脂肪吸引って安全なの?ダイエットとの違いや知っておきたい危険性について

頑張っても頑張っても、どうしても痩せられないという方の、「最後の砦」とも言える脂肪吸引手術。すがるような思いでクリニックのホームページを見ている方も、中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、「調べていると、ちょっとコワイ話を見つけて脂肪吸引を受けるかどうか迷っている」なんていうこともあるかもしれません。

脂肪吸引は比較的大きな手術の部類に入りますので、少なからず危険性があることは確かです。とはいえ、「脂肪吸引は絶対にやってはいけない!」わけではもちろんありません。ポイントをおさえてさえいれば、安全に受けることができる手術なのです。

この記事では、脂肪吸引の安全性と危険性、安全に脂肪吸引を受けるためのポイントを詳しくご紹介します。脂肪吸引を検討している方は、是非、ご一読ください。

1. 脂肪吸引は安全?ダイエットとの違いは?

脂肪吸引は、技術の高い医師も増え、機器の性能も上がってきているため、安全性の高い手術といわれています。また、直接脂肪細胞を取り除くことができる脂肪吸引は、ダイエットとは違い、極端な体重増加がない限りは手術後、半永久的に効果が持続するとも言われています。

脂肪は一つの塊ではなく、小さな脂肪細胞がたくさん集まっています。太っている状態というのは、この脂肪細胞ひとつひとつが大きくなっている状態を言います。

ダイエットやエステでの痩身では、ひとつひとつの脂肪細胞を小さくすることによって細くなる仕組みです。そのため、一度細くなっても、その後生活や食生活が元に戻るとすぐにリバウンドしてしまいます。

一方、脂肪吸引は、脂肪細胞そのものを取り除く手術です。物理的に脂肪細胞の数が少なくなるため、脂肪吸引をした部分はその後も太りにくいというメリットがあります。

脂肪吸引は、安全で、且つ確実に細くなる方法として、男女問わず多くの方に受けられています。この項目では、脂肪吸引の詳細や費用について細かくご紹介していきます。

1-1. 脂肪吸引の手術方法と効果

脂肪吸引の効果については、上で簡単にご説明させていただきました。細くしたい部分の脂肪細胞を除去することによって、希望の場所を細くすることができます。

ただし、注意しておきたいのは、「脂肪吸引が成功するためには医師の技術が必要不可欠」ということです。脂肪吸引のリスクについては「2. 知っておきたい脂肪吸引の危険性とは?」の項目で詳しくご説明させていただきますが、医師の技術次第で脂肪吸引は失敗にも成功にもなるということを覚えておきましょう。

丁寧なカウンセリングの下、技術力の高い医師に手術を担当してもらった後、適切なアフターケアを行っていれば、手術後1ヶ月程度で効果が実感できます。完成するまでには6ヶ月ほどの期間がかかりますが、人によっては手術後すぐに効果を感じる方もいます。

脂肪吸引の手術は、基本的に「カニューレ」と呼ばれる管を使います。カニューレの先には小さな穴がたくさん開いており、吸引器から陰圧がかかることで穴から脂肪を吸い出す仕組みになっています。吸引する脂肪の量や部位の範囲によってさまざまな太さや長さのカニューレが使用されます。特に狭い部位や吸引する量がごく少量である場合は、注射器のようなものを使う場合もあります。これを、「シリンジ」と呼んでいます。

上記の方法を基本として、脂肪を吸引しやすくしたり手術時間を短くするなど、目的に応じた機器が開発されて多くの種類に分かれています。脂肪細胞を破壊したり、溶かす作用のある薬剤やレーザー、超音波などが用いられています。

現在主流になっている方法は、ベイザー波を用いた脂肪吸引です。脂肪細胞のみに影響する特殊な超音波を照射して脂肪細胞を破壊、溶解してから脂肪吸引をすることで、一度に大量の脂肪が吸引できるといわれています。取り残しや取りムラが少なく、手術時間が短くなることで患者の負担も抑えられるというメリットがあります。

