脂肪吸引後に顔が腫れる期間と回復経過を早める方法

脂肪吸引後に顔が腫れる期間と回復経過を早める方法

顔の脂肪吸引では他の部位に比べてより「腫れが早く引いて欲しい」と感じるでしょう。

術後の腫れには2種類あり、手術により起こる炎症による腫れとむくみがあります。

これらの腫れの症状はどのようにして経過するかを事前に知り、腫れが引くまで術後の生活になるべく支障をきたさない対策方法をご紹介します。

1. 脂肪吸引後に顔が腫れる理由

脂肪吸引を受けた部分は必ず腫れますが、これは手術で体にメスやカニューレを入れるため、術後に患部が炎症を起こし熱を持つことが原因です。腫れは、通常脂肪吸引を受けた部位にはどこでも発生します。

むくみは痛みや腫れのピークが終わった後に目立ちやすくなります。体内に残っている麻酔液が原因であったり、炎症によって分泌されたリンパ液が影響しているからです。腫れが引くまでには大体1週間~2週間かかるでしょう。

2. 脂肪吸引後の顔の腫れと術後経過

頬の脂肪吸引直後の経過として痛みや腫れの酷い時期は個人差もありますが、ピークは1週間ぐらいです。この期間は腫れやむくみが顕著に表れるので手術前よりも顔が大きく見えるかもしれませんが、1週間後にはほとんど引いてきます。

手術の効果が感じられるようになるのは2週間後くらいからで、1ヶ月するとはっきりと「痩せた」と感じてくるでしょう。この頃から患部はやや硬くなっている状態ですが、2~3ヶ月ぐらいから効果が出始め、仕上がりは6ヶ月と考えておきましょう。

それでは具体的に脂肪吸引の手術後の「腫れ」がどのように引いていくのか、経過を見てみましょう。

2-1. 吸引後1日~3日

患部に痛み、腫れ、青あざが目立っている時期です。脂肪吸引の効果はほとんど感じられないどころか、腫れやむくみの影響で人によって顔が大きくなったように見えるでしょう。

触れ過ぎると最近が発生し増殖しやすいリスクがあるため幹部にはあまり触らないようにしましょう。会社への出社の際、顔の腫れが気になるようであればマスクを着用すると良いでしょう。この時期のメイクはなるべく控え、なるべく肌に負担がかからないように注意しましょう。

痛みを我慢してストレスを感じ過ぎると良くありませんので、医師の指示のもと鎮痛剤を服用してください。

2-2. 4日~1週間後

3日目までの症状が徐々に改善してきて、痛みはほとんどなくなっていることが多いでしょう。むくみや腫れは落ち着いてきますがまだ残っていることもあります。

この時期ではフェイスラインの状態が、術前よりも細くなったと実感できないこともあります。

物が食べにくい、飲み込みにくい、などの生活への支障はほとんどなくなります。日によってはむくみをひどく感じることもあるでしょうが、お風呂なども通常通り入ることができて、メイクも普段通りに行うことができます。

2-3. 1週間~4週間後

施術部位を触ってみるとややツッパリ感があったり硬くなっているでしょう。これは硬縮と呼ばれる症状で、施術によって傷ついた皮膚の細胞組織が回復しようとしている正常な過程です。このプロセスの中では、脂肪吸引によって空洞になっている皮膚内が自然とくっつこうとしているため皮膚の表面はごつごつしていたりごわごわしていたり凹凸になっています。

腫れやむくみが完全に引いてきた2週間目くらいのタイミングで肌に負担がかからない範囲でマッサージを始めていきましょう。

2-4. 1ヵ月後

この時期に入ると頬がスリムになったと感じるようになるでしょう。また、患部の硬さやつっぱり感も違和感なく慣れてきます。日常生活は全く問題なく過ごせるようになります。もしこの頃に痺れや感覚麻痺が残っているようであれば、徐々に引いてくることの方が多いですが、気になるようであれば医師に相談しましょう。

2-5. 吸引から3ヵ月後

このころから施術部分の硬さやつっぱり感が改善してきます。見た目も効果を感じるようになり、細くなったと分かるでしょう。

人によっては皮膚の色素沈着が起こるかもしれません。ビタミンC配合の化粧水やクリームを塗ったり、外出するときは日焼け止めをするなどして色素沈着を悪化させないようにしておくことが大切です。

3ヶ月のフェイスラインの状態は完成の90%まで届いているとお考えください。半年経てば100%の仕上がりです。

3. 顔の脂肪吸引から仕事復帰できるまでの期間

頬の脂肪吸引後のダウンタイムのピークは1ヶ月です。もし、ご自身の元々の脂肪量に対して大量の脂肪吸引をした場合は出血量が多くなる傾向になるので、ダウンタイムは長引きます。

また、医師の技術によっても内出血や腫れの症状が長引いてしまったりすることも考えられますので、施術から約2週間は大事な用事を入れないようにするなど、ある程度の余裕を持っておく方が良いでしょう。

