ベイザー脂肪吸引のこだわり

凸凹しない効果の保障目立たない傷の位置ベイザー脂肪吸引の4,000症例以上
ベイザー脂肪吸引のこだわりイメージ

私はこれまで脂肪吸引・注入の専門医として、毎日のように脂肪吸引の手術を行ってきました。

4000症例の実績を通じて常に患者様と本気で向き合うことを学び技術を探求し続けています。
経験を通じて言える事は、脂肪吸引という手術は「脂肪を吸引する手術」ではなく、

「キレイなスタイルをつくる手術」だということです。

脂肪がたくさんついている方もいれば、そこまでついていなくても脂肪吸引を希望する方もたくさんいます。
それぞれ吸引出来る脂肪量は当然違いますが、あくまでも「キレイなスタイルをつくる手術」であることに変わりはありません。

痩せている方でも脂肪を採取し、それを使用して他の部位をボリュームアップできます。難易度は上がりますが、得意としている技術の一つなので、お任せいただければ安心して施術を受けていただけると思います。

また、皮膚の質感や部位にあわせてテクニックを使い分けることも重要です。

脂肪吸引のトラブルで、不自然な凹凸や溝ができるケースがありますが、それぞれの骨格や、皮膚の収縮力まで考えてデザインする事で、そういったトラブルを防ぐことができます。

最後に、脂肪吸引では、手術跡の位置(傷の位置)も仕上がりを左右する重要なポイントです。
せっかくキレイなスタイルを叶えても、お尻の真ん中や、膝、お腹などの目立つ部位に傷跡があると台無しになってしまいます。
当院では、満足度を高める「傷の位置」にも徹底的にこだわります。
より完璧な脂肪吸引の仕上がりを追求するため、日々試行錯誤し進化させています。

脂肪吸引=痛い・内出血がでる という常識への挑戦!!

関連手術 脂肪吸引