脂肪吸引で下半身太りのコンプレックスを解消する方法とは?

脂肪吸引で下半身太りのコンプレックスを解消する方法とは?

ダイエットをしている中でもっとも手ごわいのが「下半身」ではないでしょうか。

「順調に体重が減っても、なぜか下半身だけは細くならず、落ちて欲しくないところからどんどん痩せていく・・・」なんて、鏡を見ながらため息をついている方も多いことと思います。

そんな、誰もが感じているであろう悩みを解消できる方法の一つが、「脂肪吸引」です。

脂肪吸引は通常のダイエットとは違い、細くしたい部分をピンポイントで細くする美容整形手術です。ダイエットを頑張ってもなかなか細くならない下半身のコンプレックスは、脂肪吸引手術を受けることで解消することができるでしょう。

この記事では、下半身太りで悩んでいる方のために、下半身の脂肪吸引について、効果や費用、受けるときのコツや注意点まで詳しくご紹介します。なかなか下半身が痩せられずに頭を悩ませている方は、是非ご一読ください。

1. 脂肪吸引で下半身太りのコンプレックス解消できるのか?

上でもお伝えしたとおり、脂肪吸引によって下半身太りのコンプレックスを解消することは可能だと言えます。脂肪吸引の手術では体重を減らすことはできませんが、脂肪を取り除くことで見た目を細く、美しいラインにすることができます。この項目では、下半身の脂肪吸引の効果と、ダイエットとの違いについて解説していきます。

1-1. 脂肪吸引の効果

ご説明してきたとおり、脂肪吸引の手術は物理的に脂肪細胞を取り除くため、細くしたい部分をピンポイントで細くすることができます。

下半身太りで気になるのは、「お尻」、「太もも」、「ふくらはぎ」か、人によっては「足首」といった部分ではないでしょうか。これらの部位を太く見せている原因が「脂肪」である場合は、脂肪吸引によって細くすることが可能です。

脂肪吸引の手術では、皮膚のすぐ下にある「皮下脂肪」を除去していきます。

「太ももの隙間がない」、「お尻が大きい」、「ふくらはぎが太くてたくましい印象になる」などの場合、その部位の皮下脂肪を取り除くことで美しいラインを作ることができるでしょう。

脂肪吸引では物理的に脂肪細胞を取り除くため、早い方では手術後すぐにでも細くなったと感じる方もいらっしゃいます。手術後は、脂肪を取り除いた部分の周りの組織がダメージを受けている状態であるため、炎症によって痛みや腫れが起こり、その後回復のために分泌されるリンパ液や、出血によるむくみや内出血などの症状が出ます。

これらの腫れやむくみのために、効果があまり感じられない期間もありますが、手術後1ヶ月が経つとほとんどの方が脂肪吸引の効果を実感し、3ヶ月ほどかけてさらに細くなっていきます。

ただし、「ふくらはぎ」や「足首」といった部位では、もともとの脂肪の量が他の部位と比べて少なく、効果を感じられるまでに時間がかかる傾向にあります。また、筋肉や骨など、脂肪以外の原因が太く見える原因である場合もあります。この場合、脂肪吸引での効果は出にくいと言えます。

1-2. ダイエットとの違い

誤解されやすいのですが、実は「脂肪」は大きな一つの塊ではなく、たくさんの「脂肪細胞」が集まっている状態です。脂肪によって太く見えてしまうのは、脂肪細胞それぞれが大きくなっているためです。

通常のダイエットでは、食事や運動のコントロールをすることで脂肪細胞ひとつひとつを小さくし、細くなっていきます。ジムでトレーニングをしたり、エステの痩身で細くなるのも、この原理です。

しかし、これらのダイエットでは脂肪細胞の数には変化がありませんので、一度痩せても食事や運動のコントロールを怠れば、また脂肪細胞が大きくなり、リバウンドしてしまいます。「特定の部位の脂肪細胞のみ燃焼させる」ということはできませんので、痩せたい部分だけ細くするという、「部分痩せ」も非常に難しくなります。

