脂肪吸引をするなら若いうちがベスト!

脂肪吸引をするなら若いうちがベスト

若い頃から痩せるために、長年ダイエットを続けてきたのに思うように細くならなかったという方は沢山いると思います。

時間というのは、あっという間に過ぎていきます。

20代を過ぎると、若い頃のようにミニスカートを履くのをためらうようになったり、結婚や出産を経て、自分の時間だけではなく、家族や子供との時間に重きを置くようになります。

いざ、脂肪吸引をしようと決意した時、もっと早いうちにやっておけば良かったなあと思うはずです。

自分のためだけに時間を使えていた時に理想のスタイルを手に入れることができていたら…と。

年齢を重ねると、脂肪吸引してせっかく細くなっても、その自慢のスタイルを披露する機会が減ってくるんですよね。

そこで今回は、なぜ脂肪吸引を若いうちにするのがオススメなのかの紹介です。

1.脂肪吸引に年齢制限はある?

脂肪吸引に年齢制限を設けているクリニックと設けていないクリニックが存在します。

年齢制限を設けている美容クリニックは、18歳~59歳までの場合が多いですが、
実際に脂肪吸引をする方の年齢層は幅広く、10代~60代まで施術を受けています。
しかし、20歳未満の未成年の方の場合、保護者の同意書が必要になります。

更には施術を受ける際に、保護者の同伴が必要になる場合が多いです。
つまり、未成年の方でも保護者の同意と同伴ができれば、施術自体は受けることができます。

高齢の方の場合、持病がある場合は施術を断られることがあります。

このように、年齢に伴って施術を受けられる基準は変わりますが、年齢制限を設けていないクリニックもあるため、慎重にクリニック選びをしましょう。

2. 年齢による効果は変わらない

脂肪吸引の手術は年齢によって効果に違いが出ることはありません。

治療をしたら、痩身効果はきちんとあります。
除去できる脂肪量も変わりはありません。

しかし、年齢によってはやはり若い頃に比べるとどうしても、皮膚のたるみや筋肉のゆるみが出てきてしまいます。

そうした方が脂肪吸引をすると、かえって皮膚のたるみが悪化して見えてしまうことがあります。

もしも脂肪吸引により、たるみが出てしまった場合は再び脂肪吸引をしてバランスを取るか脂肪の注入が必要になってきます。

そういった問題はカウンセリングの際にドクターに相談し、しっかり診てもらうといいでしょう。

また、年齢に関係なく、身体の発達具合によっては脂肪吸引が適さない場合があります。

特に20歳未満の成長期の段階では、身体がどんどん変化していくため、一般的には身体の発達が終わってから手術を受けるのがベストです。

3.高齢な方ほど術後のリスクについて知っておく

人は年齢を重ねると、回復力が低下します。

高齢者は若い頃と比べて、傷の治癒が遅れたり、たるみが戻らなくなる可能性が高くなります。

また「脂肪吸引に年齢制限はある?」でも少し触れましたが、持病のある方は、カウンセリングの段階でそのことを詳しく伝える必要があります。

持病のある方は特に事前の血液検査の段階で場合によっては施術に適さないと判断され、手術を受けられないことがあります。

ちなみに、瞼の上の脂肪取りなどは、加齢による眼瞼下垂が原因の場合もあるので、脂肪吸引ではどうにもならない場合があります。

4.未成年者でも施術はできるのか

未成年の場合でも、保護者の同意書と同伴があれば施術を受けることはできますが、リスクはあるのでしょうか?

4-1.未成年者でもリスクはある

未成年でも施術を受けることはできます。

しかし、「年齢による効果は変わらない」でも少し触れた通り、未成年というのは身体が発達しきっていない状態なので、その時点で脂肪吸引を受けることはあまりオススメできません。

未成年の方は、吸引箇所にもよりますが、例えば顔の脂肪吸引をしたい場合は、溶ける糸でのリフトアップをして小顔にするなど、別の手法で小顔にすることを視野に入れてもいいと思います。

小顔効果のあるレーザーを当てるのもいいでしょう。

BLNS注射といって、脂肪溶解注射などのプチ整形から始めて、大掛かりな手術は成人してからでも遅くないと思います。

未成年の方は慎重に検討しましょう。

ここで未成年でも受けられるプチ小顔施術一覧をまとめてみましょう。

  • 溶ける糸のリフトアップ
  • BLNS注射
  • 小顔レーザー(HIFUなど)

これらを試してからでも、脂肪吸引は遅くないです。
またこれらのプチ整形は、脂肪吸引施術よりも断然、施術料金が安いです。

5.医師を選ぶ際は慎重に

高齢の方の場合、特に慎重にドクターを選ぶ必要があります。

脂肪吸引を成功させる秘訣はドクター選びです。

脂肪吸引はドクターの技術力によって仕上がりが大きく異なるため、ドクター選びは非常に重要です。

高齢になると、術後の回復が遅くなり、出血が多くなり、たるみが出やすいという理由であまり広い範囲を一度に吸引しないことがベストです。

また、腹筋などの筋肉が弱いため、お腹の手術での事故が起こりやすくなります。

お腹の脂肪吸引というのは、年齢問わず吸引が難しい部位で、それが理由でお腹の脂肪吸引の施術自体を行っていないクリニックも存在します。

高齢の方で持病がある場合は、カウンセリングの際にしっかりとドクターに自分の身体のことを伝えるようにしましょう。

自分の体調や身体の状態を最大限いたわってくれるドクターに施術を任せましょう。

6.まとめ

脂肪吸引は年齢制限があるクリニックとそうではないクリニックが存在することが分かりました。

また年齢によってはリスクがあることもお分かり頂けたと思います。

脂肪吸引はとても難しい手術です。

ドクターの技術力次第で、仕上がりを大きく左右します。

理想のスタイルを手に入れたいのなら、ドクター選びを妥協せずに納得するまで徹底しましょう。

どんなに若くても、年齢を重ねても女性はいつでも綺麗でいたいものです。

その気持ちは誰でも同じです。

年齢を気にして、脂肪吸引を躊躇している方は、まずカウンセリングを予約する際にクリニックに、自分は脂肪吸引施術に適応しているのかを聞いてみましょう。

何事もそうですが、自分からアクションを起こさないことには、何も始まりません。

人の魅力に年齢は関係ありませんが、若い時というのは長い人生の中でほんの束の間です。

若いうちにやっておきたいことや、着ておきたいファッションが誰しも必ずあるはずです。

悩んでいるよりもコンプレックスを解消するために、行動してみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

脂肪吸引リファレンス編集部

脂肪吸引や脂肪注入に関する情報を随時発信しています。
脂肪吸引を受ける際は確かな情報をしっかりと収集することが大切。ぜひ参考にしてください。
ベイザー脂肪吸引モニター募集
コンデンスリッチ豊胸モニター募集

参考になった記事はシェアしてください♬