脂肪吸引すれば太らない?!知らないと危険な事実とは?

インターネットや広告で、脂肪吸引をしたら「リバウンドしません」と謳っているものを見たことがないですか?確かに体内の脂肪を吸引すると脂肪の量が減るので、当然体重も減りますよね。しかし、リバウンドしないのは何故なんでしょう。一時的に脂肪が減っても半永久的に続くのでしょうか。「リバウンドしない」にはある細胞が大きく関係しています。その理由についてお伝えしていきたいと思います。

1. 脂肪吸引をすれば太らないって本当?

脂肪吸引をしても「太らない」というのは本当なのでしょうか。多くの広告などで脂肪吸引すると「リバウンドしない」と目にしますが、必ずしも太らないとは限りません。

脂肪吸引を行なったとして、その後の生活態度でリバウンドすることもあります。絶対に太らないというわけではありません。

脂肪吸引を行うと、太る元となる脂肪細胞の数を減らすのが目的なので、痩せますし太りにくくはなります。逆にダイエットの場合は、脂肪細胞の数を減らすわけでないので、リバウンドもしやすくなるんですね。なので、大きな違いは「脂肪細胞の数を減らすかどうか」という事です。

但し、脂肪吸引後の生活習慣や生活態度でリバウンドする事もあり得ます。過剰なカロリーを摂取したり、脂の多いものを中心の食事や過剰なアルコール摂取などを行なっていると残っている脂肪細胞が成長をしてしまい、太ってしまうんです。

脂肪吸引も決して安い値段でできるわけではありませんよね。なのに、生活習慣が乱れる事でせっかく痩せていたと感じることができたのに勿体無くないですか。脂肪吸引後の食生活などには十分に注意が必要です。

部分的に太ってしまうのではなく、全体に脂肪がついてしまうので脂肪吸引を行なってないところが太って見えたりします。暴飲暴食や過剰な飲酒など不摂生をすることでリバウンドを起こしてしまうので、是非太らない生活を心がけるようにして下さいね。

リバウンドをしやすい人には特徴があります。まず、食生活においてカロリーの過剰摂取を続けている方、適度な運動をする習慣のない方、筋肉量が少ない方などがリバウンドを起こしやすくなります。

1つ目のカロリーの過剰摂取をしている方は、食生活を見直さない限り太ってしまいます。脂肪吸引をしてもカロリーが過剰に摂取されると身体に脂肪が蓄積されるので、リバウンドを起こしてしまいます。

食事をする時には、バランスのいい食事を心がけ、よく噛むことです。しっかり噛む事で脳が刺激され、満腹中枢が指令を出してくれます。それを噛まずに食事をしたり、間食をしたりする習慣があるとリバウンドをしてしまいます。食事も野菜中心の「和」の食事をできるだけ意識して全体的にバランスの良い食事を心がける必要があります。

2つ目の適度な運動をする習慣のない方は、何かを摂取するたびにカロリーオーバーとなりやすくなります。今まで身体を動かす習慣のない方でも、ウォーキングをしたり、身体を動かすことを日常生活に取り入れるようにしてみましょう。習慣化させることで基礎代謝も上がってきます。運動不足になると基礎代謝が低くなるので、カロリーが燃焼されにくくなります。

運動はこれでないとダメというものはありません。自分で長く続けられるような運動を見つけるのも1つですね。ジョギング、ウォーキング、水泳など何でもいいと思いますよ。少しでも日常生活の中に身体を動かす事を取り入れて見ましょう。今までリバウンドしやすかった方はどの理由が原因だったのでしょうか。

