顔の脂肪吸引の値段はどのくらい? 値段による効果の違いはあるのか徹底解説!

顔の脂肪吸引の値段はどのくらい? 値段による効果の違いはあるのか徹底解説!

顔は常に人の目に触れる場所で隠すことはできません。顔の印象一つで今後の人間関係が良くも悪くも転ぶ非常に大事な体の部位です。顔がスッキリしていると、可愛らしい印象が作れるだけでなく、スマートでシャキッとした雰囲気になります。

しかし、ダイエットを頑張ってもなかなか効果があらわれにくい部分で、コンプレックスに感じている方も非常にたくさんいらっしゃいます。顔を小さく、スッキリさせる方法はいくつかあり、その中の一つが脂肪吸引です。

顔の脂肪吸引は比較的ダウンタイムも少なく、短い期間でも効果が得られる方法として人気の高いメニューです。しかし、クリニックのホームページ等をチェックしてみると、顔の脂肪吸引の値段設定はピンキリです。

この記事では、値段の違いによる効果に違いがあるのか、また、顔の脂肪吸引の平均的な値段はどのくらいなのかを詳しくご紹介していきたいと思います。脂肪吸引以外の小顔にできる美容整形についてもご紹介しますので、「どうも顔がスッキリしないなぁ・・・」と悩んでいる方は、是非、参考にしてください。

1. 顔の脂肪吸引の値段はいくら?

1-1. 顔の脂肪吸引の平均的な値段

顔の脂肪吸引とは、基本的に「頬」と「顎」の2つの部位での脂肪吸引のことを言います。クリニックの多くは、頬と顎の脂肪吸引のメニューを分けているところが多いため、両方同時に受けるなどすれば値段を安くおさえることができる場合もあります。

また、頬や顎は特に、人によって吸引する必要のある脂肪の量が違いますので、それぞれで値段が変わります。実際にかかる費用は、各クリニックでカウンセリングを受けて教えてもらいましょう。

相場としては、頬か顎のどちらか1ヶ所であれば10~42万円程度、頬、顎両方の場合は17~84万円程度となります。モニター制度を設けているクリニックでは、正規の約半額程度の値段になります。これを平均すると、約42万円ほどです。

1-2. 脂肪吸引とその他の小顔整形との値段の違い

冒頭でも簡単にお伝えしましたが、顔を小さくスッキリさせるためには、脂肪吸引の他にもいくつかの方法があります。この項目では、脂肪吸引以外の小顔整形の特徴や値段について詳しくご紹介していきます。

頬や顎の脂肪吸引

顔の脂肪吸引では、頬や顎の脂肪を吸引します。耳の裏や顎の下など目立たない部分に小さな穴を空け、カニューレという管を使って脂肪を吸引していきます。顔の脂肪吸引では吸引する脂肪も多く、人の目に触れやすい部位であるため、体で使うカニューレよりも細いものを使うのが普通です。

手術の傷あとは蚊に刺されたような小さなものでほとんど気になりません。上記でお伝えしたとおり、顔の脂肪吸引の値段はピンからキリまで幅がありますが、平均的な値段としては約42万円程度となります。

脂肪溶解注射

脂肪融解注射は、顔の脂肪吸引とは違い皮膚を切開することなく受けられる施術で、「プチ整形」のメニューとしても人気があります。脂肪を溶解させる作用のある薬剤を皮下に注入することで顔を細くすることができます。溶解した脂肪は血液やリンパの流れにのって排出されていく仕組みです。

施術後に腫れやむくみなどの症状が出ることもありますが、基本的にはダウンタイムがありません。そのため、施術の翌日や早い方では当日から仕事に復帰できます。一回の注射だけでも効果を感じる方もいらっしゃいますが、続けて施術を受けることで徐々に効果があらわれます。

脂肪溶解注射の値段も、クリニックによってやや変動はありますが、1本3700円程度からで提供されています。顎と頬では一回で4~10本ほど打つ必要があるため、この場合は一回の費用が約1万5千~3万7千円程度となります。

他にも、脂肪溶解注射にはさまざまな種類があり、高いものでは一回施術で6万円程の費用が必要なこともあります。

咬筋切除

咬筋切除は、顔が大きく見えてしまう原因が頬や顎周りの脂肪ではなく、口を噛み締めるための筋肉(咬筋)が発達しているという場合に効果的な方法です。咬筋が発達している状態とは、いわゆる「エラが張っている」と言われる方で、口を噛み締めたときにこめかみの下辺りの頬がぐっと盛り上がるという特徴があります。

