豊胸は秘密にしたい…CT検査でバレる手術とバレない手術とは?

豊胸は秘密にしたい…CT検査でバレる手術とバレない手術とは?

人にはなかなか相談できませんが、実は、小さいバストに悩んでいる女性は少なくありません。その悩みから、豊胸手術を検討している方も多数いらっしゃることでしょう。

しかし、やはり不安なのは、「豊胸手術を受けたことが他人にバレてしまわないか」ということ。

豊胸手術は、以前と比べて精度も上がり、見た目にはほとんどわからない状態になっています。とはいえ、手術の種類によってはさわり心地に違和感が出てしまうという意見もあります。

さわり心地だけであれば、日常生活でバレることはほとんどないかもしれませんが、特に神経質になるのは「病院での検査」のときではないでしょうか。

CTや他の検査のときバレてしまうのではないか、また、それだけであればまだしも、豊胸手術を受けたことで検査が受けられなくなってしまうのではないかと心配な方も多いかと思います。ご自身の健康に関わることでもありますので、慎重に検討したいところですよね。

この記事では、CTやその他の病院での検査で豊胸手術がバレてしまう可能性はあるのかどうか、また、豊胸手術によって受けられなくなってしまう検査はあるのかどうかを詳しくご説明していきます。

1. 豊胸後にCT検査を受けても大丈夫?バレるって本当?

CT検査は、X線を用いて体を「輪切り」に撮影し、より精密な検査ができる方法で、人間ドックではおなじみの検査です。骨や異物が白い影として写るようになっていますが、豊胸手術を受けた後、CT検査を受けても大丈夫なのでしょうか。また、CT検査によってバレる豊胸術・バレない豊胸術についても触れていきたいと思います。

1-1. 豊胸後にCT検査は受けられる?

豊胸手術にもさまざまな種類があり、代表的なものは「ヒアルロン酸注入法」、「人工乳腺法(シリコンバック豊胸)」、「脂肪注入法」の3つです。CT検査は、これらの豊胸手術をしても問題なく受けることができます。

ただし、場合によってはCTに白い影として写りこんでしまうこともあり、豊胸手術をしたことがバレてしまう可能性もあります。と言っても、豊胸手術を受けたことは検査をした医師や病院関係の方に知られるだけで、会社に知らされることはありません。豊胸手術を受けた方は、バレるのを嫌がって検査を受けたがらない方も多いですが、それによって重大な病気の発見が遅れてしまう危険性もあります。

検査を受けても会社など周囲の人にバレることはありませんので、安心して検査を受けるようにしてください。

1-2. CTでバレる豊胸術

人工乳腺法で入れるシリコンバックは、体にとっては「異物」です。そのため、CT検査では、人工乳腺法での豊胸手術は必ずバレてしまいます。近年では、CTやレントゲンにも写りにくいシリコンバックが使われていることも多いそうですが、「完全に写らない」ということはありませんので、豊胸手術がバレない可能性はほぼゼロに等しいと言えます。

次の項目、「1-3. CTでもバレない豊胸術」でもお伝えしますが、人工乳腺法以外の豊胸術、「ヒアルロン酸注入」、「脂肪注入」は、CTではバレにくいと言われていますが、手術の経過や状態によっては写りこんでしまうこともあり、バレてしまう可能性もあります。

1-3. CTでもバレない豊胸術

前の項目でも簡単に触れましたが、「ヒアルロン酸注入」、「脂肪注入」による豊胸手術は、CTでは比較的バレにくいと言われています。ただし、上述の通り、手術後の状態によってはCTに写り込み、バレてしまう可能性もあります。

ヒアルロン酸注入では、手術の効果の持続期間は1~2年と言われています。注入したヒアルロン酸は時間が経つにつれて体に吸収され、なくなっていきます。しかし、このときうまく体に吸収されずに残ったヒアルロン酸はしこりとなって残ることがあります。また、ヒアルロン酸も体にとっては「異物」ですので、悪影響が及ばないようにまわりに幕をはって体を守ろうと作用します。この場合も、しこりとなって残りやすくなり、それがCTに写り込むこともあります。

脂肪注入では、自分の脂肪を使うために異物反応は起こりにくいとされていますが、定着・吸収されずに残ったものがしこりとなる場合があります。このときにもCTには白い影となって写ることもあります。

2. 豊胸後の病院検査や健康診断で豊胸がバレる可能性は?

