【韓国で脂肪吸引】値段は本当に安いの??日本の相場と徹底比較!

韓国の脂肪吸引費用は本当に安いのか?日本の相場と徹底比較

韓国は、脂肪吸引を含めた美容整形が盛んな国で、「整形大国」とも呼ばれるほどです。クリニックの数が多い韓国では、価格競争によって、安い値段で高い技術の美容整形・脂肪吸引が受けられると評判で、近年では、韓国へ渡航してまで美容整形や脂肪吸引を受ける日本人も増えています。

しかし、韓国で手術を受ける場合、韓国までの旅費やホテル代など細々とした費用も必要です。この記事では、韓国の脂肪吸引費用を細かく解説し、日本との相場と徹底比較しています。「費用を抑えるために韓国まで行ったのに、結局日本で受けた方が安かった」ということのないように、是非、この記事を読んで知識を蓄え、損のない脂肪吸引手術を受けてください。

1. 韓国で脂肪吸引をする場合に必要な費用

韓国で脂肪吸引をする場合に必要な費用の目安は、20~100万円といったところでしょう。この費用を大きく分けると「脂肪吸引の手術費用」と「韓国までの旅費や宿泊費」の2つに分類することができます。手術を受けるクリニックや、旅行会社、航空会社によって必要な費用は変わります。

また、「手術費用」と「旅費や宿泊費」以外にも、通訳を雇う場合にはその分の費用が必要になります。他にも、クリニックの予約や宿泊施設の手配などを仲介してくれるエージェントに依頼する場合は、別途費用が必要です。

ここでは、それぞれの費用について、細かい相場を見てみましょう。

1-1. 脂肪吸引費用の相場

脂肪吸引の手術費用は、クリニックによって差があると上述しました。これに加えて、「脂肪吸引の部位」によっても手術費用の額に差が出ます。

当然、脂肪の多い太ももやお腹周りは高額になり、顔周辺や二の腕など小さな部位は費用は少なくなります。手術を受けるときの為替レートにより多少の変動はありますが、部位後との費用の目安は以下の通りになります。

部位

費用の目安

顔(頬周辺)

14万円前後

顔(顎ライン)

20万円前後

二の腕

15~40万円程度

ふくらはぎ(全体)

35~40万円

ふくらはぎ(部分)

13万円前後

太もも(全体)

40~70万円前後

太もも(部分修正)

15万円前後

お腹周り

範囲によって35~62万円前後

また、脂肪吸引にはさまざまな種類があり、これらの種類によっても費用が変わります。クリニックによって対応している方法が変わりますので、希望する脂肪吸引の方法がある場合は、予めクリニックに確認しておく必要があります。以下では、脂肪吸引の方法について簡単に説明しています。

チューメセント法

止血薬や麻酔薬などを薄めたものを脂肪に注入し、脂肪を吸引する方法です。最も基本的な方法であり、他の方法と併用される場合が多いです。

ベイザー脂肪吸引

脂肪細胞を乳化することができるベイザー波を使い、脂肪を吸引しやすくしてからカニューレという管で吸引する方法です。ベイザー波は脂肪のみに影響する特殊な超音波で、出血などの負担が少なく、手術後の腫れや痛みが少ないのが特徴です。

ベイザー脂肪吸引に使う機器は非常に高額で、さらにクリニックごとに価格を設定できないように価格協定が結ばれているので、どのクリニックでもほとんど値段は変わりません。

ボディジェット

カニューレという管の先から、止血や麻酔の効果のある薬剤を含んだ脂肪溶解液のジェット水流を当てて脂肪細胞を他の組織から分離させ、吸引する方法です。日本の厚生労働省に当たるアメリカのFDAの認可を受けており、安全性の高い脂肪吸引の方法です。

手術後の腫れや痛みが少なく、脂肪吸引の際のムラが出にくいのが特徴です。

ボディタイト

ラジオ波という、がんの治療や電気メスにも使用されている高周波の熱で脂肪細胞を溶かし、カニューレという管で脂肪を吸引する方法です。手術時間も短めで体への負担が少なく、脂肪の取り残しも少ないなどメリットは多いものの、比較的新しい方法であるためまだ症例は少なく、機器や手術に精通している医師が少ないというデメリットもあります。