一方、脂肪吸引の手術では、細くしたい部分の脂肪細胞をピンポイントに取り除くことができるため、通常のダイエットでは難しい「部分痩せ」も可能になります。また、物理的に脂肪細胞の数を減らす手術ですので、脂肪吸引手術を受けた部位は、その後も太りにくい状態になります。

とはいえ、美しいボディラインにするためには、すべての脂肪細胞を取り除くのではなく、必要な部分の脂肪はきちんと残していかなければいけません。

脂肪吸引の手術を受けたからと言って、油断は禁物です。食事や運動をまったくしなくても良いわけではなく、引き続き体型維持の努力を続けていく必要があります。

この努力を怠ってしまうと、あえて残しておいた部分から脂肪がつき始め、不自然なボディラインになってしまったり、皮膚にでこぼこができてしまう可能性もあります。また、手術を受けていない部分は当然脂肪細胞の数も変わりませんので、手術後に太ってしまうと全体的な体のバランスも崩れてしまいます。

手術を受けた後は、神経質になる必要はありませんが、美しさを保つ最低限の努力は必要だということを念頭においておきましょう。

1-3. 脂肪吸引したことがバレる?バレない?

脂肪吸引を受けてすぐに劇的な変化があるということはありません。時間をかけて徐々に完成へと向かいますので、「明らかに脂肪吸引を受けた」とバレることはないと考えてよいでしょう。

また、下半身の脂肪吸引の場合、人の目に触れにくい部位であるため、比較的バレにくいと言えるでしょう。ただし、手術の後、最低1ヶ月間はシャワーや入浴のときを除いて24時間圧迫を続ける必要があります。手術後に出るむくみや内出血といった症状も、圧迫しているため人の目に触れることはありませんので、バレる心配は少ないです。

ただし、制服のある職場で、

足が見えてしまう場合は、隠せるアイテムと言い訳を考えていた方がいいかもしれません。制服があっても足が隠せる場合は、着替えのときに注意していれば周囲にバレずに済ませられるでしょう。

下半身の脂肪吸引の場合、よく動かす部位であるため、普段どおりに仕事や日常生活が送れるようになるまでには約3週間程度の期間が必要です。特に、太ももやお尻といった大きな部位の脂肪吸引では、痛みもやや長引き、動くのもツライと感じる方も多いです。

手術から10日程度経つと、痛み止めを飲みながらなんとか動けるようにはなりますが、できれば仕事は1週間~10日ほど休みを取るようにしましょう。

手術を受けて、「急に細くなった」や「脂肪吸引特有の症状が目立つ」という理由でバレることはほとんど無いですが、その後、仕事に復帰したときに動きが不自然になったり、圧迫下着が見つかって怪しまれることはあるかもしれません。

また、手術後は、できれば積極的に動かす方が良いですが、無理をしすぎるのは良くありませんので、経過を見ながら仕事復帰されることをおすすめします。

2. 脂肪吸引で下半身太りのコンプレックスから解放された方の声

脂肪吸引をした翌日に、もう効果を実感したという声もあります。全体的にスッキリして、太ももにも隙間ができています。これから、腫れやむくみの症状が出てくると思われますが、それでも初日にここまでの効果があれば、ダウンタイムのモチベーションも維持できそうです。

こちらの方は韓国のクリニックで脂肪吸引をされたようです。手術当日の圧迫が痛々しいですが、よく見るとすでに細くなっているのがわかります。手術後1ヶ月後にはかなり細くなっていて、最初の写真とはまるで別人のようですね。

3. 脂肪吸引の下半身メニューと費用一覧

下半身の脂肪吸引は、細かく分けて考えると、「お尻」、「太もも」、「ふくらはぎ」、「足首」の部位となります。これに加えて、膝周りなど細かいメニューになる場合もありますが、膝周りで独自にメニューを設けているクリニックが少なかったため、ここでは割愛しています。

大手の5院の料金を比較したところ、お尻は11~58万円、太ももは33.5~58万円、ふくらはぎは8~57万円足首は5.5~25万円とクリニックによっても大きく開きがあります。吸引する脂肪の量によって実際の料金は変わってきますので、詳しくは各クリニックでカウンセリングを受けるようにしてください。

