脂肪吸引のアフターケアとしてインディバは効果的?

脂肪吸引のアフターケアとしてインディバは効果的?

脂肪吸引は自分の理想の体形を得られる一方、ダウンタイムである内出血、痛み、腫れ、つっぱり、拘縮(部分的に硬くなること)、色素沈着などが数週間見られます。

特にお腹や太ももではダウンタイムが顕著で、この期間は多くの方が少なからず大変だと感じています。これらの症状を緩和するためにダウンタイムの期間はご自身でのアフターケアが必要になってきます。

クリニックで術後に勧められる対策として、圧迫やマッサージがあります。もちろんこれらは仕上がりに大きく影響する大切なことですし、経過が楽になる助けになってくれることは間違いありません。

ただ、それだけでは経過が大変なので、もう少し楽に経過を過ごせるようになる方法がないかを探している方も多いと思います。よりダウンタイムを短く、楽にしたい方にインディバは効果が期待できます。

インディバは体を芯から温め脂肪を柔らかくするため皮膚細胞の修復、新陳代謝に効果があります。ここではインディバのメリットやデメリットをお伝えします。

1. 脂肪吸引後のインディバとは

インディバという施術は元々スペインで研究開発された電磁波エネルギーによる高周波温熱機です。2つの電極で身体を挟み、高周波エネルギーを照射して体内に熱を発生させることで、血行やリンパの流れを急激に良くします。部位によって3~7度の一時的な温度上昇をもたらして代謝機能を高めます。

脂肪吸引では健康な生態細胞を一気に無理矢理取る手術のため、そのあと体の内部には切れた血管から流れ出た血液やリンパ液が滞留します。そして、治癒していく過程で拘縮(こうしゅく)と呼ばれる施術部分がでこぼこになる症状が出てきます。

インディバを使用することで、こうした脂肪吸引後の回復をサポートすることができるのです。術直後の利用はお勧めしませんが、1ヶ月から3ヶ月という時期のアフターケアとして活用することができます。

それでは、脂肪吸引後のアフターケアに対する効果について詳しく確認していきましょう。

2. 脂肪吸引後にインディバのアフターケアを受ける効果

2-1. 腫れ・むくみ・内出血の改善

脂肪吸引後のインディバで最も効果があるのが腫れ、むくみ、内出血の改善です。インディバを使用することで体温が上がると血液の流れが良くなり、新陳代謝が良くなるためです。

2-2. 脂肪吸引の仕上がりを綺麗にする

さらに、新陳代謝の改善に伴い肪吸引後の皮膚の仕上がりも綺麗になる効果が期待できます。例えば、皮膚の凹凸、肌のたるみ、色素沈着に効果があると言われています。

また、インディバにはセルライトのような深部の固い脂肪をも分解してすっきりとしたボディラインを形成する効果があります。そのため、脂肪吸引後のアフターケアとしても有効的と言えるでしょう。

2-3. 痛みの改善

インディバは脂肪吸引後の痛みにも効果が期待できます。なぜなら、細胞の損傷を回復させることができるからです。

プロのアスリートが長年骨折、靭帯損傷、肉離れなどあらゆるけがの治療にインディバを使用していることからも、その効果がお分りいただけるのではないでしょうか。

3. 脂肪吸引後のインディバにかかる費用

大体の平均的な価格は各部位で1回10,000円前後、全身だと1回20,000円前後です。
ほとんどのサロンでは、よりエステ効果を高めるためにインディバだけではなくハンドマッサージやその他の機械と一緒にセット料金とすることもあります。
少しでも心配な方はキャンペーンやお試しで体験してみると良いでしょう。

代謝が上がることによって肝機能も良くなり、免疫力が上がることで症状が軽減していく嬉しい施術です。

4. インディバに関するQ&A

Q. 脂肪吸引後のインディバはいつから始めればいい?

A. 術後1週間ほどから利用可能です。

術後はダウンタイム症状に個人差があるため、1週間頃から開始するのが推奨されています。この頃に始めた方が早く回復し、また仕上がりの形も良いと言われています。

術後まれにあるのが、太ももの脂肪吸引に起こる問題です。内出血が膝下で滞留し脚部が膨張し足を曲げられないことがあります。このように緊急事態のケースは担当医に相談し、インディバを受けてもいいかどうか確認しましょう。

それ以外では、顔の脂肪吸引の場合、顔全体が内出血等で膨れてしまって職場に行けない、などの懸念もあります。圧迫しすぎて色素沈着を起こすなど、このような場合も相談をしてみてください。

術後1ヶ月以上経過してインディバを開始するのは少し遅いと考えておいてください。ほとんど肌がゴツゴツに拘縮してしまいインディバの施術をしてもなかなか柔らかくなりません。