ウルトラゼット

ウルトラゼット脂肪吸引は、整形大国である韓国が開発した脂肪吸引方法です。超音波で脂肪細胞を破壊し、液状化させてからカニューレという管で脂肪を吸引する方法です。脂肪細胞のみに影響するため出血や傷みが少なく、一度にたくさんの脂肪が取れるのが特徴です。

現在は韓国でのみ認可を受けている方法で、日本ではまだウルトラゼット脂肪吸引を受けられるクリニックは少なめです。日本で受けると費用も高額になります。

シリンジ

シリンジ脂肪吸引とは、一般的に使われるカニューレという管を使わず、シリンジという注射器を使って脂肪吸引する方法です。カニューレを使用する場合、皮膚を切開することになるので体への負担や、大きくなりますが、シリンジ脂肪吸引の場合は皮膚を切開する必要がなく、体への負担が少ないのが特徴です。

ただし、シリンジ脂肪吸引では大量に脂肪を吸引することはできないため、顔など範囲の小さな部分の脂肪吸引に用いられます。

エルコーニアレーザー

エルコーニアレーザー脂肪吸引は、皮膚の上からエルコーニアレーザーを数分間照射することで脂肪細胞を柔らかくして吸引する方法です。このレーザーはアメリカのFDAの認可を受けた低出力のレーザーで、欧米で人気が集まっている脂肪吸引の方法です。

体外式超音波

皮膚の上から超音波を照射し、脂肪細胞を破壊したり、組織を柔らかくしてからカニューレという管で脂肪を吸引する方法です。上で紹介したベイザー波とは異なり、脂肪細胞以外の組織にも影響するため、超音波の照射の際に皮膚が火傷するなどのリスクがあります。

メソセラピー

メソセラピーは脂肪吸引ではありませんが、脂肪を溶解させる薬剤をサイズダウンしたい箇所の皮下に注射する方法で、他の脂肪吸引と併用されることもあります。「脂肪溶解注射」とも呼ばれ、溶解した脂肪は静脈やリンパから自然に排出される仕組みとなっています。

メソセラピー自体では皮膚を切開することがないためダウンタイムも短く、これだけであれば費用も安く手軽なため、韓国へ行ってメソセラピーのみを受ける方も多いです。広範囲に効果が欲しい場合は不向きですが、部分的に細くしたい場合は効果が高い方法といわれています。

1-2. 旅費、宿泊費

韓国で脂肪吸引を受ける場合、韓国までの旅費やダウンタイム期間中の宿泊費も考慮しておかなくてはいけません。

ANAやJALといった日本の航空会社の場合、3~4万円程度、大韓航空やアシアナ航空といった韓国の航空会社の場合、2万8千~3万5千円程度が片道の航空券の相場です。イースターやピーチなどのLCC航空では2万~2万5千円程度とさらに安く、1万円以上の差が出ることもあります。

韓国での宿泊費は、1泊7千~1万円程度が相場です。安いものでは1泊4千円程度で泊まれるホテルもあります。航空券や宿泊費は時間やシーズンによって変動します。

部分別ダウンタイムの期間の目安

韓国で手術を受けて、提携している日本のクリニックでアフターケアが受けられる場合もありますが、基本的には手術を受けたクリニックでアフターケアをすることになります。そのため、手術の腫れや内出血がおさまり、ある程度普段どおりの生活ができるようになるまでは、韓国で滞在する必要があります。

以下では、脂肪吸引を受けたときの、部位別のダウンタイム期間を表にまとめています。生活に支障がなく、普段どおりに生活できるようになるまでの目安です。痛み止めを飲む必要がない程度の痛みがあったり、つっぱった感じが残っている場合もあります。

部位

日数

圧迫下着等

1週間

なし

二の腕

2週間

1ヶ月

背中

1週間

1ヶ月

お腹

3週間

1ヶ月

太もも

3週間~1ヶ月

1ヶ月

ふくらはぎ

2週間

1ヶ月

顔以外の脂肪吸引では、腫れや内出血を抑えるために圧迫下着を約1ヶ月間着用している必要があります。圧迫下着が見えても支障のない仕事や、制服のないデスクワークであれば、仕事復帰ができる目安は3~4日程度です。校同量の多い仕事や、てきぱきと動かなければいけない接客業などは、1週間程度が仕事復帰の目安です。

