脂肪吸引する事でたるみが解消されるのか?顔、太もも、お腹のたるみはどうすれば?

脂肪吸引をこれまでにしてみようと考えた方って意外に多いんです。その理由として、簡単にできるイメージがあるからですね。しかし、脂肪吸引にはリスクを伴ったり、高額な費用が必要だったりすることがあります。脂肪吸引は自由診療になるので全額自費での支払いになります。保険の適用には特別な理由がない限りは適用されません。

施術後もダウンタイムという期間があり、その間はストレスが溜まりやすかったりします。施術後はコルセットなど着圧器具を3ヶ月ほど装着しなければいけないなど注意点もいくつかあります。

では、脂肪吸引をする事でたるみが解消できるかという事ですが、答えはYESです。施術後のケアなどもしっかり行う事で綺麗な仕上がりになります。3ヶ月ほどで効果も実感がでてきます。1つ1つ詳しく見ていきましょう。

1. 脂肪吸引後にたるみやすい顔、太もも、お腹には要注意!

脂肪吸引を行った後は、ダウンタイムという期間があります。この間は、日常生活にも支障が出ることもありますし、脂肪吸引後は腫れや痛み、内出血なども見られることがあります。施術後は矯正下着などの着圧器具を使用することでたるみを解消したりする事ができます。各部位ではどのようなたるみが考えられるのか個別に見ていきますね。

1-1. 顔のたるみ

1つ目に「顔」の部分ですが、なぜ顔の脂肪吸引を望むのでしょうか。理由はそれぞれですが、小顔になりたい・二重アゴを解消したいなどコンプレックスな部分を少しでも変えたいと望まれる事が多いです。

顔の脂肪吸引は、頬または顎の下の脂肪吸引を主に行います。不要な脂肪を除去する事で顔のラインがシャープに見えるようになり、小顔に変身させる事ができます。あごの下は特に脂肪がつきやすい部分ではありますが、実は脂肪吸引をしたからといって二重アゴが解消するわけではないのです。あごの下の脂肪吸引は「たるみ」を取る目的の方に向いている施術になります。

顔の部分は、年齢を重ねるごとに脂肪がつきやすくなるだけでなく、たるみやすくなります。脂肪が多くつく事で下に下がる感じになりたるみの原因となってしまうのです。早めの施術を行うことでたるみが進行するのを遅らせる事ができるんですね。

脂肪吸引後は、2週間ほどは顔が浮腫んだ感じが続きます。時間の経過とともに顔のラインも整ってきます。施術後の腫れは個人差があります。自然なラインになるまでに時間を要するので、時間などの余裕があるときに行うのがベストです。腫れのある間は、痛みなども伴う事がありますが、痛み止めを使用する事で痛みを和らげる事ができます。

脂肪吸引後1ヶ月ほどで効果は実感する事ができますが、定期的な診察は必要です。1ヶ月を過ぎてくると顔の皮膚が硬くなってきますが、だんだん落ち着いてきます。施術後にたるみができないようにするためには、マッサージなどのケアが重要になってきます。施術後すぐにできるわけではありませんが、医師の診察を定期的に受けながらアドバイス通りに行う事でたるみなども解消させる事ができます。硬い部分を揉みほぐしたり、マッサージをすることでスッキリさせることができます。

1-2. 太もものたるみ

2つ目に「太もも」の部分ですが、太ももは施術後に皮膚のたるみができやすい部分とされています。その理由としてたくさん脂肪がついている部分を取り除く事で、今まで脂肪があった部分が空洞になります。そこで、皮膚が余りたるみが生じるというわけです。

たるみが出やすくなるのが、施術後1ヶ月から3ヶ月前後と一般的には言われています。施術後は皮膚の状態も変わってきます。施術後すぐは腫れやむくみなどの症状が現れますが、腫れが引いてくると皮膚のたるみが気になり始めます。

このたるみを解消するためには、たるみがきになる部分のマッサージケアを怠らないという事です。着圧ストッキングなどを着用する事でしっかり圧迫する事ができます。皮膚のたるみを防止するためにも必要な事です。大体3ヶ月ほどの着用が必要となりますが、皮膚を引き締めてくれる効果があります。太ももは、たるみやすい部分ではありますが、ケアをしっかりする事でたるみを解消させる事ができます。