適度な運動を習慣化させる事で、脂肪吸引後の体型を維持させやすくなります。今までにリバウンドの経験をされた方は、運動不足もあったかも知れませんね。

3つ目の筋肉量が少ないという方は、基礎代謝が低いのかもしれませんね。筋肉量のある方と比べるとカロリーの消費量が少ないのかもしれません。筋肉量の多い人は、同じ生活を送っていても消費されるカロリーが多くなります。そのため、痩せやすい体質の人が多いんです。少しのカロリーオーバーがリバウンドを簡単に引き起こしてしまう原因となるので、運動をすることで筋肉量を増やす事をやってみるといいですよ。

1-1. 脂肪吸引で痩せる仕組み

脂肪吸引は、太る元となる脂肪細胞の数を減らす事で痩せやすくします。身体の余分な脂肪を吸引する事でスッキリした体型になるんですね。コンプレックスだった部分を集中的に脂肪吸引する事でサイズダウンができる仕組みです。ピンポイントで脂肪吸引を行うことができるので、手軽にできる手術の1つですね。

今まで、リバウンドをされていた方は脂肪吸引する事でリバウンドをしにくい体質に変えることができます仕上がりもキレイなラインを手に入れることが簡単にできます。

但し、カロリーオーバーな食事や不摂生をするとリバウンドをしてしまう可能性があるので注意は必要です。脂肪吸引をして脂肪細胞の数が減ったからといって、残っている脂肪が成長してしまっては意味がありません。規則正しい食事などを心がけ、適度な運動など体型を維持させるには努力は必要です。

1-2. 脂肪吸引の効果はいつまで続く?

脂肪吸引も場所や範囲によって異なりますが、まず「痩せた」と実感ができ、完全に仕上がるまでは6ヶ月から1年と言われています。

脂肪吸引の効果は半永久的ですが、施術後の生活態度が大きく関わってくるというのを理解してもらいたい。その理由としは上記でもお伝えしているように脂肪細胞の数が減ったといっても体内にある程度は残っています。なので、運動不足や不規則な生活、カロリーオーバーな食事ばかりを続けるとリバウンドはしてしまいます。

他には、医師の技量や施術後のアフターケアによっても変わってきます。特に医師の技量が6割を占め、残りの4割はアフターケアやその後の生活などによって大きく変わります。

せっかく脂肪吸引をしたので、痩せた体型をキープしたいですよね。半永久的にキープするためにはしっかりと医師の指示を守って生活を送る必要があります。

1-3. 脂肪吸引をすれば太らないと言われる理由

太らないという理由についてですが、脂肪吸引をすると身体の中の「脂肪細胞」の数を減らすことで痩せることができます。脂肪細胞の数が減ると痩せやすい体質になり、理想のラインを手に入れることができるのです。太らないと言われる理由はここにあるのです。

太らないと言われても絶対に太らないというわけではありません。基本的には脂肪吸引をすると太らないと言われていますが、正確に言えば、「太りにくい体質になる」ということです。脂肪細胞の数が減っても体内には、まだ脂肪は残っています。不摂生することでその脂肪が成長をしてしまうとリバウンドをします。

アフターケアや食事、運動など体型をキープするために必要なことはたくさんあります。その全てが行えているからこそ、体型が維持でき太らない体質を手に入れられるのではないでしょうか。

2. 脂肪吸引後は確かに太らない!でも注意しないと体型は崩れる?!

ここまでもお伝えしているように、脂肪吸引後は確かに太らない!しかし、注意を怠ることで「リバウンド」を引き起こしてしまう可能性はあるのです。なぜ、リバウンドを起こしてしまうのか、もう一度確認していきたいと思います。

上記でもお伝えした様に、太らない理由が「脂肪細胞の数」を減らしたということがあります。しかし、数が減っても全てが消滅したわけではありません。脂肪吸引しても体内には脂肪細胞は残っています。

この脂肪細胞を成長させずにキープさせるには、注意しなければならないポイントが4つあります。

1つ目に暴飲暴食やカロリーオーバーの食事に気をつけることです。暴飲暴食やカロリーオーバーの食事を続けることで残っている脂肪細胞が成長をしてしまい、リバウンドを起こすことで体型は崩れてしまう可能性はあるのです。