力を使わない仕事であれば、つっぱり感が残っていることもありますが、10日程度で仕事に復帰できます。力仕事の場合は、普段どおり仕事ができるようになるには最低でも2週間程度は必要となるでしょう。

1-3. 脂肪吸引ツアー

脂肪吸引ツアーとは、韓国にあるクリニックと日本人患者の間にはいって仲介する「エージェント」が提供するサービスです。会社によって提供されているサービス内容には違いがあります。主なサービスは、「優良な病院・クリニックの紹介・斡旋」「診療の予約」「通訳同行」「空港やホテル、クリニックまでの送迎」「宿泊施設の手配や割引」といったものがあります。

エージェントによって、別途費用が必要であったり、一定金額以上の手術費用でなければ有料になるサービスもあるなど料金体系もさまざまです。

韓国で脂肪吸引の手術を受ける際は、必ずしもエージェントを介して脂肪吸引ツアーを依頼する必要はありません。しかし、韓国は美容整形や脂肪吸引のクリニックが多く、その全てが技術の高い優良なクリニックとは限りません。

中には未熟で経験の浅い医師が手術を行っていたり、外国人患者に対してわざと高い料金を請求するような悪質なクリニックがあるのも事実です。また、優良なクリニックであっても、韓国語がわからずに医師とのコミュニケーションがうまく行かず、希望通りの結果にならなかっとということも起こりえます。

最近では、韓国で脂肪吸引を受ける日本人が増えてきたために、クリニック内に日本語ができるスタッフが常駐しているところも多く、韓国語が話せない方でも脂肪吸引の手術が受けやすくなっています。しかし、初めて韓国で脂肪吸引を受ける場合などは、信頼できるクリニック選びができるエージェントに依頼する方がいいでしょう。

以下には、日本でも有名なエージェント3社と、サービスの費用感を挙げています。

ナビコリア

ナビコリアは、韓国政府から外国人患者誘致の許可を受けているエージェントです。提携している病院からのバックマージンで運営されているので、ナビコリアに依頼するときの費用はかかりません。

カウンセリングや手術の通訳や、合計が50万円以上の手術であれば提携の宿泊施設も無料です。クリニックや空港までの送迎のサービスもあります。

HARU

HARUは、韓国政府から外国人医療誘致事業者として認められているエージェントです。カウンセリングや通訳、送迎といったサービスで、韓国での脂肪吸引をサポートしてくれます。

カウンセリングのみの通訳の費用は、病院一箇所につき5千円で、同日に手術を受ける場合は1万5千円となります。手術費用が50万円以上で5日間、100万円以上で1週間、無料で提携の宿泊施設を利用できます。

江南メディカルツアーセンター

江南メディカルツアーセンターは、無料で利用できる江南の総合医療観光案内センターです。江南メディカルツアーセンターを通して予約すると、宿泊施設や、クリニック・病院での手術費用の割引価格が適応されるといった特典があります。ホテルや空港、クリニック間の送迎サービスは2万5千円程度で利用できます。

通訳の紹介も行っており、費用や依頼の詳細は当人同士で相談、決定します。

2. 韓国の有名美容整形外科の脂肪吸引費用

この項目では、日本でも有名な韓国の美容整形外科やクリニックを例に挙げて、具体的な費用についてご紹介します。部位ごとの脂肪吸引の費用について細かく挙げていますので、クリニック選びの参考にしてください。

2-1. id美容外科

id美容外科は、韓国政府からの認証を受けている信頼できる医療機関です。脂肪吸引の他にもさまざまな美容整形に対応しています。有名エージェントの提携病院であるため、日本人の受け入れが積極的で、日本語の対応も可能です。

・脂肪吸引費用

二の腕

40万円

お腹

62万円

太もも

70万円

背中

40万円

・脂肪吸引の特徴、種類

id美容外科では、脂肪を溶かした後に、薄い層や皮膚に近い部分の脂肪もまんべんなく吸引します。そのため、一度に大量の脂肪が除去でき、2~3ミリ程度の小さな切開で済むという特徴があります。

2-2. アーバンビューティー美容外科

アーバンビューティー美容外科は、バストセンターを備えている、胸の整形に特化したクリニックですが、脂肪吸引のメニューも用意されています。日本語堪能な院長やスタッフがサポートし、積極的に日本人患者を受け入れています。