1-3. お腹のたるみ

3つ目に「お腹」の部分ですが、ここも施術後に皮膚がたるみやすい部分とされています。今まで多くの脂肪がついていたところに不要な脂肪を除去する事で空洞ができます。そうすると今まで皮膚が余る事でシワになって寄ってきますよね。そうなると「たるみ」として感じてしまうのです。お腹の部分も圧迫用の専用下着を着用する事でたるみを解消させる事ができます。また、お腹の部分もマッサージや施術後のケアを行う事でたるみを解消させる事ができます。マッサージは施術後のラインを綺麗に仕上げるためにも重要になってきます。

2. 脂肪吸引後にたるみができる理由

脂肪吸引をした後は、たるみが気になったりしますよね。脂肪吸引施術後、皮膚が余る事で「たるみ」となって現れます。脂肪吸引したラインを美しい仕上げにするには時間がかかります。気になる脂肪を除去してしまえばいいというわけではありません。

施術後は、徐々に変化が起こり最終的に理想のラインに仕上がってきます。施術直後は腫れや痛み、むくみや内出血などの症状が現れ、場合によっては副作用が現れる人もいます。症状は個々によって個人差があります。

2-1. 皮膚が余ることが「たるみ」の原因

皮膚のたるみができやすい部分として、太もも・お尻・お腹などが挙げられます。今まで不要な脂肪がついていた部分を脂肪吸引する事で吸い取りますよね。その部分が空洞になるんです。脂肪で皮膚が張っていたところが、空洞になるので皮膚が余ってくる事で「たるみ」となります。余った皮膚も時間の経過とともに収縮してくるので、自然にたるみは気にならなくなりますが、脂肪吸引施術後はマッサージなどのケアが欠かせないのです。

2-2. 脂肪吸引のやりすぎも「たるみ」の原因になる

それでもたるみが気になるという方は、必要以上に脂肪を吸引してしまう事で、たるみが発生するということがあります。これは脂肪吸引の失敗が原因となる事が多いです。必要以上に脂肪を吸引せず、理想の仕上がりになるのが1番ですよね。

2-3. たるみが出やすい時期

たるみが出やすいのは施術後、1ヶ月から3ヶ月ぐらいが気になりやすい時期となります。脂肪吸引の施術後は皮膚にも変化が現れてきます。特に、施術直後は腫れや痛み、内出血などが起こり、その後皮膚が硬くなる症状が見られます。皮膚が硬くなるのが落ち着いてくると「たるみ」が気になると感じやすくなりますが、6ヶ月ほどで皮膚の状態も馴染んできて、気にならなくなります。理想の仕上がりになってくるという事です。

2-4. たるみを作らない術後ケアが大切!

たるみが気になるようであれば、マッサージなどのケアをしっかりするようにしましょう。また、皮膚を保湿する事で皮膚の状況にも落ち着かせる事ができます。脂肪吸引施術後は、圧迫する下着やコルセットなどの器具をしばらく装着する事で皮膚のたるみを改善する事ができ、引き締め効果があります。器具の装着は3ヶ月ぐらいは続けなければなりません。

施術後は定期的にフォローをしてもらいながら、マッサージなど念入りに行いセルフケアをしっかり行うようにしましょう。施術直後はダウンタイムという辛い時期を過ごさなければならず、日常生活にも支障が出る可能性はあります。

では、次にこの「ダウンタイム」を上手に過ごすコツをまとめて見ますね。脂肪吸引でアルミを作らず「ダウンタイム」を楽に過ごせる方法はどんな事があるでしょうか。

3. 脂肪吸引でたるみを作らない!ダウンタイムの過ごし方とは

3-1. 脂肪吸引後のダウンタイムとは

脂肪吸引後は、様々なことが予想されます。痛み、腫れ、むくみなどの症状が現れることがあります。内出血などの症状が見られる場合もあります。この時期を「ダウンタイム」と言いますが、ストレスを溜めることなく乗り切れる方法をまとめてみました。

脂肪吸引を行うまでに、「ダウンタイム」についても説明を受けていると思います。この時期のお話は、どのように聞いているのでしょう。おそらく不安で仕方ないという状況ではないでしょうか。しかし、そんな方にぜひ読んでもらいたいと思います。これを読むだけで不安を払拭させることができるはず!では、そん方法を伝授していきますね。

事前の説明で、痛みや腫れ、むくみ、内出血などが起こることがあるというのは聞いていると思います。この期間のことを「ダウンタイム」と呼んでいます。脂肪吸引をした後に、組織が回復する過程に起こる症状です。

