顔の脂肪吸引は何cc取れば痩せる?最適な吸引量をご紹介!

顔の脂肪は他の部位の脂肪量と比べ少量です。例えば太ももでは2000~3000ccは一般的ですが、顔の場合は数10cc~多くても数100ccです。

脂肪吸引をまだ体験したことのない方にとって、

  • 顔の脂肪量はどれくらい吸引すると効果が得られるのか
  • 自分の顔の大きさや付いている脂肪量に適した吸引量はどのくらいなのか

と疑問に思うでしょう。

結果的に満足のいく小顔を手に入れるには、最適な脂肪吸引の量を知ることが重要です。

1. 顔の脂肪吸引は何ccとれば小顔になる?

顔の脂肪量は元々少ないため脂肪吸引で吸引できる量はわずかです。太ももやお腹など脂肪量が多い部位では普通の脂肪量の方では2000~3000cc、太っている方だと4000~5000ccまで吸引することも可能です。

顔の吸引量は数10ccから多くても数100ccが一般的と言われており、脂肪量の多い方、少ない方で個人差はありますが太ももやお腹などと比べて吸引量の違いが分かります。

顔は小さいパーツのため少しでも脂肪量を多く取り過ぎてしまったりすると顔の印象に大きく影響が出てくるので注意しなければなりません。一度にたくさん取るという方法では後々修正が効かないため止めておいた方がよいでしょう。

何ccとれば小顔になるかについて、まず施術前にしっかりと定義すべきなのは、小顔になれば不美人になっても良いのですか?という点です。

できれば小顔と美しさを両方手に入れたいのではないでしょうか。そうだとすれば小顔だけにこだわるのではなくデザインのことも同じくらい視野に入れるべきでしょう。

2. 小顔と脂肪吸引量(何cc)との関係

小顔になりたいと切望する方の中には「とりあえずたくさん取ってほしい」と思っている方も多いようです。確かに小顔は、どんなに自分でダイエットを頑張ってもなかなか痩せにくい部位でもあるため、それを手に入れている女性は羨望の的です。

顔の脂肪吸引の場合、「痩せた」と感じることも目的の1つですが、最も重要なのは「フェイスラインがきれいで自分の顔立ちが美人に見えること」ではないでしょうか。いくら顔立ちが整った方でも、痩せこけていれば美しいと感じにくいはずです。それよりも、その方の元々の顔を引き立てるデザインを施した方が美しいと感じるのではないでしょうか?

脂肪吸引量が同じ量だったAさんとBさんがいたとしましょう。しかしAさんは小顔になった、Bさんは小顔になっていないと、それぞれ実感したようです。顔に対して吸引できる最大の量である100ccであっても満足度に差が出ます。

何故このように仕上がりの満足度が脂肪吸引量だけでは計れないかと言うと、

  1. 元々付いている脂肪量が違う
  2. 自分が痩せたと思える理想の状態がAさんとBさんとで違っていた
  3. 吸引量はその方の最大の量を取ったがデザインが良くない

この3点が考えられます。従って、脂肪吸引の量だけで判断するのは適切ではないということです。

3. 顔の脂肪吸引のメリットと効果

それでは顔の脂肪吸引のメリットと効果を挙げてみましょう。

①ダイエットではなかなか得られない顔痩せができる

ダイエットは誰でもすぐに痩せられるとは限らず、その人の意志や、精神的な強さが関係します。仕事や家事が忙しい方は疲れていたり限られた時間の中でダイエットをされているので、挫折してしまうのも無理はありません。

脂肪吸引をすればダウンタイム症状があったりと最初は日常生活で不便を感じるかもしれませんが、適切に施術がなされれば必ず痩せることができるというメリットがあります。

また、一度吸引した脂肪細胞は増殖する可能性が極めて低いと言われています。

②二重顎の解消とスッキリとした輪郭を得られる(小顔効果)

二重顎はダイエットなどでも部分痩せは難しいでしょう。ご自身でマッサージなどを頑張っても効果を得るには時間がかかり、時間をかけたからと言って比例して贅肉が落ちる訳ではないやっかいなパーツです。 脂肪吸引によって顎下の部分痩せが期待できます。

上記の二重顎と関連しますが、顎下だけでなく頬についた脂肪もすっきりさせたるみを解消します。老けて見えるたるみや膨らみを解消できれば見る人に若々しい印象を与えることができるでしょう。

③長期間の効果が見込める

脂肪吸引では直接脂肪細胞を除去します。一度吸引してしまった脂肪細胞は一般的には再生することはほとんどないと言われていますので、急激に体重が増えなければリバウンドの心配はほとんどありません。