脂肪吸引後のインディバは定期的に長期やるのではなく、できるだけ早い時期に短期間に集中して何回か行う方がずっと効果的で回復も早まります。

Q. 脂肪吸引後のインディバはどこで受けることができるの?

A. エステサロンなどで受けることができます。

脂肪吸引後の利用を専門にしているエステサロンもあります。

ただ、中にはインディバのサービスを提供していたとしても、脂肪吸引後は引き受けないというサロンもありますので事前に確認していただくといいでしょう。

Q. 脂肪吸引後はインディバを受けないといけないの?

A. 必須ではありません。

インディバを受けなくても自身のアフターケアで満足している方は必要ありません。どうしても早く直したい、気になるなどがあった時に検討しましょう。

ですが、1ヶ月経過して凹凸が一向も改善しなければ自身のアフターケアがうまくいっていないケースがあります。その時点で担当医に相談をして自身のアフターケアの方法を変えるか、インディバを視野に入れてみても良いかもしれません。

Q. インディバのデメリットや注意点は?

A. 費用や効果を確認しましょう。

インディバだけで施術することもあれば他のマシンとの施術を組み合わせが提案された場合は、費用が高くなってしまうことがあります。

また、即効性には個人差があり、短期間で目的に応じた治療に複数回数が必要となることが不便に感じるかもしれません。一般的には効果が期待されるのですが個人差があり、効果が感じられないという方もいらっしゃいます。

そのような場合は元々脂肪吸引を受けた担当医にも相談し他に対策はないか聞いてみましょう。

Q. インディバ以外にオススメのアフターケア方法は?

A. いくつかありますのでご紹介します。

圧迫やマッサージがクリニックでアドバイスがあるでしょう。自身でできるアフターケアは仕上がりに大きく影響するのでとても大事です。また、経過が楽になる助けにもなります。

ただ、それだけでは大変と感じ、もう少し楽に経過を過ごせるようになる方法がないかを探している方も多いでしょう。インディバ以外にご自身でできるアフターケアなどを含めていくつかつ紹介します。

・むくみ、腫れのアフターケア

むくみを改善するためには着圧タイツで強制的にむくみを抑えることができます。術後すぐに身に着けると刺激が強く痛みが悪化するかもしれないので痛みが和らいできた頃に着用し始めるのが良いでしょう。

シャワーで済ませず湯船に入ったり、ストレッチや運動をすることも大事です。身体が冷えるとうまく水分を代謝できなくなり、むくんでしまうので体を温めましょう。

・内出血、あざのアフターケア

術後約1週間は、皮膚の傷が回復するために必要な期間です。クリニックではテーピング、ガードルやストッキング、サポーターなどの圧迫装具を着用するよう指示があるのできちんと守りましょう。

脂肪吸引後の内出血を和らげるための自身でのアフターケアは、施術部分を冷やさないことが一番です。冷たい飲み物・食べ物を避け、身体を温めるものを食べることで血の巡りがよくなるので積極的に取り入れましょう。

・拘縮のアフターケア

脂肪吸引後は、吸引によってなくなった脂肪部分を回復しようとする組織の働きから、拘縮と呼ばれる肌がでこぼこする症状があらわれます。約3ヶ月~半年で自然と元にもどりますが、マッサージで皮膚をほぐしてあげるとより回復が早まります。

湯船に浸かり身体を温めた後、心臓に向かうように優しくマッサージを行なっていきましょう。しこりのように硬くなっている部分は、指圧でぐりぐりとほぐすと効果的です。

・炭酸泉

炭酸ガス(CO2)は炭酸を皮膚から吸収することによって毛細血管が拡張し、血流が良くなります。これを脂肪吸引後の血流不足による色素沈着や拘縮に効果が期待できます。お勧めは脂肪吸引後1ヶ月〜3ヶ月目で、比較的低温度(38〜40度)で15分程浸かるのが良いでしょう。

・ヒーライト

ヒーライトという機器があります。590nmと830nmという2つの波長を連続照射することで、傷の早期回復などが期待できる機器です。もちろん脂肪吸引後にも適応でき、早期であれば腫れや内出血の改善、1ヶ月以降では拘縮や色素沈着の改善などが期待できます。

1回の治療は15分程度、特にダウンタイムのない、リスクがなく寝ているだけの治療ですし、治療費用も比較的リーズナブルなので比較的手が届きやすい施術でしょう。

5. まとめ

ダウンタイムの期間は日常生活通りに過ごすのは徐々にできるようになっても体力的にきついとおっしゃる方がほとんどです。脂肪吸引で体力や免疫が落ち、痛みや腫れがある中仕事に行くのは大変です。帰宅してからアフターケアもきちんとしなければならず、これは吸引部分が多いお腹や太ももの施術の場合は負担に感じるかもしれません。

2~3週間を過ぎて自分でアフターケアをするのには無理がある、凹凸が本当に引くか心配、こんな状態で本当に仕上がりは綺麗になるのか、など疑問がわいてきたら担当医に相談しましょう。インディバは、美容だけではなく、医療業界でも使用されている安全性の高い機器です。もしインディバを取り入れたほうが良さそうであれば検討して早めのうちに取り入れましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

脂肪吸引リファレンス編集部

脂肪吸引や脂肪注入に関する情報を随時発信しています。
脂肪吸引を受ける際は確かな情報をしっかりと収集することが大切。ぜひ参考にしてください。
ベイザー脂肪吸引モニター募集
ベイザー脂肪吸引モニター募集

参考になった記事はシェアしてください♬