2つ目に運動です。適度な運動をすることで基礎代謝が上がり、痩せやすい体質を作りますが、運動不足であると、少量の食事でもカロリーが蓄積されることで太ってしまうことがあります。普段、運動をしない人でも簡単な運動から習慣化させる必要があります。運動が習慣化されると、カロリーも消費されやすくなり、基礎代謝が上がり痩せやすい体質になります。基礎代謝が低いとカロリーの燃焼が低くなるので、太りやすくなってしまうんです。

3つ目の筋肉量を増やすことです。筋肉量が少ないと上と同じで基礎代謝が低くなります。基礎代謝の低い人は、脂肪が燃えにくいので太りやすくなるんですよ。筋肉量の多い人は痩せやすく太りにくい体質な人が多いんです。なので、少しでも筋肉量が増える運動をされることで体型が崩れるのを予防する効果があるんです。

4つ目にアフタケアーですね。これも意外と大事だったりするんですよ。施術後のアフタケアー1つで体型が維持できるか、崩れるかを左右することがあります。アフタケアの方法は医師が丁寧に指導をしてくれますので、そうする事でキレイな仕上がりと体型が崩れにくい対策ができます。

この他に重要なポイントが1つあります。それは、「医師の技量」です。医師の技量が未熟な場合には思う様な効果が現れず、リバウンドしてしまうこともあるでしょう。

これまでお伝えしてきた内容を総合的に行うことで施術後の体型を崩さずに過ごすことができます。イメージはできましたでしょうか。体系を崩さず維持するためにはこのような注意点があるのです。しっかりと肝に命じておきましょう。

2-1. 脂肪吸引後のリバウンドとは

これまで、脂肪吸引後に太らない理由などについてお伝えしてきましたが、実際にリバウンドはあるのでしょうか。リバウンドする理由についてお伝えしていきます。

脂肪吸引後にリバウンドをする方には特徴があるのです。まず、どうしてリバウンドをするのかという点についてですが、結果からお話しすると「脂肪細胞の成長」が理由です。太る原因である脂肪細胞の数を脂肪吸引する事で減らしたのですが、全ての脂肪細胞が減ったわけではありません。

施術後の生活態度でリバウンドすることがあります。まずは、食生活ですね。上記でも何度もお伝えしているように食生活の乱れからリバウンドを引き起こす可能性があります。例えば、高カロリーの食べ物ばかりを摂り続けることで、残っている脂肪細胞が成長してしまいます。それが原因でリバウンドを引き起こす原因となるんです。

せっかく脂肪吸引をしたにも関わらず、カロリーの消費ができない程の高カロリーなものを摂り続けることは肥満に戻りやすくなるんです。しっかりとカロリーが消費できる程度の食事バランスを考えなければなりません。食事だけではなく、過度のアルコール摂取なども太る原因になります。

和食中心のバランスのとれた食事を摂取することがリバウンドを防ぐことができるのです。野菜を中心とした食事を心掛けましょう。

そして、適度な運動をすることで筋肉量を増やす事を考えましょう。痩せている人って筋肉質だったりしませんか。そこにヒントがあります。筋肉量が少ないと基礎代謝が低くなります。基礎代謝が低くなるとカロリーを消費しにくくなり、太りやすくなるんですよ。

体内に多くのカロリーを摂取しても燃焼することがなければ、どんどん蓄積されていきますよね。蓄積されることでカロリーオーバーになりますよね。それがリバウンドの基になってしまうんです。

運動することで基礎代謝を上げ、筋肉量が増えるとカロリーも燃焼しやすくなります。この3つが揃うことで脂肪吸引後も体型を維持させることができるのです。今まで運動する習慣がなかった人には苦痛に感じることもあるかもしれませんが、長続きできるものを見つけて見ましょう。

