もしかして俺って女性化乳房?原因を徹底解説

女性化乳房とは?原因を徹底解説

女性のバストの悩みはよく聞きますが、その悩みは女性に限ったことではありません。
実は、男性もバストの大きさに悩んでいる方は多いです。

男性がバストについて悩みを持っているなんて、あまり想像できないかもしれません。
それが「女性化乳房」という症状です。

ここでは、「もしかしたら自分は女性化乳房かもしれない」と悩みをお持ちの男性のみなさんのために、女性化乳房について、女性化乳房の種類、原因、施術を受ける際の相場、施術・術後について詳しくまとめています。
ぜひ、参考にしてください。

1.そもそも女性化乳房とは?

男性の乳房の片側、もしくは両側が女性の乳房のように大きくなることを言います。

衣服が擦れて痛みや不快感を感じたり、薄着や水着になれないなど日常生活を送るうえで著しくQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を低下させます。

2.女性化乳房の種類

女性化乳房には大きく分けて3種類あります。その違いは一体どんなものかを見ていきましょう。

2-1.真性女性化乳房

女性ホルモンの影響や、思春期や更年期のホルモンバランスの崩れ、肝機能の低下や、服用している薬の副作用などにより、女性ホルモンが増加し、乳腺が発達し、乳房が大きくなってしまった状態のことを言います。

2-2.偽性女性化乳房

現在は痩せていても、過去に太っていたことがあるなど、身体の脂肪がそのまま胸に定着してしまった状態のことを言います。偽性女性化乳房は、自然と完治するケースが多いです。

2-3.混合性女性乳房

真性女性乳房と偽性女性乳房のどちらも併せ持った方のことです。

3.女性化乳房になる原因

女性化乳房になる原因は上記でも少し触れた通り、ホルモンバランスが関係していたり、常用している薬の副作用などがありました。

それらについて詳しく見ていきましょう。

3-1.ホルモンバランスの崩れ

ホルモンバランスの崩れと聞くと、ぴんとこない男性が多いと思いますが、男性にも女性と同様、体内に女性ホルモンを持っています。

その女性ホルモンがバランスを崩し、エストロゲンというホルモンが過剰に分泌されることで女性化乳房を引き起こすことがあります。

3-2.服用している薬の副作用

普段から服用している薬の副作用で女性化乳房を引き起こしてしまうこともあります。

どういった種類の薬が女性化乳房の原因になるのかは以下の通りです。

  • 利尿剤
  • 血管拡張剤
  • 降圧剤
  • 消化性潰瘍用剤
  • 向精神薬
  • 性腺ステロイド薬
  • その他エストロゲンを誘発させる成分が配合されているもの

上記にある薬を長年に渡って服用されている方は定期的に血液検査を行うことをおすすめします。

3-3.体重の増加によるもの

体重が増えると、必然的に身体全体に脂肪がつきます。

仮にそのあと痩せたとしても、胸についた脂肪がそのまま定着してしまって、女性化乳房になってしまうことがあります。

痛みも触り心地も異常は全くなく、単純に脂肪の蓄積によるものです。

4.女性化乳房になりやすい年齢

女性化乳房になりやすい年齢はあるのでしょうか。

たとえば、上記にあるように肥満による女性化乳房なら思春期のころについつい食べ過ぎてしまったから、という経験は誰しもお持ちなのではないでしょうか。

ここでは、女性化乳房になりやすい年齢を挙げていきます。

4-1.乳児期・思春期

乳児期や思春期にできるものは、ホルモン作用による生理的なものなので、放置しておいても数か月~数年で消滅してしまうことがほとんどのため、心配はいりません。

4-2.成人後:50~70代

問題なのは、成人してから女性化乳房になった方です。
発生頻度は3000人に1人ほどです。

原因は女性ホルモンによるものです。男性は、男性ホルモン、女性ホルモン両方とも分泌されています。

歳をとると男性ホルモンの分泌が低下し、女性ホルモンが優位になります。

そういったホルモンバランスの乱れから、女性化乳房が発症してしまうのです。

女性化乳房は一般的に身体にとって無害なことがほとんどですが、中には病的な女性化乳房もあります。

それは以下の病気によって引き起こされるものです。

  • 乳がん
  • 脳下垂体、副腎甲状腺、睾丸の腫瘍
  • 他臓器のがん
  • 栄養失調、糖尿病

女性化乳房を病的なものではないと証明するためには、女性化乳房を引き起こす常用薬の有無、頭部・腹部のX線写真、肝機能、尿検査、ホルモン検査などを行わなければいけません。

5.女性化乳房施術は保険適応なの?