脂肪吸引を行う部位や脂肪の量などによって個人差はありますが、アフタケアをしっかりすることで痛みや腫れ、むくみなどを最低限に抑えることができます。意外にアフタケアが重要視されるんです。この時期をストレスなく過ごすには、痛み止めやアイシングなどを行うことで痛みなどを緩和させることができます。

脂肪吸引をした量が多い部分は、痛みや腫れなども強く出ることが多いです。何かに触れることで強い痛みなどを感じる事が多いので圧迫用の下着を着用することで緩和させることができます。

施術した部分にもよりますが、お尻や太ももであれば、椅子などにクッションを敷いたり、ベッドには抱き枕などを使用することで痛みを緩和させることができます。痛みも1週間ほどで徐々に落ち着いてきます。ストレスなく快適に過ごすための工夫をして見ましょう。意外とクッションなどは緩和性があるので、使ってみるといいと思います。

3-2. 顔の脂肪吸引の場合

顔の部分にコンプレックスを持たれてる方は多いですね。あごの下の脂肪などシャープな小顔にしたいという願望が強かったりします。要らない脂肪を除去することで小顔に見せることができるのが、脂肪吸引になります。

顔の脂肪吸引は人気は高いですが、施術後に心配になる部分でもあります。例えば、腫れでや痛み、本当に小顔になれるのか不安要素も多くあったりします。これを読んでもらえれば、不安要素も払拭できます。脂肪吸引を検討中の方にも正しい知識や方法を知ってもらえたらと思いますので、最後までご覧ください。

顔の部分に脂肪の量が少ないと、脂肪吸引ができない場合があります。なぜかと言うと効果を実感できないからです。少量の吸引では何も変わらないことが多いんです。なので、しっかり顔に脂肪がついている方に向いています。

顔の部分の脂肪吸引は、頬・あごの下のの吸引がメインとなります。顔の脂肪吸引は耳の裏やあごの下に数ミリの小さな傷をつけて行うのが一般的です。まず、医師がどの部分から器具を挿入するのかをペンで目印をつけたりします。施術部分に髪の毛が来ないように結ぶなどのして患部を露出させ、消毒や点滴などを行います。

事前準備ができたら、麻酔をかけて眠っている間に施術は終わります。必要な量だけ脂肪吸引を行い、顔の周辺をガーゼなどで綺麗に拭き取り、フェイスバンドをして施術は終了となります。フェイスバンドは、圧迫することで幹部の痛みや腫れを軽減させるために必要な処置となります。

施術後は1週間程は、外出などは控えた方がいいですね。施術後は、ダウンタイムという期間があります。すぐに理想のラインに仕上がる訳ではなく、徐々に仕上がってきます。3ヶ月ほどすると綺麗な仕上がりになり、6ヶ月ほどで完全な状態になっていきます。痛みや腫れ、内出血などは施術後1週間から2週間ほどは現れることがあるので、施術後は1週間ほど休まれることをオススメします。フェイスバンドも1週間ほどはつけられることをオススメします。圧迫することで腫れを抑える目的で着用します。

脂肪吸引した傷が時間の経過とともに痒みが現れることがありますが、2週間ほどで気にならなくなります。治りかけの証拠なので、傷口を掻いたりしないようにしましょう。施術後のフェイスラインのマッサージなどケアも忘れないように行うようにしましょう。ケアをしっかりすることでむくみや腫れ、痛みなどを緩和させることができます。

傷跡も気にならないようになってきます。あごの下や耳の裏なので目立たないところから行うようになりますので、心配は要りません。

脂肪吸引をする量が不十分だったり、ムラがあったりすると凸凹の状態になったりすることがあるので、脂肪吸引をされる場合には、技術が高くセンスのある医師にお願いするようにしましょう。

3-3. 太ももの脂肪吸引の場合

太もものラインもコンプレックを持たれている方が多い部分になります。脂肪吸引をすることで理想の脚を手に入れることができますが、「手術」になりますので、それなりのリスクも知っておいた方がいいです。施術前には詳しく説明があり、メリットやデメリットについてお話がありますが、中には強引に進めようとする医師もいます。

そういう悪徳医師に捕まらないようにするためにも、これだけは知っておいてもらいたい事があります。太ももの脂肪吸引がどのように行われているのかご存知でしょうか。施術後はすぐに動けるのか、日常生活がどの程度遅れるのかなど気になる事ってたくさんありますよね。1つ1つ解説していきますので、イメージができるようになりましょう。