・脂肪吸引費用

二の腕

体格により異なるため、カウンセリング後決定

お腹

体格により異なるため、カウンセリング後決定

太もも

体格により異なるため、カウンセリング後決定

ふくらはぎ

約28万円

33万円

・脂肪吸引の特徴、種類

アーバンビューティー美容外科は、アキュスカルプレーザーを用いたレーザーを照射して脂肪を融解させ、脂肪吸引を行います。このアキュスカルプレーザーは他のレーザーと比べて脂肪を融解する力が強く、効率的に脂肪を除去することができます。

2-3. 狎鴎亭 TOP LINE 整形外科

狎鴎亭 TOP LINE 整形外科は、大量の脂肪吸引ができることで評判の高い、脂肪吸引専門のクリニックです。日本人カウンセラーが常駐しているため、韓国語ができなくても通訳を連れずに手術を受けることができます。

・脂肪吸引費用

二の腕

71万5千円~

お腹

88万円

太もも

93万5千円~

お尻

44万円

背中

38万5千円

49万5千円

・脂肪吸引の特徴、種類

狎鴎亭 TOP LINE 整形外科は、ライポマティックという超音波を用いた脂肪吸引を行っています。広範囲にわたる大量の脂肪吸引ができ、吸引時間も短時間で済むためダウンタイムが短いのが特徴です。

3. 韓国と日本の脂肪吸引費用の違い

日本での脂肪吸引手術の費用の目安は、範囲や手術方法によっても変わりますが、25~100万円程度で、高いところでは250万円以上になることもあります。これに加えて、麻酔代や薬代、カウンセリング代など別途かかる場合もあります。

一方、韓国では、手術費用のなかにカウンセリング代や薬代が含まれていることが多いため、日本で手術を受けるよりも費用が安いことがほとんどです。これまで解説してきたとおり、韓国で脂肪吸引を受ける際は、手術費用の他にも旅費や宿泊費、通訳の費用が必要です。しかし、エージェントや医療観光案内のサポートを上手に利用することで、旅費や宿泊費を含めても、日本で受けるよりも費用を抑えることができるでしょう。

ただし、手術範囲が狭く、ダウンタイムの比較的短い手術の場合、旅費や宿泊費を合わせると、結局日本で手術を受けるのと同等か、高くなってしまうこともあります。エージェントや医療観光案内を利用する際は、かかる費用について、予めよく確認しておきましょう。

4. 「韓国vs日本」脂肪吸引費用が安いのはどっち?

韓国で脂肪吸引を受けたときの費用の詳細や、日本での脂肪吸引との違いについてご紹介してきましたが、最後にもう一度、韓国と日本の脂肪吸引費用についておさらいしておきましょう。

<韓国での脂肪吸引費用>

  • 費用の目安は20~100万円程度
  • 手術費用にカウンセリングや薬代が含まれていることが多い
  • 手術費用の他に、旅費、宿泊費、通訳等の費用が必要
  • エージェントに依頼すると、手術費用に応じて宿泊や通訳のサービスが受けられる
  • エージェントに依頼すると、宿泊施設や手術費が割引になることもある

<日本での脂肪吸引費用>

  • 費用の目安は25~100万円程度
  • 手術費用とは別に、麻酔代、薬代、カウンセリング代が必要な場合がある
  • ダウンタイム期間中の宿泊費や旅費が不要

脂肪吸引にかかる費用は、「日本で受けたから高い」、「韓国だから安い」と一言では言い切れません。脂肪吸引の方法やクリニックが使用する機器によっても手術費用に大きな開きがあり、脂肪吸引する箇所によってダウンタイムやアフターケアの日数も違うため、必要な通院回数や滞在期間も変わります。

重要なのは「いかに安く手術を受けるか」ではなく、「いかに安全で、安心して手術が受けられるか」ということです。提示された費用に惑わされず、技術の高さや機器の性能に目を向けて、クリニックを選ぶようにしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

脂肪吸引リファレンス編集部

脂肪吸引や脂肪注入に関する情報を随時発信しています。
脂肪吸引を受ける際は確かな情報をしっかりと収集することが大切。ぜひ参考にしてください。
ベイザー脂肪吸引モニター募集
ベイザー脂肪吸引モニター募集

参考になった記事はシェアしてください♬