クリニックによって導入している機器は違いますので、対応可能な脂肪吸引の種類は違います。どのような種類の脂肪吸引が適しているかは、カウンセリングの際に医師とよく相談して決定していきましょう。

ただし、何度もお伝えしますが、脂肪吸引でもっとも重要なのは「医師の技術」です。技術力の高い医師は、機器の種類に関わらず完成度の高い手術をしてくれるということを覚えておきましょう。

1-2. 脂肪吸引後のダウンタイム

脂肪吸引は、体の中にある脂肪を取り除く手術です。もともと脂肪のあったところは空洞の状態になります。また、脂肪細胞を破壊していくため、まわりの組織は傷つき、出血します。

脂肪吸引の手術の後は、空洞を埋め、ダメージが回復するために「ダウンタイム」という回復期間が必ずあります。ダウンタイムの主な症状は「痛み」「腫れ」「内出血」「むくみ」「拘縮」の5つです。以下でもう少し詳しくご説明します。

痛み

脂肪吸引手術後から2~3日までは痛みがピークとなります。痛みの種類は「強い筋肉痛のような痛み」とたとえられます。対処法は、ただただ、「痛みが引くまで待つ」ほかありませんので、クリニックから処方される痛み止めの薬を飲んで過ごすことになります。

吸引する範囲の少ない顔や二の腕などの部位では、痛み止めの薬を飲まなくても我慢できる方もいるようです。一方、お腹や太ももなど範囲が広く吸引する脂肪の量が多い部位では、痛み止めを飲んでもツライと感じる方もいます。

腫れ

吸引した部分のまわりの組織がダメージを受け、炎症を起こすことで脂肪吸引部分に腫れが出ます。脂肪吸引の手術後から3~4日でピークになり、その後徐々に引いていきます。

患部が熱っぽくなるため、アイシングをするなど患部を冷やすことで炎症を抑えることができます。

内出血

脂肪吸引手術では、吸引する部分のまわりの組織が傷つき、出血します。手術中に出た血液は脂肪と一緒に吸引されますが、手術後に出た血液や体に残っていた血液が皮膚の表面近くまで移動することでアザのような内出血ができます。

脂肪吸引の手術後3~4日がピークで、その後どんどん色が薄くなり消えていきます。最初は見た目にも痛々しいほどになりますが、圧迫とマッサージなどのケアで治りが早くなるといわれています。

むくみ

腫れや内出血のピークが過ぎると、むくみのピークがやってきます。脂肪吸引手術から1週間後くらいがむくみのピークとなります。

外科手術の後は体の中の水分代謝が落ちている状態になり、ダメージを受けた組織からのリンパ液などが代謝されずに滞るのが原因です。手術後は積極的に水を飲んで代謝を助け、できるだけ患部を動かすようにすると回復が早まります。

拘縮

空洞になった部分を埋めたり、傷ついた組織が回復する過程で、皮膚や組織が以前よりも強くつながろうとして起こるのが拘縮です。皮膚につっぱった感じが出たり、皮膚の表面がでこぼこになるなどの症状が出ます。マッサージやストレッチを適切に行うことで回復が早まり、でこぼこに仕上がってしまうのを防ぎます。

脂肪吸引の部位にもよりますが、皮膚のつっぱり感は手術後3ヶ月ほど続く場合もあります。

1-3. 脂肪吸引の費用

脂肪吸引手術にかかる費用の目安は、1部位につき30万円程度というのが相場です。

とはいえ、吸引する部位や脂肪の量によっても差がありますし、使用する機器やクリニックによっても異なります。

例えば、頬周辺の脂肪吸引であれば、吸引する脂肪の量は少ないので15万円程度で受けることができます。これに対して、お腹周りや太ももなど吸引する脂肪の量が多い部位は50~60万円ほどかかる場合もあります。