太ももは自分の体重を支える大切な部位になります。そのため筋肉も発達していますよね。太ももは個人差にもよりますが、筋肉量が多い場合には、細く見せる事が難しい場合があります。また、現在の脂肪量が多い場合にも施術後に歪な形になる事があります。それは、たるみがでるかのうせいがあるからです。今までたくさん脂肪がついていたところを吸い取る事で空洞ができ、その部分だけ皮膚が余る事で「たるみ」が現れます。なので、必要以上に吸引することは綺麗なラインに仕上げる事ができないのです。

太ももの脂肪吸引を行う場合、施術部分をデザインするなどマーキングを行い目印を皮膚に書きます。どの部分から吸引の器具を入れて、どのくらい吸引したらいいか、どんな仕上がりになるのかという細かい部分まで計算して行います。

マーキングなどのデザインが終わったら、皮膚を切開する部分に麻酔注射を行い、数ミリ程度切開をします。脂肪吸引を行う部分に血管収縮剤や生理食塩水などを混合した液を注入して、脂肪吸引をしやすい状態にします。

器具を挿入する部分にプロテクターなどを装着して、皮膚への摩擦を減らす目的があります。ここまで準備が整ったら、脂肪吸引措置が始まります。所要時間は1時間前後が一般的です。必要な量を吸引が終わったら傷口の縫合や消毒が行われます。

全ての施術が終了したら、圧迫下着を着用して、皮膚の圧迫を行います。おおよそ1ヶ月程度は最低着用するようにしなければなりません。脂肪吸引する量やクリニックなどによって着用期間など異なる場合もありますが、大体1ヶ月程度は着用される方が多いです。

施術後は、数日間は痛みや腫れ、内出血などが起こる事があります。痛みが強い場合には、処方されている痛み止めなどで緩和させるようになります。手術後はじっとするよりもなるべく今までと同じように動くことを心がけてください。最初は引きつりや痛みなどで動きもぎこちない事がありますが、2週間ほどで今までと同じように日常生活なども動けるようになります。

傷口を必要以上に触ったりしないように心がけましょう。無理に触ったり、掻いたり、押したりすると副作用などが起こる事があるので注意が必要です。

1ヶ月程すると、効果を実感できるようになります。この施術後1ヶ月の間は、ある程度の期間が過ぎてから、マッサージなどのケアを怠らないようにしましょう。意外にマッサージケアをする事で痛みなども和らぐ事があります。理想の細さに仕上がるには3ヶ月ぐらいは見ておくといいですね。すぐに効果が実感できるわけではなく、徐々に綺麗なラインに仕上がってきます。

そして、ここで知っておいてもらいたいリスクをまとめました。

太ももの脂肪吸引を必要以上に吸引してしまうと、凸凹などができる事があり、歪な形になることがあります。そのため、両足のバランスやお尻とのバランスも考えて必要な量を吸引して行きます。

脂肪吸引した部分にたるみが出ることがあります。これは、施術後の圧迫矯正をしなかった場合に起こることがあります。たるみは経過とともに気にならなくなりますが、施術後の圧迫下着は必ず一定期間は着用するようにしましょう。術後のケアも怠ることで傷口が目立つこともあります。

これらの注意点も含めて、しっかりと検討してみましょう。

3-4. お腹の脂肪吸引の場合

お腹の部分も脂肪吸引では人気の部位になります。ただ、お腹の脂肪吸引で重要になってくるのがBMIです。この数値が30以上になると脂肪吸引を受けることができない可能性があります。その大きな理由としては施術中の呼吸管理や急変したりするリスクが考えられるからです。BMIが高い場合には、まずは減量をすることが最優先となります。また、病気などの治療目的で行われる場合には、脂肪吸引を行うこともありますが、基本的にはBMI値が高い場合には、断れるケースが多いです。

では、お腹の脂肪吸引はどのように行われるのでしょうか、また考えられるリスクはどのようなことがあるかをまとめてみました。

お腹は脂肪吸引をすると、1番効果を感じる部分になりますが、過剰に吸引すると歪になったりたるみなどが目立ちやすくなる部分でもあります。

まず、ペンを使ってデザインをして行きます。どこの部分から器具を挿入するか、どの程度の吸引量にするかなどを細かく決めて行きます。大まかなことは施術前に詳しいカンファレンスなどがありますが、施術当日までに体型に変化がある場合には変更されることもあります。

麻酔を行い痛みを感じないようにしていきます。傷口を見えにくい場所に作るようマーカーしていきます。例えば、お臍の部分など下着で隠れる場所に基本的は傷口を作ることが多いです。