手術によって、発達した咬筋の一部を切除する方法で、物理的に咬筋の量を減らして顔を小さくすることができます。手術では口の中を切開して咬筋を切除するため、外からは傷あとが見えません。

やや大きな手術となるため、手術直後は腫れや知覚麻痺などの症状が出ますが、1ヶ月程度でいつも通りの生活に戻ります。咬筋切除の値段は40万円程度が相場です。

エラボトックス

エラボトックスは、咬筋切除と同じく顔が大きく見える原因が脂肪ではなく咬筋である場合に効果のある方法です。咬筋切除とは違い、咬筋に「ボツリヌストキシン」を注射し、筋肉を萎縮させることで顔を小さくすることができます。

切開をしない施術のため、施術時間が短く傷あとが残らないというメリットがあります。しかし1回だけでは6ヶ月~1年程度で効果がなくなってしまうため、何回か続けて打つ必要があります。

また、エラボトックス注射は効果が出るのが緩やかで、施術から1ヶ月経ったあたりでやっと効果が表れ始めます。エラボトックスの値段は一回の注射で約5~15万円が相場です。

エラ切り、骨削り

顔が大きく見えてしまう原因が、脂肪でもなく咬筋でもないのであれば骨格に原因があると考えられます。下顎の骨が大きい、横に広がっている場合、骨を削るなど厚みを減らしたり、切除して顔を小さくすることができます。

基本的に口の中を切開して骨を削っていくため、外からの傷あとは目立ちません。手術のあと1~2週間は腫れますがその後徐々に引いていきます。ダウンタイムは2週間~1週間程度ですが、その間食事などで不便を感じます。エラ切りや骨削りの値段は70~140万円が相場です。

1-3. 脂肪吸引で小顔になるメリット

脂肪吸引の手術は、技術の高い医師も多く、高性能の機器の導入も進んでかなり安全性の高い手術と言われています。顔の脂肪吸引で取り除く脂肪の量は少ないので比較的ダウンタイムが短く、3日ほど休みが取れればマスクやメイクで隠して仕事に復帰することができます。

一度取り除いた脂肪は元に戻ることはありませんので、手術後に急激な体重の増加さえなければ効果は半永久的に続きます。また、物理的に脂肪細胞を取り除くため即効性があり、手術後すぐに効果を感じる方もいるほどです。

切開しない施術のメリット・デメリット

脂肪溶解注射やレーザー、超音波での施術は、一回でも多少の効果はあると言われており、脂肪吸引よりも一回の施術の料金は安いです。これらの施術は、皮膚を切開する必要がないため、傷あとが残りません。

また、ダウンタイムが短く当日からでも仕事復帰が可能なこともあるのが一番のメリットと言えます。しかし一方で、明確な効果を感じられるまでには数回の施術が必要です。

脂肪溶解注射やレーザー、超音波での施術は、何度も通院し、その度に費用が必要になる上、効果を感じるまでに時間がかかってしまうというデメリットがあります。

同じく、エラボトックス注射も切開の必要がないため、短いダウンタイムで手軽に受けられる施術です。こちらも、脂肪吸引よりも一回の料金は安いです。しかし、効果があらわれるのに時間がかかり、また、持続させるためには定期的に施術を受ける必要があるというのがデメリットとなります。

切開する施術のメリット・デメリット

顔が大きく見えてしまう原因が脂肪ではない場合、咬筋切除やエラ切り、骨削りといった手術が適しています。脂肪吸引と同じく、切除した咬筋や骨は元には戻りませんので、一度手術を受ければ効果は永久的に持続します。

ただし、脂肪細胞はそのまま残っているため、体重の増減によって見た目は変わってしまいます。せっかく咬筋や骨を切除してもまわりに脂肪がつくと効果が感じられなくなるというデメリットがあります。

また、比較的大きな手術となるため、腫れや痛みなどのダウンタイムの症状があらわれます。どの手術も口の中を切開して行うのが普通ですので、傷あとが目立つことはありませんが、手術後しばらくは口を開けたり食事をするのに不便な時期があります。

2. 顔の脂肪吸引にかかる値段と効果の違い

上でもご紹介したとおり、顔の脂肪吸引だけを見てもクリニックによって値段にはやや開きがあります。脂肪吸引の値段に開きが出るのは、保険適応外の自由診療であるために、クリニックごとに独自の値段設定ができるからです。

脂肪吸引手術の値段は、主に「クリニックの知名度」、「保証制度の有無」、「使用する吸引器の性能」などの要素で決められています。値段が高い方が患者にとっては安心感が得られそうですが、実は、「脂肪吸引の値段」と「効果」については直結はしないと思っておく方が良いでしょう。

