太ももの脂肪吸引後数日間はトイレが大変?

太ももの脂肪吸引後数日間はトイレが大変?

 

脂肪吸引直後は吸引した部分は内出血があります。人によって症状は様々ですが、日常生活全般に支障があり、特にトイレでの座る立つ、トイレでお尻が便座に触れた時に痛い、という声があります。ここではどのような対応策があるかをご紹介していきます。

1. 太ももやお尻の脂肪吸引後はトイレが大変!

①脂肪吸引後の痛み

脂肪吸引後には内出血、痛み、むくみ、痺れ、かゆみなどの症状が出ます。これはダウンタイムと呼ばれています。じっとしていても痛いので、痛み止めを使わないと辛いほどで、動くとさらに痛みがあるという状態です。

②脂肪吸引後の圧迫

また吸引直後は吸引部分を圧迫するガードルを装着しなければならず、それにより圧迫され動きにくくなります。元々の痛みとガードルによる圧迫のため、トイレでの排泄一連の動作が不便になります。

③水分摂取が重要

それならばなるべくトイレに行かないように我慢する、行く回数を減らすために水分の摂取を控えればよいのではと思うかもしれませんが、これは体にとって良くない方法です。術後まず食事で注意することが水分の摂取と言われるほど水分が重要になってきます。

なぜなら術後は体温が上昇し水分不足が起こるためです。吸引後は手術した部分が熱を帯び、炎症を起こす場合があるので食事以前に水分摂取を積極的に行わなければなりません。

2. 脂肪吸引後のトイレを楽にする5つのコツ

先ほどお伝えしたように、脂肪吸引後、数日間はトイレでの一連の動作が非常に大変になってきます。吸引部分に痛みがあり日常生活に支障がある中、どのようにして対策をすればよいのでしょうか。

ここでは5つ改善策をご紹介します。これから脂肪吸引をされる方、また脂肪吸引後のトイレで困っている方は、ぜひ試してみてください。

2-1. 紙コップを使用する

おしりや太ももの脂肪吸引では座るのさえ困難になりますので、紙コップを使用することで立ったままの姿勢で排泄することが可能になります。

2-2. 分厚い便座クッションを使う

便座に分厚いクッションを設置することで便座に座ったり立ったりする動作をする際、足腰への負担は軽減されます。お尻の脂肪を吸引した場合はどうしても便座に接触するので痛みを伴うでしょうが、より楽な姿勢を取りながら排泄できるというメリットがあります。

・おすすめの便座クッション

座位保持クッションという便座用のクッションも販売されていますが、主に介護用ですので価格が1万円前後です。脂肪吸引後のトイレの不便さは数日間ですので、100円ショップなどで便座シートを10枚~20枚ほど買ってなるべく足腰を曲げないような高さに持っていくことができるでしょう。

2-3. 股部分に穴の開いたガードル

股部分のみ開いているガードルも販売されています。ですが問題点としては尿がガードル周囲に付着する可能性がありますので、サランラップなどで股から太ももをカバーするという対策をしてみてはいかがでしょうか。

・おすすめのガードル

「股割れ ガードル」で検索すると、着物用のガードルが出てきます。股部分が開封可能になっていますのでトイレでの動作を軽減することができます。相場はだいたい5,000円程ですが、安いもので2,000円くらいのものもありますので、ネットショッピングで購入しておくのが便利でしょう。

2-4. 痛み止めを服用する

これはトイレでの不便さを解消するためだけではなく日常的な支障(家の中でも動作ができずに困っている、夜痛みを感じるため寝ることができない等)を解決する方法でもあります。最初の2,3日は多くの方が痛み止めを必要とするでしょう。

・痛み止め服用時の注意点

イブ、バファリン、ロキソニンなど、自分が頭痛や生理痛で使用する鎮痛剤(自分が普段効くと感じているもの)を事前に用意しておくことも推奨しますが、美容整形外科の担当の先生の勧める病院でしか扱っていない痛み止めも念のため処方してもらいましょう。

あまりにも痛みが酷くて深夜は睡眠できない事態も考えられますので薬局で市販している睡眠薬も用意できると良いでしょう。ですがその際はきちんと薬の組み合わせが問題ないかを担当医や薬局の薬剤師に確認することが必要です。

2-5. 脂肪吸引前後に食べ過ぎたり飲みすぎたりしないように注意する

脂肪吸引後にトイレに行く回数を極力減らすために手術前は暴飲暴食をしないようにしましょう。吸引後はこまめな水分摂取が必要となると前述しましたが、あくまでも体が必要とする適量が推奨されますので、採り過ぎは控えましょう。脂肪吸引前に下剤を飲んで腸をすっきりさせておくというのも良い方法でしょう。

なるべく動作に負担がかからないような工夫をすることと、動作をゆっくりすることで体の負担が軽減されます。術後は無理をせず体に負担がかからないペースで過ごしましょう。

3. まとめ:脂肪吸引前にはトイレ対策を!

①脂肪吸引をするならダウンタイムを確認しておこう

太ももやお尻は一度ついた脂肪がなかなか取れにくい部分でもありますので、その部分が効果的にやせることができるのは脂肪吸引のメリットでしょう。

しかし、このような吸引後のダウンタイムが心配で脂肪吸引の手術を躊躇している方もいらっしゃるのも事実です。確かに数日間は家でじっとしているのも辛く、医師からは予定を入れないように、外出を控えるように、食事は簡単に家で作れるレトルトを準備するようにアドバイスがある程の痛みがあります。

②ダウンタイムのピークは術後数日!トイレ対策もして乗り切ろう

まだ脂肪吸引を受けたことがない方はこのことを聞いて驚くかもしれませんが、トイレに行くことや日常生活全般が特に大変なのは術後の数日間がピークで、その後徐々に痛みも軽減され日常生活も必ず通常に戻っていきますので安心して下さい。

このピークの数日間は脂肪吸引した方はほぼ経験しなければいけないので、をいかに不便なく過ごすかを事前に考えることで負担を軽減できるでしょう。

③脂肪吸引後の水分制限には要注意

また、トイレに行くのが辛いからと言って水分摂取を控えるのは体に良くありませんのできちんと摂取しましょう。実は水分をこまめに摂取することで細胞の生まれ変わりが早まり、その結果ダウンタイムを少なくすることにもつながります。

後々のダウンタイムが緩和されると日常生活がスムーズになってきます。術後は食欲が一気に落ちる方もいらっしゃいますので水分吸収を効率良く行うために冷たい水ではなく温かい白湯を飲むのが良いでしょう。

④トイレ対策には便利なグッズがおすすめ

ここでは術後のトイレでの動作、排泄において生じる支障についてお話しましたが、上記に挙げたグッズなどを手術までに事前に購入することをお勧めします。

脂肪吸引後は体の代謝を良くするために水分摂取をこまめにすることと、トイレでなるべく不便さと痛みを感じないように準備をしっかりしておきましょう。

ベイザー脂肪吸引モニター募集
ベイザー脂肪吸引モニター募集