例えば、ウォーキングでもいいと思います。15分ぐらいから始めて、30分、1時間と徐々に延ばしていくのもいいでしょう。また、普段車やバイクなどで通勤している人は、自転車に切り替えたり、公共機関で通学や通勤されている方は1駅前で降りて歩いてみるなど工夫できることは沢山あると思います。

職場や学校では、極力階段を使うなど、身近にできる運動方法はいくらでもあります。できるだけ習慣化させることがとても大切です。1度習慣化させると、苦にならなくなってくるので続けることができますよね。

自分で可能な範囲で続けられるものを見つけましょう。他には、水泳などもいいと思いますよ。この運動でなければいけないという事はないので、リバウンドをさせないためにも習慣化できる運動を見つけてみよう!

2-2. 脂肪吸引後も体重は増加する

脂肪吸引後も体重は増加するのかどうかについてですが、結論からお話しすると増加する事はあります。これまでお伝えしてきたように、脂肪吸引の施術後の過ごし方によって当然増加したりする事はあります。

脂肪吸引後も体重をコントロールするには、自分の強い意志も必要だと思います。高いお金をかけて手術を受けたにも関わらず、リバウンドしては意味がありませんよね。

まずは、「リバウンドをさせない」と強い意志を持ちましょう。そして、普段の生活習慣をしっかりコントロールする必要があります。食事面や運動、基礎代謝を上げて痩せやすい体質づくりなど、自分でできることはたくさんあります。

確かに、脂肪吸引には医師の技量もカギとなりますが、いくら医師の技量が高くてもその後の過ごし方が無茶苦茶であれば、体重も増える一方です。

ここまで色々とお伝えしてきましたが、理解頂けているでしょうか。自分の強い心と決意も大切ですが、アフターフォローや生活習慣がとても大切ですね。

脂肪吸引後に体重を増やさない為にも、継続的なフォローをしっかりとしていきましょう。

2-3. 脂肪吸引後の失敗症例

今では、脂肪吸引も手軽にできる事から人気の施術ではあります。しかし、失敗してしまうこともあるんですよ。では、脂肪吸引後の失敗症例を見ていきたいと思います。

インターネットなどで「脂肪吸引を失敗した」というコメントなどを目にしたことがあると思います。今では多くの方がインターネットなどで情報収集ができる世の中になり、良いことから悪いことまで書き込みがされる時代となりました。

脂肪吸引が失敗に終わったかどうかというのは、個人差はあると思いますが、この様な感想を持たれている方もいらっしゃいます。

失敗したと言われる症例を上位から5つあげていきたいとおもいます。

まず第1位に「不自然な仕上がり」になった症例です。一目でこれは不自然と周囲に思わせてしまう様な仕上がりになってしまうことがあります。この原因としては、医師のデザインが問題と考えられます。根本的な問題として、脂肪を多く摂ることだけしか考えられてないという点です。全体的なバランスなども考慮されてない場合に起こりうる失敗例です。

不自然な仕上がりになりやすい部分としては、二の腕や太ももなどが多いようです。二の腕は根こそぎ取ろうとすることでバランスが悪くなり、不自然な形になってしまいます。

太ももの場合は、全体的なバランスを考えずにピンポイントに集中して吸引する事でひょうたんの様な歪な形になってしまうことがあります。

第2位に「たるみ」です。特に臀部の施術をした後にお尻が垂れ下がり、いびつな形をしてしまうという症例です。この原因としては、必要以上に脂肪吸引を行ったことが原因として考えられます。

摂るべき部分は脂肪を除去しても良いですが、必要でない部分まで脂肪を除去することで起こります。年齢が高くなるほどお尻はタレやすくなるので、全体的なバランスも考慮する必要がありますし、自然に見えるように摂る量を調整しなければなりません。