血管収縮剤や生理食塩水などを混ぜたものを脂肪に注入していきます。そして、当初予定していた量を慎重に吸引していきます。お腹などは血管なども多くありますので、腹壁などを傷つけないように慎重に施術していきます。

吸引が完了したら、傷口を縫合して消毒を行なって完了になります。その後は、圧迫コルセットや下着などを一定期間着用するようになります。この下着を着用することでたるみや痛み、腫れなどの緩和を行うようになります。

手術後はダウンタイムという期間があります。この期間に痛み、腫れ、内出血などの小zぃようが見られますが、1週間前後で落ち着いてきます。腹部の場合は5日ほど仕事はお休みする必要があります。痛みが強い場合には、痛み止めなどで痛みを緩和させます。

施術後は、圧迫下着の装着だけでなく、マッサージやケアも必要となります。脂肪吸引した部分の皮膚が硬くなり引きつった感じがすることがありますが、1ヶ月ほどでおちついてきます。傷口もしばらくすると痒みなどが現れることがありますが、絶対に引っ掻いたり触ったりしないように注意しましょう。痒みが強い場合には、医師に相談するなど早めの処置をしてもらいましょう。

医師の技術が低い場合には、合併症などが起こったり、重大な事故に繋がる場合があります。医師の見極め方としては、強引に施術をさせようとするところは避けたほうがいいです。また、技術面やセンスのない医師は辞めておきましょう。必ずホームページなど多くの情報収集をすることで実績や症例数などを確認し、複数の医師のカウンセリングなどを行い話を聞いてみるのがいいですね。また、カウンセリングも医師ではなく、カウンセラーに多くの時間、面談を指すところは避けるべきです。患者の獲得だけを目的にしているのが理由ですね。

これらの内容を参考にして下さい。

4. たるみを抑える!おすすめの脂肪吸引方法

4-1. レーザースタイリング

脂肪吸引もいくつも種類があります。その1つにたるみを抑えられる脂肪吸引方法があります。その方法はレーザーで「レーザースタイリング」という方法です。

この方法は通常のダイエットなどでは効果が得られるのが難しい所に直接レーザーによって脂肪を溶かして行う方法です。レーザーで脂肪細胞の数を減らすことを目的として行われます。1回のレーザー治療で効果を感じることができます。

治療してから2〜3ヶ月ほどで見た目にも効果を感じることができます。レーザーで溶かした脂肪は老廃物として体外に排出されるようになります。レーザー治療後、汗や尿となって体外に排出される仕組みになります。

4-2. レーザースタイリングのメリット

多くの脂肪を溶解させる場合には、機械的に溶解した脂肪の排出を行う場合もあります。レーザー治療は、通常の脂肪吸引と違い、ダメージも少なく治療ができます。ダメージも少なく回復も早い点もメリットです。施術後、翌日から仕事もできる点も通常の脂肪吸引とは異なります。

数種類のレーザーを照射することで皮下脂肪を溶かすので、出血も少なく、術後も違和感が少ないです。レーザーを脂肪浅層に照射を行うことで、脂肪を溶かすと同時に引き締め効果も感じることができます。脂肪深層にレーザーを照射することで大量の脂肪を効率よく溶かすことで出血を抑えたり脂肪細胞数を大幅に減らすことができ、たるみを作ることなく脂肪吸引を行うことができます。

レーザーで大幅に脂肪細胞を減らすことができるため、リバウンドの可能性も非常に少ないのもレーザー治療の特徴です。レーザー治療を行うことで、繊維芽細胞が活発になりたるみなどの引き締め効果も得ることができます。他の脂肪吸引ではたるみが出やすかったりするところもレーザー治療することで解消することができます。

たるみを抑える!オススメの脂肪吸引は、レーザースタイリングです。

5. 脂肪吸引後にできてしまったたるみを解消する方法

ダイエットでもそうですが、脂肪吸引でも施術後に皮膚のたるみが気になる人は多いです。どうして、脂肪吸引後に皮膚がたるむかというと脂肪吸引することで今まで脂肪のあった部分が空洞になり、皮膚が余ることでたるんでしまいます。皮膚は伸縮する性質があります。

溶かした脂肪を吸引することで隙間が生まれますよね。そして皮膚が垂れることでたるみになります。たるみができやすい人には特徴があります。大量の脂肪吸引を行った人や高齢で脂肪吸引を行った方に多いです。