以下に、各部位の脂肪吸引費用の目安の表を記載しますが、クリニックによって大きく差があることもあるので、あくまでも参考として認識していただければと思います。

詳細な料金については、各クリニックのホームページなどで確認してください。また、より個人に合った手術を行うために、ホームページ記載の料金表と実際の料金は異なる場合もあります。実際に必要な費用については、クリニックに足を運んでカウンセリングを受けなければわかりません。

脂肪吸引費用の目安

 

顔(頬周辺) 15万円程度
顔(顎) 18~20万円
二の腕 20~40万円
ふくらはぎ 17~33万円
太もも 30~50万円
お腹まわり 50~60万円

1-4. 脂肪吸引モニター

各クリニックでは、「脂肪吸引モニター」として実際の料金よりも安く手術をしてもらえる制度を設けている場合があります。脂肪吸引を受けたいけれど、高額な費用が用意できないという方は選択肢の一つとしてもっておいてもいいかもしれません。

ただし、「なぜ正規料金よりも安く脂肪吸引が受けられるのか」という疑問については、明確にしておく方がよいでしょう。

モニターの目的はさまざまです。主な理由は、「クリニックの宣伝」、「若手の医師の経験値アップ」、「最新機器への技術力アップ」などが考えられます。

クリニックの宣伝のためのキャンペーンであれば、クリニックの中でも技術力の高い医師に手術を担当してもらえる可能性は高いです。しかし、手術前後の写真の提供が必要であったり、口コミの投稿が必要であるなど、必ず条件があります。

後者2つの理由であれば、横暴な言い方をすれば「練習」の意味合いが少なからず含まれます。

そもそも脂肪吸引の手術自体が「100%必ず希望通りにできる」というわけではありませんが、モニターで脂肪吸引を受けるときには、「その可能性がさらにやや低くなる」というくらいの認識をしておく方がよいでしょう。

モニターで脂肪吸引を受けると、効果が出なかった場合など仕上がりに不満があっても、修正手術など保証制度に適応されないのが普通です。

2. 知っておきたい脂肪吸引の危険性とは?

脂肪吸引の手術は、技術の高い医師や多くの高性能の機器が開発されている現在、安全面はかなり高い美容整形手術であると言われています。即効性があり、その効果も半永久的に持続できるということから、男女問わず多くの方が実際に脂肪吸引手術を受けています。

しかし、上記でもお伝えしていますが、脂肪吸引手術が成功するかどうかは手術を担当する医師の技術力にかかっています。脂肪吸引手術を受けたのに、希望通りの効果が得られなかったという方やボディラインのバランスが不自然になってしまった、皮膚がでこぼこになってしまったなど、「失敗」に終わってしまったという方もいらっしゃいます。

実際に、各クリニックの脂肪吸引メニューを見てみると、「他院で受けた脂肪吸引の修正手術」などといったメニューを目にします。個別にメニュー化されるほど、それだけ修正手術を希望する患者がいるということが容易に想像できます。

脂肪吸引は大きな手術となりますので、最悪の場合、命に関わる重大な事故に繋がる可能性もあります。感染症になる恐れもありますし、麻酔を使う手術であるため、意識障害の可能性もゼロではありません。

このような重大な事故は、きわめて可能性が低い事故であるとはいえ、絶対に起こらないとも言い切れませんので、手術を受けるときにはよく理解しておく必要があります。

脂肪吸引手術を受ける際のリスクについては、必ず医師から説明があります。カウンセリングのときに、メリットばかりを主張してリスクに関しての説明がない場合は、別のクリニックを検討する方がよいでしょう。

3. 脂肪吸引の口コミ

 

通常のダイエットでは部分痩せは難しいですが、脂肪吸引は希望の箇所のみを細くすることができるのでボディバランスを整えることができますね。

 