たるみができやすい部分としては、お尻や太ももの前の方が多いですね。これも医師の技量やデザインが重要になってきます。

第3位に「老けて見える」という症例です。こちらの原因も吸引する量を摂りすぎた場合に起こってきます。特に頬の部分などは摂りすぎることで骨が露骨に見えます。その為、老けて見えたり、加齢とともに垂れることで老けて見えたりする事があります。

第4位に「左右差」が明らかに目立つ様になったという症例です。この原因として考えられるのは、左右の骨がズレていたり歪んでいたりする事が原因の1つではありますが、施術前などの診察などが丁寧に行われて居なかった場合に均等なデザインができてなければ左右差が目立ったりする事も考えられます。

左右差が目立ちやすい部分としては、二の腕や胸部、ウエストなどが多いですね。二の腕は左右で筋肉のつき方が変わる事があります。利き腕が左右で違う場合でも筋肉のつき方は違ってきます。

胸部の場合は、肋骨などの骨の位置であったり、心臓の位置や高さなどによって変わってくるので、これらの事を十分に考慮した上でデザインなどをしなければなりません。

ウエストは、背骨の位置や曲がり方でも左右差は現れます。著しく左右差が目立つのであれば、デザインや脂肪の取りすぎなどが原因となります。これらを踏まえて、デザインを緻密に計算して行う必要があります。

第5位にデコボコが目立つという症例です。皮膚の表面がデコボコして滑らかにならないという場合があります。これも失敗症例としては多いんです。デコボコになる原因としては医師の技量です。技術不足や経験不足が大きく関わってきます。

また、使用される器具によってもデコボコが目立つ事があります。使い慣れてない器具を使用する事でムラができ、この様な失敗が起こってしまうのです。

デコボコが目立ちやすい部位としては、腹部や二の腕、太ももの前側が挙げられます。二の腕は皮膚のハリなどが低下しているとデコボコになりやすかったりします。

腹部の場合は、皮膚のたるみが原因となり、デコボコが目立ちやすくなります。

太ももの前側の場合は、筋肉の量であったり、脂肪を過剰に取りすぎる事でデコボコが目立ってしまいます。

3. 脂肪吸引後にも太らないために必要なこと

では、脂肪吸引後に太らないためにはどんな事が必要なのでしょうか。詳しくお伝えしていきますね。

まず、1つ目に太らないためには定期的な運動をして身体を動かす習慣をつける事です。特に有酸素運動を意識して行うと太りにくくなります。例えば、水泳・ウォーキング・水泳などがそうですね。

運動中に酸素を取り入れる事で、脂肪の燃焼を行う事ができます。なので、有酸素運動は太らないためにも有効な手段となります。

2つ目に食事を気をつける必要があります。脂肪吸引をしたからといって、暴飲暴食をしたり、高カロリーのモノなどを継続的に摂取することは避けなければなりません。当然、この様な生活を続けているとリバウンドをしてしまいます。

タンパク質や鉄分、嘱目繊維の多いものなどをバランスよく摂取することで、摂取するカロリーを抑える事ができます。具体的には、ヨーグルトなどの乳製品や野菜、果物、大豆製品などは低カロリーのものが多いので、それらをバランスよく摂取する事でコントロールする事ができます。

脂肪吸引後は太らない様にする為には、お伝えしたことを実践してみましょう。せっかく脂肪吸引して細くなったのに、リバウンドをしては勿体無いですよね。吸引後の体型を維持できる様にコントロールして行きましょう。

4. まとめ

如何でしたか。ここまで脂肪吸引したら太らないと言うのは迷信か本当か。また、効果はどのくらい持続するのか、リバウンドしないための注意点などについてお伝えしてきました。

イメージやご理解は頂けたでしょうか。脂肪吸引が終わったら、それでいいと言うわけではありません。その後をどれだけ持続させるかと言うことは非常に大切なことです。

今までの日常生活などをもう一度も見つめ直し、現状を維持できる様に努力する必要があると言うことも理解しておきましょう。