一度に大量の脂肪吸引を行うと皮膚が余り、皮膚が縮みきれなかったものが「たるみ」となります。皮膚は、新陳代謝により細胞もサイクルがあります。皮膚も呼吸をしているんですよ。その皮膚が細胞の修復作用や伸縮機能が遅いためにたるみができやすくなるのも理由です。

このたるみを解消するには、まず脂肪吸引後の圧迫する下着やストッキングなどの器具を着用することでたるみを解消することができます。また、マッサージなどのケアも怠らないことでたるみが解消します。脂肪吸引後の圧迫がたるみを解消するために重要なケアになります。皮膚までしっかり圧迫することで、綺麗なたるみのないラインを作ることができます。

脂肪吸引後の圧迫、マッサージなどのケア、この2つをしっかりすることでたるみは解消できるので、怠らずにやってみましょう。

5-1. 顔のたるみ

顔の部分にもたるみを感じることがあります。顔の脂肪吸引をすると、あご下から首にかけて目立つことがあります。顔の脂肪吸引をした後は、フェイスバンドをしばらく装着するようになります。たるみが目立つのが気になる場合には、切開などして手術を行ったり、レーザーなどで治療することでたるみを解消することができます。

たるみが気にならなくなるのは、6ヶ月ほどで落ち着いてきます。それ以降も気になるようでしたら、医師と相談をしてみましょう。

5-2. 太もものたるみ

太ももの部分にもたるみを感じることがあります。脂肪吸引を行った後に、脂肪の過剰吸引が原因で皮膚が余りたるみができます。太もものたるみを解決するには施術を行いますが、その場合は皮膚を切開してたるみを改善するのが一般的です。その為、傷口も目立ってしまいます。

そうならないために、手術後は圧迫する下着を1ヶ月から3ヶ月は着用するようにしましょう。また、圧迫下着の着用と同時にマッサージのケアを行うことでたるみを解消することができます。

脂肪吸引後のケアは、とても重要になります。ケアを怠ってしまうときれいなラインに仕上げることができません。しっかりとケアをし、圧迫下着を着用して一定期間過ごされることをオススメします。

5-3. お腹のたるみ

お腹の部分にもたるみを感じることがあります。脂肪吸引を行った場合、不要な脂肪を取り除いているので、その部分に空洞ができます。そこに皮膚があまるために「たるみ」として目立つようになります。

お腹のたるみを解消するには、いくつか方法があります。

まず、1つ目に脂肪吸引後のケアです。脂肪吸引後は皮膚を圧迫する矯正下着を着用することが大切です。1ヶ月から3ヶ月は着用する事で、脂肪吸引後の痛みを緩和したり、皮膚のたるみを防止したりする目的があります。皮膚をピッタリ圧迫することで、皮膚が綺麗に縮んでいきます。また、同時にマッサージケアも行うとより効果があります。

これらのケアを怠ると、余った皮膚がたるんで、脂肪吸引後の仕上がりが汚くなってしまうんです。

そして、2つ目にたるみの部分だけ切除する方法です。軽度のたるみやお臍の上下部分にたるみがある場合は、お臍の下を切開することでたるみを解消することができます。お臍の下の部分の切開などで傷も目立ちにくくなります。三段腹のようにたるみが大きい場合には、ヘソの上側と下側の皮膚を切除し、縫合することでたるみを取ることができます。

お腹のたるみの解消方法には、脂肪吸引後の圧迫下着の着用やたるんだ皮膚そのものを切除する2つの方法があります。

どちらの施術方法にするかは、状態にもよると思いますので、医師としっかり相談をしてみましょう。

6. まとめ

いかがでしたか?ここまで脂肪吸引をした時に起こりうる「たるみ」について詳しく書いてきました。

脂肪吸引後は、一定期間の圧迫器具を使用することで施術後の痛みだけでなくたるみや腫れなども抑えるために行う理由があります。理由もなくダウンタイムを過ごすわけではありません。脂肪吸引を行う場所によっては、施術後すぐに仕事復帰ができる場合もありますし、1週間ほどお休みをされた方がいい場合などもあります。

脂肪吸引を行う場合には、本当に信頼の置ける医師にお願いされることが1番ですし、複数の病院やクリニック、専門機関で話を聞くことも重要です。あまりにも脂肪吸引を強引に進めるところは避けた方がいいですね。

脂肪吸引を行うかどうかのポイントや施術後の注意点など是非、参考にしてもらえたらと思います。美しい理想の仕上がりを手に入れるためにも最後まで読んでもらいたいと思います。