長野 寛史 院長

モッズクリニック院長長野 寛史

一人ひとりに磨き上げた技術と信頼を。

院長略歴

  1. 1982年岩手県生まれ
  2. 2006年東京慈恵会医科大学医学部 卒業
    亀田総合病院 入職
  3. 2008年東京慈恵会医科大学 入職
  4. 2012年THE CLINIC(ザクリニック)入職
  5. 2013年THE CLINIC(ザクリニック)
    福岡院院長 就任
  6. 2015年THE CLINIC(ザクリニック)
    東京院院長 就任
  7. 2016年Mods Clinic(モッズクリニック) 開院

資格

  • 日本美容外科学会会員
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • VASER Lipo認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医

院長ブログ(毎日症例更新中)

Mods Clinic 院長 長野寛史オフィシャルブログ

長野寛史院長の紹介

若くしてボディデザインにおける芸術と形成外科の融合であるVASER 4D Sculpt、コンデンスリッチファット療法の認定資格を取得。
脂肪吸引・脂肪注入分野の圧倒的な症例数を誇る。綺麗になるための手術以外はしないのが信条。
学会での発表も積極的で、海外の新しい技術の動向にも精通している。

ご挨拶

Mods Clinic院長の長野寛史です。
このたび日本初の脂肪吸引・注入を専門とするクリニックを開院しました。
痩身機器や注射などがブームの昨今、手術はハードルが高いと考える方もいると思います。
ただ、手術でしか得られない効果があるのも事実です。
機器が発達してきたのと同様に、手術方法も発達していますので、術後のダウンタイム(痛みや内出血)も減らせるようになってきています。
また、術後の不安な時期を一緒に支えていくのも私達の大事な役目だと考えています。
当院のスタッフ(私も含めて)は患者様に喜んでもらえるか?満足してもらえるか?を行動基準にしています。
当院に足を運んで頂き、その想いを少しでも感じていただけたら幸いです。

スタッフからみた長野院長

スタッフからみた長野院長

以前のクリニック時代から一緒に働いてきましたが、とても誠実で勉強熱心です。
また、術後のことなどゲストが特に不安に思う内容は、それを察し、安心して手術を受けられるようじっくり説明するなど、いつも配慮しているのを感じます。
長野先生はカウンセリングを丁寧にするので、いつのまにか緊張していたゲストもリラックスした雰囲気になっているのが印象的です。そんな、何事に対しても正直でまっすぐな姿勢で取り組む姿をスタッフ一同信頼しています。

長野寛史の想い

脂肪吸引・注入を数多く行う「Mods Clinic」クリニック開院までの経緯とこれからの展望とは。

患者様にもスタッフにも、常に誠実でいることで、
皆様との「信頼」を築くことが何よりも大切。

自分の言葉で患者様と心から接したいと思い「モッズクリニック」を開院

モッズクリニックを開院したのは、自分の言葉で患者様と心から接したいという気持ちが強かったからです。

それは、患者様に対して決して嘘をつくことなく、施術費用もオープンにして最良の方法を提案し、安心感のある医療を立証することだと思っています。

そういった理念に共感してくれる人たちは必ずいると信じていました。

脂肪吸引という施術は一度施術をした部位がそれ以上細くなることはないので、同じ患者様と何度も接するわけではないですが、嬉しいことに自分の理念に共感してくれた以前のクリニックの人たちが、独立したという情報を聞いて違う部位で施術をしてほしいと来院してくれた時はとても励みになりましたし、自信になりました。

毎日脂肪吸引と注入を行うことで技術が向上し、知識量も豊富に

毎日脂肪吸引と注入を行うことで技術が向上し、知識量も豊富に

脂肪吸引・注入に特化しているクリニックという点は、当クリニックの大きな特徴だと思います。

私たちは、ドクターや看護師、受付のスタッフを含め、毎日脂肪吸引と注入を行っているため、経験数も多く常に技術も向上しています。また、新しく取り入れたらいいと思える方法なども常に意識しているため、クリニック全体の知識量も多いです。

スタッフには脂肪吸引・注入の経験者も多く、術前や術後の患者様の不安な気持ちをよく理解しているので、そこに安心感を抱いてくださる患者様も多いです。

傷跡とダウンタイムの短縮にこだわりを持つ

私たちは脂肪吸引を毎日行っているクリニックなので、術後の痛みや腫れにこだわりを持つのは当然のことだと思っています。加えて、みなさんが脂肪吸引に対して抱いている「痛そう」というネガティブなイメージを、変えたいという気持ちもあります。

傷跡に関しては、「とにかく細くしたい」という理由で位置や大きさににこだわらない患者様もいます。しかし、術後にファッションやレジャーなどで肌を露出する機会に直面した時、傷跡が目立ってしまってはQOLを低下させてしまいます。実際に、以前に脂肪吸引をした傷跡が気になると相談に来る患者様も多くいらっしゃいます。

細く綺麗になるだけではなくて、経過やその先の生活を考えるのであれば、当然ダウンタイムや傷跡にこだわるべきです。これまでの方法だけに固執せず、常に技術を向上させている当院だからこそ、ダウンタイムも軽度で短く、傷跡も小さく目立たない位置から手術を行える自信があります。

本当に良いと思った施術や効果の高い施術のみを厳選

美容業界はどうしてもノルマや組織の方針から、個人的には勧めたくない施術でも勧めなければならないことがありえる世界です。ですが、モッズクリニックは組織に属さず独立して経営しているので、本当に良いと思った施術や効果の高い施術のみを厳選して採用することができます。

その結果、患者様に対しても、一緒に働いてるスタッフに対しても、常に誠実でいることができる環境ができています。大げさなことや嘘は言わず、結果の責任を私たちクリニックが持つことで、皆様との「信頼」を築くことが何よりも大切であると考えています。

同じ理念を持つ「仲間」が増えていった時に他の拠点を増やすことも考える

同じ理念を持つ「仲間」が増えていった時に他の拠点を増やすことも考える

展望というほどの大それたことではないですが、脂肪吸引が「痛い」「怖い」といったイメージをがらっと変えたい野望はあります。実際に当院で施術を行った患者様は「思っていたより痛くなかった」と言ってくださる方がほとんどです。

また、今のモッズクリニック出来上がったのは私1人だけではなく、スタッフ全員の志があってのことです。今後もスタッフや新たなドクターを含め同じ理念を持つ「仲間」が増えていった時に、自然な形で他の拠点にもクリニックを増やせたらいいな、と思っています。

気になるお悩み、まずはお気軽にご相談ください。

0120-900-524

<受付時間>10:00~19:00完全予約制

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料ドクターメール相談
クリニック内観 クリニック内観 クリニック内観