物理的に脂肪を取り除くため、手術後すぐにでも効果を実感する方もいらっしゃいます。この後、3ヶ月程度かけて徐々に細くなり、半年経つとほぼ完成となります。

脂肪吸引は非常に繊細な手術であるため、技術の高い医師が担当しても左右差が出てしまう場合もあります。適切なアフターケアを行うことで最終的な仕上がりを整えることができますが、改善されない場合は修正手術が必要なこともあります。

基本的に、脂肪吸引をした部位は手術後脂肪がつきにくい状態となります。しかし、太る生活を続けていると取り残した部分に脂肪がついてしまったり、他の部位が太くなってでこぼこになってしまうこともあります。脂肪吸引後にも生活習慣に気をつけなくてはいけません。

脂肪は非常に軽いので、脂肪吸引だけ体重が変動することは通常ありません。脂肪吸引をしたことで意識が高まり、食事や生活習慣に気をつけた結果が出たと考えられます。見た目が変わるので、モチベーションを保ちながらダイエットに取り組むことができそうですね。

4. 脂肪吸引を安全に受けるために必要な3つのこと

脂肪吸引の危険性について知っていくと、受けたいと思っていた気持ちが冷めてしまう方もいるかもしれません。しかし、「脂肪吸引すべてが危険なわけではない」ということを是非理解しておいてください。この項目では、脂肪吸引を安全に受けるために必要な3つのことをご紹介します。

4-1. 信頼できるクリニックを選ぶ

脂肪吸引でもっとも大事なのは、「クリニック選び」です。良いクリニックには、良い医師がいると言ってもいいでしょう。

「家から近所だから」、「料金が安いから」など、安易に決めるのではなく、複数のクリニックをきちんと比較し、慎重に選ぶ必要があります。

インターネットの口コミやホームページをチェックし、保証制度やアフターケアが充実しているクリニックを選ぶのがよいでしょう。候補に挙がった複数のクリニックでカウンセリングを受け、雰囲気や清潔感などもチェックしましょう。

4-2. 信頼できる医師を選ぶ

ホームページ等では医師の経歴を見ることができる場合があります。経験数が長い、症例数の多い医師は技術力の担保ができます。

また、カウンセリングで実際に医師と話し、きちんと意思疎通ができるかどうかチェックしましょう。技術力が高くてもうまくコミュニケーションが取れなければ、満足のいく結果が得られない場合もあります。

自分の体を任せられる医師に担当してもらうことが重要です。

4-3. 脂肪吸引の知識を深める

脂肪吸引の知識を深めておくことは、地味ですが非常に重要といえます。

知識がない状態では、カウンセリングを受けたときに医師の言うことを信じる以外ありません。手術のメリットのみを主張してリスクに関しての説明を一切しないような悪徳なクリニックや医師も存在しないとは言えません。

自分自身がきちんと知識を深めておくと、クリニックや医師を選ぶ際に非常に役立ち、自分の身を守ることにも繋がります。

5. 脂肪吸引の安全性まとめ

脂肪吸引の安全性について詳しくご紹介しました。

近年では、高い技術の医師や高性能の機器が導入されているクリニックも多く、安全に受けられる美容整形手術として、脂肪吸引を受ける方も増えてきているといいます。

脂肪吸引手術自体は、非常に安全性の高い手術です。しかし、実際に手術を行うクリニックや医師によって、得られる結果には差が出るということも事実です。

「効果が出ない」、「バランスが崩れる」、「皮膚がでこぼこになる」など、仕上がりに満足できないというだけであればまだしも、最悪の場合は「感染症」や「意識障害」などが発生してしまう可能性も、残念ながらゼロではありません。

安全な脂肪吸引手術を受けるためには、きちんと正しい知識を身につけることが非常に重要です。そして、クリニック選びや医師選びを妥協せず、本当に信頼できるクリニックや医師を選ぶ必要があります。

脂肪吸引は、「お金さえ払えば希望通りのボディラインにしてくれる」わけではありません。しっかりと情報を集めて「自分の身は自分で守る」という意識を持って、脂肪吸引手術に臨みましょう。