以下には、大手クリニックがホームページに掲載している料金表のまとめです。一つの部位でも細かくメニューが分けられているものは、合計した金額を記載しています(例えば、太ももであれば「前面」「後面」「外側」「内側」のメニューは合計金額を記載)。是非、クリニック選びの参考にしてください。

共立 大塚 品川 湘南 高須
お尻 324,000円 256,000円 111,100円 154,300円 380,000~570,000円
太もも 477,500円 333,320円 462,910円 380,000~570,000円
ふくらはぎ 380,000円

(ボディデザイン脂肪吸引)

83,330円 137,700円 380,000~570,000円
足首 250,000円

(ボディデザイン脂肪吸引)

46,290円 54,270円 380,000~570,000円
92,740円 380,000~570,000円
身(一部位) 324,000円

4. 脂肪吸引でスリムな下半身のラインを手に入れるためのコツ

スリムでメリハリのある下半身のラインを手に入れるためにもっとも重要視すべきは、「体全体のバランス」と言えるでしょう。

下半身太りに長年頭を悩まされてきた方は、「できることなら、下半身の脂肪を取れるだけ取ってしまいたい」と思うかもしれません。しかし、仮に下半身の脂肪を取れるだけ取ってしまうと、皮と骨だけの「みすぼらしい」、「貧相な」イメージになってしまうでしょう。

脂肪は、ただ取り除いてしまえば良いというわけではありません。美しいラインにするためには、必要な部分の脂肪はきちんと残しておかなければいけません。

例えば、太ももを細くしたいと思って脂肪吸引を受けたとき、バランスを考えずに脂肪を取り除いてしまうと、お尻を支えることができなくなって不自然に垂れ下がってしまいます。

脂肪吸引を受ける部位だけのことを考えるのではなく、体全体のバランスを考えながら、どのくらいの脂肪を取り除くべきかきちんと医師と相談して決めていくことが大事です。

「何が何でも、とにかく細くなりたい」と考えてクリニックへ出向く方もいるかもしれませんが、一度取り除いた脂肪は元に戻すことはできませんので、後悔しないようにしっかりとカウンセリングを受けるようにしてください。医師の技術力も仕上がりに大いに影響するため、クリニック選びは慎重に行いましょう。

5. 脂肪吸引のデメリットと注意点

5-1. 下半身の脂肪吸引のデメリット

ダイエットを一生懸命がんばっても、なかなか成果の出づらい下半身。脂肪吸引は、そんな下半身を細く、美しいラインにできる手術です。しかし、残念ながらデメリットも存在します。

まず、一番のデメリットは、「ダウンタイムのツラさ」が挙げられます。

下半身は、お尻、太もも、ふくらはぎ、足首のどの部位も、普段から比較的よく動かさなければいけない部位です。脂肪吸引の手術後3週間ほど経つと、なんとか動けるようにはなりますが、他の部位の脂肪吸引に比べて、ダウンタイム期間を乗り切るのが非常にツラい部分になります。

また、上述の通り、下半身といってもさまざまな部位があります。体の中でも特にバランスが重要となる下半身の脂肪吸引では、一部位ずつの脂肪吸引ではバランスが取りにくいというデメリットがあります。

下半身を全体的にスッキリさせたい場合、複数の部位の手術が必要となりますが、当然その分費用がかかります。また、吸引する脂肪の量によっては、一日で手術をまとめられない場合もあります。日を分けて手術を行う場合、それぞれでダウンタイム期間を過ごさなくてはいけません。

可能であれば、下半身の複数の部位を、同日中に手術するのが良いでしょう。医師に相談して、安全に吸引できる脂肪の量を見極めてもらいましょう。

5-2. 下半身の脂肪吸引の注意点

下半身の脂肪吸引で特に注意したい点は、前の項目、「5. 脂肪吸引でスリムな下半身のラインを手に入れるためのコツ」でもお伝えしたとおり、体全体のバランスを見ながら行わなければいけないという点です。しかし、いくら自分自身が全体のバランスについて考えていても、実際に手術を行うのは医師ですので、要望が上手く伝わらなければ希望通りの仕上がりにならないことも起こってしまいます。

