1. Mods Clinic(モッズクリニック)TOP
  2. よくあるご質問/お悩み相談集

よくあるご質問

ベイザー脂肪吸引の特徴を教えてください。

ベイザー脂肪吸引で用いる機器「ベイザーリポ」が持つ特殊な超音波は、脂肪を柔らかくし、他の組織(脂肪周辺の神経や血管など)と離してくれます。そのため、従来の脂肪吸引のように脂肪をガリガリと削り取る必要がなく、他の組織を傷つけません。これによって吸引時の出血量が減り、従来よりも多くの脂肪が吸引できるようになりました。
また、体の負担を抑えるので、痛みや内出血といったダウンタイムも短く済みます。
さらに、ベイザーリポは線維組織を壊さずに脂肪を除去できるので、術後の皮膚が綺麗に収縮するというメリットもあります。
通常の脂肪吸引はもちろん、痩せている方や硬い線維質の脂肪層(背中など)の吸引、一度吸引して硬くなった脂肪の再吸引といった「難易度が高い脂肪吸引」にも、ベイザーリポは有効です。

ベイザー脂肪吸引のダウンタイムは何日くらいですか?

個人差はありますが、腫れと筋肉痛に似た痛みが術後1週間、むくみが術後2週間、拘縮(皮膚の凸凹やつっぱり感)が術後1ヶ月〜6ヶ月です。
当院ではダウンタイム最小限を目指し、様々な工夫をしております。患部の完成は術後6ヶ月ですが、多くの患者様が手術翌日からお仕事に復帰されています。

なぜ脂肪吸引後のダウンタイムを短くできるんですか?

大まかにお伝えすると、痛みや腫れを少なくするための処置を行なっているからです。
たとえば、翌日縫合や麻酔液を2回絞り出す方法。これらを取り入れ、痛み・腫れの原因となる麻酔液をいち早く体外に放出させています。
また、手術ではベイザーリポの使用に加えて、特注品の極細カニューレを使用しています。こうして患者様の体の負担をなるべく少なくすることで、内出血や痛みを最小限に抑えます。

コンデンスリッチ豊胸は他の脂肪注入豊胸と何が違うんですか?

通常の脂肪注入豊胸は、体から採取した脂肪をそのまま注入します。
一方のコンデンスリッチ豊胸は、採取した脂肪から不純物を取り除いて濃縮した「コンデンスリッチファット」という良質な脂肪をバストに注入する方法です。従来の方法よりも定着率を高め、しこりのリスクを回避できるようになりました。

注入した脂肪はいつ定着しますか?

目安は術後3〜6ヶ月です。術後3ヶ月は痩せると胸も小さくなってしまいますので、ダイエットはお控えいただくよう、お願いしております。
また、喫煙も脂肪の定着を妨げる可能性があるので、術後3ヶ月はお控えいただくことをお勧めしております。

コンデンスリッチ豊胸後、乳がん検診は受けられますか?

エコー検査は術後3ヶ月、マンモグラフィーは術後半年から可能です。
乳がん検診の際、問診票に「ヒアルロン酸豊胸、シリコンバッグ豊胸、脂肪注入豊胸をされていますか?」という項目がありますので、そちらにチェックを入れてください。

コンデンスリッチファットとマイクロCRFは何が違うんでしょうか?

脂肪の加工方法と適用の注入部位が異なります。
コンデンスリッチファット(CRF)は採取した脂肪から不純物を取り除いて濃縮した脂肪です。主にボリュームを出すのに適しており、豊胸やおでこの丸み出し、頬の高出しなどで使用します。
このコンデンスリッチファットをより細かく加工したのが、マイクロCRFです。お顔のシワや目の下のクマなど、皮膚が薄いパーツの注入時に使用します。

顔の脂肪注入を希望します。仕事は何日休んだ方がいいですか?

注入部位にもよりますが、早い方だと翌日からお仕事に行かれます。注入口に少し内出血が出ますが、コンシーラーで隠せる程度です。
脂肪を採取した部位は、内出血と軽めの筋肉痛に似た痛み、むくみが2週間ほどで落ち着きます。お顔の脂肪注入のみでしたら吸引量はわずかなので、術後の生活への支障はさほどありません。

頬の脂肪注入をして、将来頬がたるむことはありますか?

脂肪を入れ過ぎれば将来的にたるむことも考えられますが、当院はこれまでの症例経験に基づいた、たるまずに効果を出す適量を注入します。
また、当院では無料で術後1ヶ月の凍結保存と同部位の追加注入をしていますので、微調整が可能です。注入量が少なくて効果が出ないこともありませんので、ご安心ください。

新着一覧

  1. 一気にお腹、太ももの脂肪吸引をすることは可能でしょうか。

    お客様の相談
    太ももとお腹の脂肪吸引を考えています。
    一度にお腹、太ももの脂肪吸引は可能でしょうか。
    また、遠方から伺うので術後の通院回数が気になります。
    渓先生の回答
    体型にもよるため一概には言えませんが、ほとんどの場合、太ももと腹部の施術は分けて行います。
    通院関数に関しては、1週間後に抜糸に来院していただきますが、溶ける糸を使用して抜糸をなくすことも可能です。
    2024.07.22 [ 脂肪吸引 渓 智司 ]
  2. 太もも脂肪吸引後、圧迫タイツは術後1ヶ月つけておく必要がありますか?

    お客様の相談
    太もも、膝、お尻の脂肪吸引を希望しています。
    圧迫タイツは術後1ヶ月つけておく必要がありますか?
    渓先生の回答
    脂肪吸引後の圧迫着は、最低限1週間の圧迫が必要です。
    それ以降は任意ですが、緩めのものを着用していただくと楽に過ごすことができます。
    2024.07.19 [ 脂肪吸引 渓 智司 ]
  3. 脂肪吸引の手術が終わった当日、飛行機に乗ることはできますか?

    お客様の相談
    そちらで施術を考えており、遠方から伺います。
    手術後、飛行機に乗って自宅まで戻ることは可能なものでしょうか。
    藤岡先生の回答
    顔や二の腕など小範囲の手術であれば、手術当日飛行機に乗っても問題ないと考えています。
    太ももや腹部など広い範囲の場合は、お近くに1泊されることをおすすめいたします。
    2024.07.17 [ 脂肪吸引 藤岡 淳朗 ]
  4. ジョールファットの脂肪吸引は「頬」の吸引範囲に含まれますか?

    お客様の相談
    ジョールファットの部分の脂肪吸引をしたいと考えているのですが、その部位は「頬の脂肪吸引」に入っていますか?
    三木先生の回答
    当院の場合、ジョールファットは頬の脂肪吸引に含まれておりますのでご安心ください。
    実際にカウンセリングで理想の形を教えていただければと思います。
    2024.07.15 [ 脂肪吸引 三木 晶森 ]
  5. 太もも脂肪吸引を検討しています。遠方から伺う場合、術後何日で自宅に戻れますか?

    お客様の相談
    太ももの脂肪吸引について質問です。
    遠方から伺う場合、術後何日で自宅に戻れますか?
    山田先生の回答
    当院ではダウンタイム軽減のために「翌日縫合」を行なっております。
    ですので、遠方からお越しの場合は当日近くのホテルに宿泊していただき、翌日受診していただいてからのご帰宅をおすすめしています。
    どうしても当日帰宅されたいとのことであれば、翌日縫合なしにすることも可能です。
    詳しくはカウンセリングでお話しさせていただきますね。
    2024.07.12 [ 脂肪吸引 山田有季 ]