂肪吸引後のたるみ」や「軽度のたるみ」ですので、強いたるみ治療には適応しません。
そこで当院では、皮膚のたるみ治療として「レヌビオン」を導入しています。レヌビオンとは、高周波エネルギーで組織に熱を与え、気になる皮膚のたるみをすばやく引き締める施術です。
女性化乳房の治療において、脂肪吸引・乳腺摘出と併用することで、胸の膨らみとともに強い皮膚のたるみを解消することができます。

傷跡は小さく、目立たない位置に作る

傷跡は小さく、目立たない位置に作る

当院は患者様の術後の未来を考え、傷口は体のしわの中や下着で隠れる場所を選択し、数は最小限に抑えます。
患者様の術後の人生を考えたときに、考慮すべきは傷跡。たとえ女性化乳房が改善されても、目立つ場所に傷が残れば術後の楽しみを奪ってしまいます。傷跡を目立たなくさせることは、ときに高い技術を必要としますが、モッズクリニックでは理想のボディラインの実現と術後の人生を見据えた傷跡への配慮の両立を実現させています。

女性化乳房について動画で解説

女性化乳房に関するFAQ

  • 女性化乳房は保険診療で治せないのでしょうか?

    保険が適用されないケース(自由診療)がほとんどです。
    保険診療が認められているのは、真性女性化乳房で病的な肥大が見られるケースのみです。見た目が気になるだけで他に異常が認められない場合は、自由診療になります。

  • 入院は必要ですか?

    当院の女性化乳房治療は、入院不要です。お仕事が忙しい男性も多いと思いますので、入院がないのは大きなメリットでしょう。
    手術時間は1時間〜3時間ほど(タイプによって変動あり)で、麻酔から目覚めて落ち着いたらご帰宅いただけます。

  • 痛みに弱いのですが、手術時の痛みはありますか?

    静脈麻酔をした状態で手術を行いますので、手術中は痛みを感じることはありません。術後は痛みが生じますので、お渡しする鎮痛剤を服用してください。
    痛みのレベルとしてよく例えられるのが「筋肉痛に近い痛み」です。

  • モニター料金はいくらですか?

    真性女性化乳房  ¥748,000
    偽性女性化乳房  ¥418,000
    混合性女性化乳房 ¥1,078,000
    となっております。
    麻酔代・内服薬などの基本セット、エコー診断料はかかりません。詳しくはモニター募集ページをご覧ください。

施術に関すること

処置時間 真性女性化乳房:1.5〜2時間
偽性女性化乳房:30分〜1時間
混合性女性化乳房:2〜3時間
痛み 点滴麻酔によって施術中の痛みはありません。術後数日は、筋肉痛程度の痛みがありますが、内服薬でコントロールできます。
※運動制限はありませんが、施術当日は車の運転をお控えください。
メイク --
洗顔 当日可能
シャワー 3日目より可能

施術の副作用(リスク):施術後は一定期間、痛み、浮腫み、内出血、色素沈着、などを生じることがあります。その他にも術後にご不安な事がありましたらいつでもご連絡ください。

女性化乳房の料金表

担当ドクター

女性化乳房に関する監修医師

長野寛史 院長

モッズクリニック 院長長野寛史 院長

患者様一人ひとりに
磨き上げた技術と信頼を。

経歴

  1. 1982年岩手県生まれ
  2. 2006年東京慈恵会医科大学医学部 卒業
    亀田総合病院 入職
  3. 2008年東京慈恵会医科大学 入職
  4. 2012年THE CLINIC 入職
  5. 2013年THE CLINI 福岡院 就任
  6. 2015年THE CLINIC 東京院 就任
  7. 2016年モッズクリニック 開院

所属学会・資格