CTの他にも、「豊胸手術がバレるかも・・・」と不安になる検査はいくつか思い当たることと思います。CTと同じくバレない豊胸術ももちろんありますが、手術の種類によってはバレてしまうものもあります。この項目では、健康診断や病院の検査で豊胸手術がバレてしまう可能性のある検査について触れていきます。

2-1. MRI検査

CT検査がX線を用いるのに対し、MRI検査では磁石と電波の力で体の断面や血管の様子を撮影します。CT検査と同じく、体内の異物を撮影するため、人工乳腺法で豊胸手術を受けた方は、シリコンバックが写り、バレてしまう可能性があります。

ヒアルロン酸注入、脂肪注入で豊胸手術を受けた場合は、MRI検査で写り込む可能性は比較的低いといわれています。しかし、ヒアルロン酸や脂肪が体にうまく吸収されず、しこりとなって残ってしまっている場合はMRI検査でも写りこんでしまう可能性があります。

2-2. X線(レントゲン)検査

胸部のレントゲンを撮る場合、目的には2パターンあり、それぞれで撮影する箇所が微妙に違います。「肺」の状態を見るためにレントゲンを撮る場合は豊胸手術がバレることはありませんが、「骨」の状態を見る場合には、豊胸手術がバレてしまう可能性があります。

ただし、豊胸手術の種類が「ヒアルロン酸注入」、または「脂肪注入」である場合はレントゲンでバレることはありません。レントゲンに写りこんでしまうのは、「人工乳腺法(シリコンバック豊胸)」の場合のみです。骨の状態を撮影したとき、シリコンバックが白い影となって写ってしまいます。

2-3. 乳がん検査

次の項目、「3. 豊胸後に受けることができない病院検査や健康診断は?」でも詳しくご説明しますが、人工乳腺法で豊胸手術を受けた方は、乳がん検査の一部を受けることができない場合が多いです。豊胸手術を受けたかどうかは見た目で判断することができませんので、この場合は「バレる・バレない」以前に、「自己申告」によって検査を控える必要があると言えます。

3. 豊胸後に受けることができない病院検査や健康診断は?

豊胸手術を受けた後、病院の検査や健康診断を受けられなくなるのではないかと不安に感じる方も多いかもしれません。しかし、ほとんどの検査は豊胸手術後でも受けることができますので安心してください。

ただし、中には豊胸手術を受けていると受けられない検査もあります。また、豊胸手術によって検査結果に影響が出る可能性があると言われているものもあります。そういった検査を受ける場合は、予め医師から説明があるはずですが、不安な場合は検査の前に自分から申告するようにしましょう。

以下の項目では、豊胸手術を受けていると断られる可能性のある検査、「マンモグラフィー」についてご説明しています。

3-1. 乳がん検査「マンモグラフィー」

人工乳腺法で豊胸手術を受けた方は、乳がん検査の1つである「マンモグラフィー」を受けることができません。マンモグラフィーの検査では、プラスチックの板を胸に当てて圧迫し、胸を平らな状態にしてレントゲンを撮影します。このときにシリコンバックが破損してしまう危険性があるため、人工乳腺法を受けた方は、マンモグラフィーの検査を受けることができないのです。

破損の心配のないシリコンバックを使った豊胸手術もありますので、「人工乳腺法=乳がん検査が受けられない」というわけではありません。乳がん検査が可能かどうかは、手術を受けたクリニックや医師に確認するようにしましょう。

また、ヒアルロン酸注入や脂肪注入法で豊胸手術を受け、しこりができてしまっている場合、がんと誤診されてしまう可能性がゼロではありません。特にヒアルロン酸注入は乳がん検査に影響が出やすいといわれており、ヒアルロン酸注入による豊胸手術を禁止している国もあるそうです。

4. まとめ

豊胸手術をしたことが、CT検査をはじめ病院での他の検査や健康診断でバレてしまうのか、またそもそも検査を受けることができるのかについて詳しくご紹介しました。

現在もっとも主流な方法とされている、シリコンバックを使った「人工乳腺法」は体の中に「異物」を入れる手術です。そのため、ほとんどの検査で豊胸手術をしていることがバレてしまう可能性が高いです。また、乳がん検査の1つ、「マンモグラフィー」は、プラスチックの板で体を圧迫して撮影するという特性上、人工乳腺法で豊胸手術を受けた方は検査を断られてしまうこともあります。

近年では、破損のおそれの少ないシリコンバックを使っている場合も多いこともあり、病院によっては問題なく検査を受けられる場合もありますが、心配なときは必ず検査の前に医師に申し出るようにしましょう。

「ヒアルロン酸注入」、「脂肪注入」での豊胸手術は、CTや乳がん検査を含めて全ての検査を受けることができ、また、検査で豊胸手術をしたことがバレる可能性も低いという特徴があります。

ただし、ヒアルロン酸や脂肪がうまく体に吸収されずにしこりとして残ってしまった場合、検査で豊胸手術がバレてしまう可能性もあります。「どの豊胸手術を受けても100%バレないとは言い切れない」ということがお分かりいただけたかと思います。

豊胸手術を受けた方は、バレるのを嫌がって病院での検査を避けがちであることが多いです。しかし、会社の健康診断などで検査を受けても、会社やまわりの人に豊胸手術を受けたことが知らされることはありません。検査が遅れると重大な病気の発見が遅れてしまう可能性もありますので、敬遠せずに安心して検査を受けるようにしてください。

コンデンスリッチ豊胸モニター募集
コンデンスリッチ豊胸モニター募集