仕事復帰のタイミングは翌日からも不可能ではありませんが、ある程度数日間はお休みを取って状態を落ち着かせた方が会社でストレスなく過ごせるかもしれません。三連休を活用する、金曜日に手術して土日に休み月曜から仕事といったようにスケジュールを組むのもいいでしょう。

ダウンタイムの少ない脂肪溶解注射の場合は翌日からも問題なく復帰ができ、人目を気にするほどの腫れやむくみは出ないと人気がありますので、接客や営業のお仕事をされている方で、どうしてもダウンタイム症状を早めに落ち着かせたい方は脂肪溶解注射も検討してみてはいかがでしょうか。

4. 脂肪吸引後の顔の腫れを早く回復させるためにできること

脂肪吸引後の顔の腫れを早く回復させるために下記にいくつか対策を紹介します。

4-1. 患部を冷やす

脂肪吸引後の患部はカニューレなどの器具の操作で傷ついています。これにより炎症を起こし熱を持っています。術後数日間はアイシングして冷やすという方法を取ると良いでしょう。このことにより血管が縮小し皮膚も引き締まってくるメリットがあります。

注意点としては、冷却剤を直接患部に当てないことです。冷やし過ぎると逆効果になったり、凍傷になってしまうリスクがありますのでタオルに巻いて間接的に冷やしましょう。

患部を冷やしてもいいのは腫れや炎症が目立つ3日目までとしてください。それ以降にアイシングをすると逆に血流が悪くなってしまい、次に出てくるむくみ症状の対策には逆効果になりますので注意してください。

4-2. フェイスバンドで適切に固定する

脂肪吸引後に顔をフェイスバンドで圧迫することは必須です。これによって腫れを緩和する効果があります。手術当日は24時間くらいフェイスバンドで固定することが推奨されます。その後は日常生活で自宅居る際にできる範囲でなるべく長く固定する方が良いでしょう。

脂肪吸引後圧迫することはどこの部位でも必要ですが、顔の場合は特に印象を左右する部位のため特に注意を払って対応しなければなりません。

2週間目からは「硬縮」と呼ばれる症状が出てきて、皮膚がごつごつしてきてツッパリ感があったり、表面は凹凸が出てきます。脂肪がなくなってしまった皮膚内では皮膚と皮膚がくっつこうとしています。

このくっつこうとしている時期に圧迫固定がしっかりしていないと、皮膚内に空洞ができたままで放置していることになるとイメージしてください。また、緩んでいる状態ではフェイスラインのたるみも引き起こす可能性があります。この空洞をいかにくっつけていくかがフェイスラインの綺麗さや小顔に繋がるでしょう。

3ヶ月経つまでは圧迫を続けていくことが推奨されていますので、圧迫を始めてから3ヶ月の間までに「圧迫の強さの度合いが適切か分からない」などの疑問点があれば医師に相談しましょう。自分で「このくらいでいいや」と自己判断して行っていると最大限の効果が得られなくなってしまう可能性もあります。3ヶ月を過ぎたころに圧迫の度合いを変えたとしてもあまり意味がないので、圧迫を始めた時期から疑問点や違和感があればそのままにしておかないようにしましょう。

4-3. マッサージをする

2~3週間目に入った頃、目安としては腫れや痛みが完全になくなり「硬縮」症状が出始めたころからマッサージを取り入れください。入浴時や入浴後など体が温まっているときにした方が痛みも少なく肌に負担がありません。オイルやクリームをたくさん塗って血流を良くしていきましょう。もしどうしてもご自身でマッサージがうまくいっていないと感じる、プロにやってもらった方が安心という場合は、脂肪吸引後専用のマッサージをしているエステもありますので、是非活用してみてください。

4-4. 術後の顔の腫れが少ない手術や医師を選ぶ

ここまでお伝えしたように、一般的に脂肪吸引後には腫れやむくみが出ると言われます。しかし、手術方法や医師の技量によっては、手術翌日からでも腫れを気にせず仕事やデートにいけるものもあります。

5. 顔の腫れが引かない?脂肪吸引術後に異変を感じたら

通常、腫れのピークは上記にも説明したように3日目までであることがほとんどで、個人差を考慮したとしても1週間で引くことがほとんどです。

3日を過ぎても腫れが引かない場合は気になるようでしたらすぐに医師に相談しましょう。腫れが長引く原因として細菌が皮膚に入ってしまっている場合なども考えられますので早めの対策をしておくことで後々の経過が心配要らなくなるでしょう。

6. まとめ

顔の脂肪吸引で皆さんが最も心配されるのが「腫れ」の症状です。「きちんと引いてくれるのか?」「いつごろ仕事に復帰できるのか?」など、洋服で隠せる部分ではないため心配になる方がほとんどでしょう。

ほとんどのケースで腫れは3日程で治まりますが、接客業など人と接するお仕事の方はお休みに余裕を持って施術を受けましょう。

ベイザー脂肪吸引モニター募集
ベイザー脂肪吸引モニター募集