顔の脂肪吸引効果については、下の動画で美容整形外科ドクターが詳しく解説していますので、こちらも確認しておきましょう。

4. 顔の脂肪吸引のデメリット

上記が主なメリットですが、次にデメリットも挙げますので事前に確認しておきましょう。

①一度に取りすぎてしまうと元の形に戻すのは難しい

顔の脂肪吸引のリスクに挙げられるものとして、急激に痩せたように頬がこけて見える、変化が感じられない、などがあります。

脂肪吸引後は脂肪細胞の数が減っているので太りにくい状態です。そのため一度頬がこけてしまうと元に戻すのが難しくなります。手術の際には脂肪を取り過ぎないことが大事です。

できるだけたくさん脂肪を取ってほしいと希望する人も多いですが、希望通りに施術を行ってしまうとこのようなリスクがあります。

②吸引量が多過ぎて皮膚がたるみ二重顎が目立つ

①と同じく取り過ぎによるリスクですが、脂肪吸引によって皮膚がたるむことがあります。たるむだけでなく二重顎が余計に目立つ方もいるようです。

二重顎になってしまうと自然に元に戻すのは難しくアフターケアが必要になりますので、後悔しないように医師に相談してください。

③効果が感じられない

このケースに当てはまる場合は、顔の脂肪の量に対して吸引量が足りなかったか、元々脂肪が余り付いていなかった(脂肪吸引に適正が無かった)ということが考えられます。

5. 顔の脂肪吸引注射とは

植物から抽出した成分を使用した脂肪を溶解する注射です。脂肪分解、肌の引き締め、リンパ循環の3つの作用があり、血流やリンパの流れを改善しながら、溶かした脂肪と体に溜まった老廃物排出を促します。

5-1. 脂肪吸引注射のメリット

脂肪吸引注射には下記のようなメリットがあります。

①体への負担が軽い

注射の場合は体への負担が軽いために手術当日からでも通常通りの日常生活を送ることができます。

②脂肪吸引注射とバレない

人から脂肪吸引の注射をしたと分かることが無いのも利点です。自然な形で脂肪を除去できますので手軽に治療ができます。

③硬縮がない

通常の脂肪吸引では硬縮症状と呼ばれる肌がゴツゴツし凹凸ができる症状が出ますが、この注射の場合はその症状がありません。

④健康被害のリスクが非常に低い

脂肪吸引では死亡事故がごく稀に発生しますが、溶解注射では今までの所ありません。アレルギーや皮膚壊死のケースは報告されていますが、他の重篤な副作用の報告がありません。

総合的に見て通常の脂肪吸引と比べ、身体的、精神的、時間的、経済的負担が軽い治療です。

5-2. 脂肪吸引と脂肪吸引注射の違い

脂肪吸引と脂肪吸引注射の違いを見てみましょう。

・脂肪吸引

メスで切開した穴から管を入れ、そこから脂肪を直接吸引します。物理的に吸引した脂肪の分に比例して確実に痩せることができます。(効果のあるなしの個人的意見をここでは含みません。)

・脂肪溶解注射(メソセラピー)

一方、脂肪溶解注射はメスを使用しない施術で薬を体内に入れる化学療法です。脂肪組織に薬を注射し、脂肪を溶かしていきます。

5-3. 何ccで顔が痩せる?

上記でも触れたように、何cc吸引すれば痩せるというのは個人差があります。ですが、痩せている方で数10cc、肉付きのかなり良い方で100cc程とイメージしていただければと思います。

※この吸引量はデザインとは関係なく「痩せた」と感じる量のことです。

6. 脂肪吸引注射の注意点

これは通常の脂肪吸引の手術でも脂肪吸引注射にも同じように言えることですが、特に顔の脂肪吸引することは狭い面積に対して大きな変化を与えるものです。それにより輪郭が少しでも変われば他人から「整形したの?」と言われるかもしれません。

顔の脂肪吸引はただ痩せるという意味だけでなく顔の輪郭を変えてしまいやすい、他人からのイメージが変わってしまう可能性があります。

そのため、ただ脂肪を取ることに焦点を当てていては、顔の印象が変わってしまって後悔したり、自分では気に入って入るけれども脂肪吸引したとバレるのではないかという心配と隣り合わせになりがちです。このように失敗するリスクもあると考えておきましょう。顔が大きいと悩んでいる方にとって、ただ痩せればいいというのが真先に来るかもしれませんが、今一度一歩踏みとどまることが重要です。

もし痩せることだけを考えて脂肪を取り過ぎてしまうと、修正の手術をしたとしても元の顔に戻れる可能性は100%ではないということを頭の隅に入れておきましょう。顔はわずかな脂肪の減少でも印象が大きく変わります。他の身体の部位では脂肪の量が多いため未熟な技術者の施術でも被害は分かりにくかったのですが、顔の場合はそうはいきません。

美容整形の施術を検討する際全般的に当てはまることですが、脂肪溶解注射についても気をつけることとしては医師の選び方が挙げられるでしょう。

脂肪溶解注射が流行となっている背景として、身体の負担、時間、予算などの面で手軽になってきたことが挙げられます。それまでの溶解注射は顔に打つと酷く腫れる施術でした。ダウンタイム症状が軽減される現在の脂肪溶解注射は、腫れが出ないという点が大きく改善されました。また、1回の注射だけでもわずかな変化が得られ、それを繰り返すことで効果が感じられる方法だと認識されるようになりました。