ほとんどのクリニックでは、バランスを考えずに手術を行うような医師はいないでしょう。しかし、医師の技術力が伴っていなければ、脂肪を取りすぎたり、残しすぎて不自然なバランスになってしまう可能性もゼロではありません。

また逆に、医師の意見を聞かずに「取れるだけの脂肪を全て取ってください!」などと主張する患者もいないわけではありません。美容外科クリニックは、医療行為であるとはいえ患者からお金をもらって運営している、いわば「客商売」です。医師からストップがかかっても患者の強い希望があれば受け入れざるを得ない場合もあるでしょう。

しかし、そういった「無理な主張」を通してしまったばっかりに、美しいラインとは程遠い仕上がりとなって、結果的に後悔することになったということも起こりかねません。

美しいラインの下半身を手に入れるために脂肪吸引を受けたのに、それではまったく意味がありませんよね。

自分の体を安心して任せられるクリニック・医師を見つけ、慎重にカウンセリングを受けた上で手術を受けることが非常に重要であることを覚えておきましょう。

6. 下半身の脂肪吸引はこんな人におすすめ!

この記事を読んでいただいている方は、腹立たしいくらいにご存知かと思いますが、下半身は非常に痩せにくい部位です。「脂肪がつき始めるとすぐに太くなってしまうのに、痩せようと思ってもなかなか痩せられない」と悩んでいる方も多いでしょう。「下半身を細くしたいからダイエットを頑張っていたのに、残しておきたいところの脂肪から落ちてしまった」というのはよく聞く話ですよね。

下半身は、一度脂肪がついてしまうとダイエットを頑張ってもなかなか成果が得られにくく、さらに比較的露出の多い場所なので人の目も気になりやすい部分でもあります。

下半身の脂肪吸引は、こういった悩みを解消するのにもっとも良い方法と言ってもいいでしょう。この項目では、下半身の脂肪吸引がおすすめの方の特徴をまとめてみました。当てはまる方は、是非、脂肪吸引を検討してみてください。

6-1. いくらダイエットをしても、下半身だけが痩せない方

上述の通り、下半身は非常に痩せにくい部分です。ダイエットでは、全ての脂肪細胞が少しずつ代謝し、小さくなっていくため部分的に細くすることはできません。また、部位によって燃焼しやすい箇所としにくい箇所があるため、ダイエットをしても下半身だけがどうしても痩せないということが起こります。

脂肪吸引では、細くしたい部位の脂肪細胞を物理的に取り除くことができるため、「部分痩せ」が可能です。体全体のバランスを整えながら、美しいラインをつくることができるでしょう。

6-2. 上半身は細いのに、下半身に脂肪が多くバランスが悪い方

脂肪がつきやすい部分は、人によって違います。上半身はスッキリと細いのに、下半身だけに脂肪がついてしまうという方も多いです。この体型は「洋ナシ体型」とも言われ、日本人女性に特に多い体型です。骨格や姿勢が影響することもあり、日本人の女性は下半身に脂肪がつきやすい傾向にあるようです。

下半身だけが太くなり、いわゆる洋ナシ体型に悩んでいる方も、脂肪吸引によって上半身とのバランスを整えることができるでしょう。ただし、下半身が太くなっている原因が骨や筋肉の場合は、その限りではありません。下半身太りの原因をきちんと把握することが重要です。

6-3. これまで、脂肪溶解注射等の施術を受けても効果が得られなかった方

美容外科クリニックで受けられる痩身の施術の一つに、脂肪溶解注射や脂肪溶解レーザーといったメニューがあります。これらの施術は脂肪吸引のように切開する必要がなく、麻酔も使いません。脂肪吸引の手術と比べて施術時間が非常に短く、ダウンタイムもないため「プチ整形」の一つとして手軽に受けることができる施術です。