数は少ないですが、保険適応で手術を行っている病院はあります。
しかし、この場合は真性女性化乳房の方のみです。偽性女性化乳房の方は対象外となります。

また、保険適応の病院で手術をお考えの方は、術後の仕上がりを過度に期待はしない方がいいでしょう。

美容外科での施術と違い保険適応の病院で行う手術というのは、あくまでも身体にとって有害なものを除去するという考えの元で行っているため、もしも術後に大きく傷跡が残ってしまったとしても、身体に異常がない限り責任をとってはくれません。

そういったことも視野に入れて、保険適応の病院にするのか、術後の仕上がりにまでこだわったクリニックを選ぶかをよく考えてみましょう。

6.女性化乳房施術の費用の相場

女性化乳房を改善したいと思ったときに、一番最初に気になるのは費用の面ではないでしょうか。

ここでは、女性化乳房施術を行っているクリニック6院の平均を出しています。

尚、大学病院などの保険適応で施術を受けたい方は、人によって胸の大きさや状態も違うため、直接診察してもらうことでしか、費用を確認できません。

偽性女性化乳房 真性女性化乳房 混合性女性化乳房
350,000~570,000円 400,000~746,000円 800,000~1,060,000円

平均すると以上のような結果になりました。

金額に開きがあるのは、ドクターの技術やアフターケアがしっかりしているのかの違いです。

女性化乳房施術はとても難しい施術のため、一般的な美容外科特有の施術と違い取り扱っているクリニックが非常に少ないです。

それだけ技術を持ったドクターでないと、施術を行うことができない証拠です。

そのなかでも、自分に合ったクリニックを見つけるために大切なことは、情報収集をしっかり行うことと、気になったクリニックでカウンセリングを徹底的に受けることです。

7.こんな方は女性化乳房施術がおすすめ

男性なら胸のふくらみは気になるものです。

特にどんな方に女性化乳房施術は適しているのでしょうか。

7-1.肥満と共に胸が大きくなってきた

太ってしまったのは自己責任ですが、それでも胸が目立ってしまうのを、恥ずかしいと思う方は非常に多いです。

この場合、ダイエットをして脂肪を減らすという方法もありますが、時間と労力がかかりますし、万が一ダイエットに成功しても胸の脂肪だけ残ってしまう可能性もあります。

努力してダイエットをしてもコンプレックスが残ってしまうのは、精神面でもいいとは言えません。

毎日をよりよく過ごすためにも、思い切って施術を受けるという考え方もあります。

7-2.Tシャツや水着を着るのをためらいたくない

薄着の季節になると、胸が目立つことでTシャツあるいは水着を着ることをためらってしまうという方がいます。

暖かい季節になると寒い季節に比べて、どうしても身体のラインが出やすい服を着ることになります。

そうした時に胸が出ていると、Tシャツの上からでもそのラインは目立ってしまいます。

自分の好きな服を着れるようになりたいという願望は、それだけ自分に自信をつけたいという表れです。自分に自信をつけて自分を好きになることが、施術を受ける本来の目的であるといえます。