そのため多くの美容クリニックの医師が導入し始めています。このような状況で、これまであまり顔の脂肪吸引に実績が無い医師も簡単にサービスとして取り入れられるようになりました。簡単に小顔が得られるという広告や宣伝により一気に需要が高まっていますが、デザインを含めて対応できる医師が非常に不足している状態です。

確かに脂肪溶解注射はお手軽な施術ですが、そのような経験の少ない医師の注射の方法によって、左右のバランスがおかしい、余計たるんで見える、痩せこけて見える、などの被害件数も多く見受けられるようです。

そのためクリニックを選ぶ際はお顔のデザインまできちんと対応してくれるようなクリニックを選びましょう。気軽に受けられると言って軽い気持ちで受けないようにご自身の悩みや要望を話しながら信頼できる医師を見つけることが重要です。

7. 1日脂肪取り®️顔痩せの口コミ

1日脂肪取り®️顔痩せをご存知ですか?1日脂肪取り®は脂肪溶解注射で、抗炎症、コレステロール減少作用でダウンタイムがほとんどありません。血液の流れを良くしながら脂肪や老廃物排出を促進します。

この方法は、以下のような方におすすめです。

  • 顔の脂肪が気になりすぐに小顔にしたい方
  • 通常の脂肪吸引は痛いので抵抗のある方
  • 忙しく仕事が休めないため翌日腫れないようにしたい方

では、1日脂肪取り®の効果を感じるためには実際にどのくらいの量をどのくらいの頻度で打つのが一般的なのでしょうか。個人差があるため一概には言えませんが、理想の状態、予算などの希望によって調整が可能です。

基本的に一度の施術で3回に分けて注射し、1度に1回の施術で3回に分けて注入します。一度に10cc注入すると多くの方が効果を感じているというデータがあるようです。

それでは実際にこの施術を受けた方の口コミを見て見ましょう。

旦那に内緒で40ccを入れました。 痛みは少しありましたが、我慢できないほどの痛みはなかったです。痛みはその日のうちにほぼ治まり、帰宅しても夫は全く気付かれませんでした。腫れや赤みもほぼ出現しませんでした。当日なのに、鏡を見て顎のラインが少し痩せていることにびっくりしました。

初めて体験しましたが、本当にあっという間に終わりました。注射して終わるまで5分程度で、トータル1時間もクリニックにいませんでした。ダウンタイム症状がほぼなく、時間が短縮できることが大きなメリットと感じました。また是非やりたいと思います

以前脂肪吸引も溶解注射も体験した者です。どちらも結局痛かったしダウンタイム症状が酷く腫れました。しかし、この施術では麻酔は使用したものの痛みもなく、翌朝には注射の跡も分からないほどでした。数日経つと職場で「痩せましたか?」と言われ嬉しかったです。

1日脂肪取り®️顔痩せはダウンタイムが非常に少なく効果に即効性があることが大きな長所です。顔の脂肪吸引を考えている方にとってこの方法は最も安心して試せる施術と言えるのではないでしょうか。

ダウンタイム症状が少ない、すぐに効果が出ると上記でお伝えしましたが、リスクが少ない施術であるからと言って油断せずに、信頼できる医師を見つけるようにしてくださいね。

8. まとめ

顔の脂肪吸引において、何cc取れたから良かったという満足感は、それが結果的にデザイン的にきれいだったからです。たくさん取れて痩せて見えても美しい仕上がりでなければ勿体無いと思いませんか?ただ痩せれば満足なのか、デザインありきの痩せが良いのか、自分で軸をはっきりとさせておきましょう。

顔の脂肪吸引、脂肪溶解注射などのメリット・デメリットはイメージできたでしょうか。顔の印象は第一印象のほとんどを占めるほど重要な部分ですので慎重な姿勢を持って施術に挑みましょう。

顔が丸い、脂肪が付いてパンパンになっている、脂肪のたるみで二重顎になっているなど自分の顔に自信の持てない女性は多くいらっしゃるかもしれませんが、自信を持っていない自分がいるということをまず認識しましょう。そうすれば不誠実、不親切なクリニックの対応を見抜くことができるでしょう。

クリニックの医師には営利目的で弱みに付け込む医師もいますし、「脂肪溶解注射は安いし気軽にできるのでまずやってみますか?」と簡単に勧められる可能性の高いサービスです。

安い価格で気軽に受けられる施術ではありますが、もし失敗したら修正するのにはそれの何倍も費用がかかり大事な顔に無駄に負担をかけてしまうというリスクまで考えておきましょう。

気軽に受けられる施術だからこそ慎重に医師やクリニックを選び、自分の理想の小顔を手に入れていきましょう。