豊胸・バストアップに関する悩み

  1. Mods Clinic(モッズクリニック)TOP
  2. お悩み部位別一覧
  3. 豊胸・バストアップ、しこり、シリコンバッグの悩み

バストにコンプレックスを抱えている女性は少なくありません。胸が小さい、授乳後たるんできた、他院で豊胸手術を受けた後しこりができたなど、そのお悩みも様々。お一人おひとりのお悩みに応じて、適切な施術方法を提案いたします。

胸・バストの悩み

胸・バストの悩み

豊かなバストは女性らしさの象徴。理想のバストを持つことは、女性としての自信にもつながります。単純にバストアップしたい、左右の大きさのバランスを整えたいというご相談をはじめ、出産や授乳後にしぼんでしまったバストを、出産前のようにハリのある胸にしたいというご相談も絶えません。女性らしく豊かなバストでありたいという願いは、いくつになっても変わりません。

コンデンスリッチ豊胸

シリコンバッグの悩み

シリコンバッグによる豊胸は大幅なサイズアップが可能なため、手術を受ける人の数は日本だけで年間約2万人にのぼると言われています。しかしそれにともないトラブルも急増しています。

人工物であるシリコンは劣化するため、10年程たつといびつな形に変形して固まるカプセル拘縮やバッグの破損などのトラブルが高確率で起こります。平成23年にはフランスのPIP社製のシリコンバッグに破裂の危険性があるとして話題になりました。日本にも輸出されていて、破裂の兆候がなくても抜去(摘出)するか、定期的に経過観察するようフランス保健省から注意喚起が行われました。

シリコンバッグには見た目や触感の違和感や、人に知られてしまうかもしれないという精神的な不安なども伴います。横になってもバストが横に流れず不自然、ばれそうで乳がん検診に行けないなどといったお悩みも多く、QOL(生活の質)に大きく影響します。

豊胸シリコンバッグ外来

豊胸脂肪注入後のしこりの悩み

豊胸脂肪注入後のしこりの悩み

脂肪注入による豊胸でしこりができる原因は主に3つあります。ひとつは脂肪の質。採取した脂肪をそのまま注入すると、そこに含まれている死活・老活細胞や水分、麻酔液などの不純物が脂肪細胞への栄養循環を妨げ、しこりや石灰化を引き起こします。

不純物を除去したコンデンスリッチファット(CRF)の注入でもしこりが出来た場合に考えられるのは注入方法と注入量の問題。一か所に大量に注入するとCRFであっても、中央部まで栄養が行き届かないためしこりができます。これを回避するためは分散して注入することが大事。しかし分散して注入したとしても、1回の施術で皮膚が伸びる限界を超えて注入すると、脂肪の密度が高くなり、やはり脂肪細胞は酸欠状態となりしこりになります。これらを防ぐため当院では片胸約250cc~300ccを限度として、分散注入しています。

豊胸術のしこり

豊胸・バストアップ、しこり、シリコンバッグの効果的な治療法

気になるお悩み、まずはお気軽にご相談ください。

0120-900-524

<受付時間>10:00~19:00完全予約制

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料ドクターメール相談
クリニック内観 クリニック内観 クリニック内観
  • ドクターメール相談
  • カウンセリング予約
  • 0120-900-524 年中無休 10:00〜19:00