7-3.思春期から大きくなり始めた

思春期のころから、胸が大きくなり始めたという方は、おそらく偽性女性乳房である可能性が高いです。

思春期のころに大きくなった胸は、通常だと半年~2年の間に脂肪は消失し元に戻り
ます。

しかし、思春期のころに大きくなり、成人しても完治せずに胸が目立つという場合は、自分で改善することは難しいです。

そして貴重な思春期をその悩みを抱えながら過ごしてきたからこそ、いま自分の中にあるコンプレックスを解消して、前向きに生きるチャンスです。

7-4. 肥満解消の前に胸だけ小さくしたい

肥満解消のためにダイエットを頑張っても、体重というのはそう簡単には落ちるものではありません。

そして、肥満解消のために努力している方というのは自分の外見も気にされることが多いのではないでしょうか。

そういった時にダイエットは継続するけれど、胸だけは早く小さくしておきたいという願望がある方もいます。

そういった方にこの施術はおすすめです。

8.施術の詳細説明

ここでは、実際に施術を受ける際の流れをご説明します。あくまでも一例になりますが、ご自身が施術を受ける際の参考にしてください。

8-1.施術部位の写真撮影

術前の状態をカルテ用に写真を撮って保存します。

美容外科は「美容」を目的としたものなので、一般的な外科とは違います。

術前の写真を撮ることで、ビフォーアフターの違いを明確に分かってもらえれば、患者様にも仕上がりを満足してもらうことができます。

8-2.術前の検査

事前検査の内容は、血液検査、レントゲン、血圧、脈拍などになります。施術当日の体調に関わる問診もあります。

また、施術開始時間などにより、条件によっては、術前の食事や服用している薬を控えなければいけません。

8-3.真性女性化乳房の場合

真性女性化乳房には乳腺脂肪切除法を行います。傷跡が目立ちにくい乳輪に沿って3cm程度切開して、肥大した乳腺や周囲の脂肪を切除します。

デスクワーク程度の仕事なら翌日から職場復帰が可能です。

8-4.偽性女性化乳房の場合

「偽性女性化乳房」の場合は脂肪を吸引して、男らしい胸板をつくります。
こちらも真性女性化乳房と同様、デスクワークなどの仕事なら翌日から復帰できます。

8-5.施術後

看護師が施術後の生活の注意やご自宅でのケア方法、処方薬の説明をします。

8-6.帰宅

入院の必要はありません。
経過観察のために次の来院日を決め、帰宅して大丈夫です。

9.術後の詳細説明

施術の流れがわかったところで、次はどのくらいの期間で痛みや内出血が収まり、いつ頃になれば綺麗な仕上がりになるのか、ということを見ていきます。

9-1.術後2~3日後

術後2~3日間は出血を防ぐため、安静にすることが大切です。
痛みについては筋肉痛程度の鈍痛がありますが、内服薬でコントロールできます。
3日目からシャワーが可能になります。

9-2.一週間後

内出血はまだ消えませんが、むくみもなくなってきて胸のふくらみが改善されていることが目に見えて分かります。

9-3.二週間後

術後二週間経つと、内出血は完全に消失します。

この段階ではまだ拘縮は残っていますが、むくみはなくなります。

9-4.一か月後

一か月後は皮膚がまだ収縮されず、拘縮の期間です。ここから拘縮が収まるにつれて皮膚はどんどん収縮されていき、たるみもどんどん改善されていきます。

9-5.三か月後

三か月経つと、皮膚のツッパリ感は多少残るものの、見た目は内出血も皮膚のたるみもなく、胸は完全に改善された状態になります。
皮膚のツッパリ感は時間の経過と共に必ず改善されていくので安心してください。

10.女性化乳房のおすすめのクリニック

女性化乳房の施術はドクターの技術と経験が大切になってきます。
ここでは、女性化乳房施術を行なっているクリニックを厳選してご紹介します。

10-1.Mods Clinic

最先端の技術と設備を提供し、患者様とドクターとの「信頼」を大切にしているクリニックです。
カウンセリングを徹底し、患者様の希望を擦り合わせながら理想通りのボディラインを形成してくれます。

住所:東京都中央区銀座3-9-6 VORT銀座maximビル8階
公式HP:https://www.mods-clinic.com/
診療時間:10:00~19:00
料金:
偽性女性化乳房 456,000円
真性女性化乳房 746,000円
混合性女性化乳房(脂肪吸引法+乳腺切除) 1,060,000円

10-2.ティーズクリニック

迅速に最先端の情報を提供することに力を入れており、患者様にきちんとした情報を提供することを大切にしているクリニックです。
保険診療・自由診療問わずしっかりとしたカウンセリングを行っています。

住所:〒130-0022 東京都墨田区江東橋4丁目26−9 VORT錦糸町駅前 4F
公式HP:https://teesclinic.com/
診療時間:平日 10:00~19:00 土曜10:00~18:00
料金:250,000~550,000円

10-3.大船T’s形成クリニック

QOLの改善を目的とした美容クリニックです。
包み隠さず、メリット・デメリットを伝えることを大切にしています。生活の質を改善を目的としたクリニックです。

住所:〒247-0056 神奈川県鎌倉市大船1-25-4 ヴィレッジビルディング2F
公式HP:https://ts-cl.com/
診療時間:9:00~17:00
軽度女性化乳房修正(両側)216,000円
中等度女性化乳房修正(両側)432,000円

11.まとめ

女性化乳房の原因を中心に、原因や費用の相場、施術と術後の流れまで詳しく説明しました。

女性化乳房の施術はとても難しい施術のため、施術を行なっているクリニックは多くありません。

それだけ、ドクターの技術と経験が必要な施術になります。

女性化乳房だけに限らず、美容外科で施術を受ける際は、自分に合った信頼できるドクターを選ぶことが重要です。

そのためには、できる限り情報を集めて実際にクリニックに向かい、しっかりとカウンセリングを受けましょう。

たくさんの情報を集めて知識を蓄え、ご自身が満足のいく施術を受けましょう。

ベイザー脂肪吸引モニター募集
ベイザー脂肪吸引モニター募集