しかし、効果が出るのに時間がかかり、また、一度の施術だけでは効果を持続させることができないため定期的に施術を受ける必要がある上、効果の程度には個人差があるため、満足のいく結果になるとは限りません。

美容外科クリニックで脂肪溶解注射や脂肪溶解レーザーの施術を受けても効果が得られなかった方が、脂肪吸引の手術を受けるというケースは非常に多いです。

脂肪吸引の手術は、切開が必要でダウンタイムがあるものの、即効性があり確実に細くなることができる手術です。これまで脂肪溶解注射や脂肪溶解レーザーの施術を受けて効果が得られなかった方は、脂肪吸引も視野に入れてみることをおすすめします。

6-4. 下半身のラインを美しくしたい方

脂肪吸引の手術は、「ただ細くする」のが目的なわけではありません。取り除くべき脂肪は取り除き、残すべき脂肪を残すことでメリハリのある美しいボディラインを作り出す手術です。

「下半身がそれほど太いわけではないものの、何となくスッキリとしない」、「ラインがぼやけていて美しくない」というときにも、脂肪吸引を受けることで大いに改善の余地はあります。

ピンポイントで脂肪を取り除くことができますので、それほど脂肪がたくさんついていない方でも脂肪吸引は可能です。デザイン力の高い医師に手術を担当してもらえば、真っ直ぐでメリハリのない足やぼってりとした下半身をスッキリと美しくさせることができるでしょう。

7. コンプレックスが解消できる美容整形外科クリニックの選び方

下半身の脂肪吸引に限らず、クリニック選びは非常に重要です。脂肪吸引が成功するかどうかはクリニック選びにかかっていると言っても間違いではありません。

クリニックを選ぶときは、「家から近い」「料金が安い」などという安直な理由で選ぶのは避け、必ずホームページや口コミをチェックして集められるだけの情報を集めるようにしましょう。

気になったクリニックは実際に足を運んでカウンセリングを受けるようにします。できれば3~5院ほどはカウンセリングを受け、もっとも信頼できるクリニックを選ぶようにしましょう。最初の1院だけで決めてしまうと、他院との比較ができずに医師から言われたことを鵜呑みにしてしまう他ありません。

もちろん、悪質なクリニックばかりなわけではありませんが、脂肪吸引の手術は医師との相性も非常に重要となりますので、自分の体を任せられる、信頼のおけるクリニック・医師を選ぶようにしましょう。

不安な点やわからないことがあれば、必ず契約前に解消しておくようにしましょう。

8. まとめ

下半身の脂肪吸引について、詳しくご紹介してきました。体の部位の中でも、下半身は特に痩せにくく、また、脂肪がつきやすいため、コンプレックスを感じている方は少なくありません。

これまで、さまざまな痩身の施術やダイエットに挑戦しても下半身太りに悩んでいる方は、是非、脂肪吸引を検討してみてはいかがでしょうか。

「下半身」と一口に言っても、「お尻」「太もも」「ふくらはぎ」「足首」と、部位はさまざまです。もちろん、一部位ずつの手術もできますが、バランスを整えながら手術を行うのは非常に難しく、また普段よく動かす部位であることからダウンタイムが特につらい部位でもあります。

部位が増える分、料金もかかってしまいますが、短いダウンタイムで美しいラインを手に入れるためには、複数の部位の手術を一度に行うことがおすすめです。

ただし、吸引する脂肪の量が多すぎると、一日では手術ができない場合もありますので注意してください。何よりも、安全に手術を行うことが一番です。

安全に、かつ、美しくなるためには、信頼できるクリニック選びが必要不可欠です。しっかりと情報を集め、正しい知識を身につけて、下半身太りのコンプレックスを解消しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

脂肪吸引リファレンス編集部

脂肪吸引や脂肪注入に関する情報を随時発信しています。
脂肪吸引を受ける際は確かな情報をしっかりと収集することが大切。ぜひ参考にしてください。
ベイザー脂肪吸引モニター募集
ベイザー脂肪吸引モニター募集

参考になった記事はシェアしてください♬