2-1. 「高性能の機器<医師の技術力」

脂肪吸引の効果が満足に得るための最も重要なことは、「医師の技術力」です。性能の高い機器を使って手術を行っても、医師の技術力が低ければ、効果が得られなかったり失敗してしまう可能性もあります。

逆に、多少性能の低い機器でも、医師の技術力が高ければ満足のいく結果が得られるでしょう。基本的に、脂肪吸引ではカニューレという管を使います。

カニューレの先端には複数の穴が開いており、吸引器から陰圧をかけることで脂肪や、先に注入している麻酔薬、手術中に出る血液を一緒に吸引していく仕組みです。この方法をベースとして、性能の高い機器では、薬剤やレーザー、超音波などを用いて脂肪細胞を溶かしたり、破壊して吸引しやすくしています。

これにより、繊細なカニューレ操作が可能で一度に多くの脂肪が吸引できるようになると言われています。

このように聞くと、患者にとっても多くのメリットがあるように感じられます。しかし、見方を変えると、「手術を行う医師にとって非常にやりやすい(楽な)方法」であるということになります。

カウンセリングで執拗に機器のランクアップを勧められる場合は注意しておきましょう。「医師が楽な方法で手術をするために、患者が費用を負担する」ということになりかねません。

何度も申し上げますが、技術の高い医師は、精度の低い機器を使っても十分な効果を出すことができます。効果を得るためには、高い費用を払って高性能の機器を選ぶよりも技術力の高い信頼できる医師を選ぶことの方が、何倍も重要となります。

2-2. 「知名度の高さ=効果が得られる」とは限らない

近年では、テレビでも美容整形クリニックのCMをよく目にするようになってきました。「聞いたことのあるクリニック」であればあるほど信頼は厚く、安心して脂肪吸引手術を受けられると感じるのは当然のことでしょう。

しかし、知名度が高いことが、「無条件に効果が得られる良いクリニックである」と決め付けてしまうのは非常に危険です。

宣伝広告を出すためには、宣伝の費用がかかります。その分、脂肪吸引をはじめ、その他の美容整形手術の費用で利益を出さなくてはいけないため、手術費用が高く設定されている場合があることも理解しておきましょう。

知名度が高いと患者も集まりやすいので、医師も経験豊富であることがほとんどです。その点では、ある程度信頼が担保されるといってもいいでしょう。しかし、高い手術費用を設定している知名度の高いクリニックだからと言って、全ての医師が「効果が出せる医師」であるとは言い切れないのも事実です。

脂肪吸引手術では、医師とのコミュニケーションも非常に重要です。医師には、脂肪吸引の知識が十分でない患者の要望を汲み取って、必要な量の脂肪を取り、必要な量の脂肪を残す技術が必要です。

脂肪吸引手術の仕上がりは、医師のセンスもさることながら、患者の要望をきちんと理解できるかによっても左右されます。よく耳にする大手のクリニックでは、それだけでも信頼感が得られると思い込んでしまいがちです。

しかし、本当に重要なのは、知名度の高いクリニックではなく、信頼できる医師が手術を担当してくれるかどうかということです。

2-3. 「保証制度」には要注意

「保証制度」を設けているクリニックは非常に多いです。脂肪吸引手術から1年間など、期間内であれば、効果に満足できなかった場合に再手術を受けることができる制度です。

こういった保証制度を設けているクリニックは、保証制度のないクリニックの手術費用よりもやや高い値段設定をしていることが多いです。患者にとっては、万が一のことを考えると、安心感のある嬉しい制度と言えるでしょう。

しかし、保証制度を利用するためには条件があります。各クリニックで条件はさまざまですが、条件を満たしていないと再手術に対応することができません。脂肪吸引の手術は一度受けると、まわりの組織が以前よりも強く繋がろうとするため硬くなります。

二度目以降の手術は一度目よりも非常に難易度が高くなり、医師に必要な技術力が跳ね上がります。二度目以降の手術を嫌がる医師も多く、実際に保証制度を利用しようとしたときに、何かと理由をつけられて対応してもらえない方もいるようです。

保証制度があるだけでも安心感を得ることはできますが、保証制度に適応されるかどうかは手術後の経過を見なければ分かりません。実際に使えるかどうかわからない保証制度のために他よりも高い費用を払うかどうかは、手術を受ける患者自身できちんと判断する必要がありそうです。

そもそも、保証制度は、使う必要がないなら、その方が断然良いのです。

3. 顔の脂肪吸引を値段で選んでも大丈夫?安いクリニックの注意点

「2. 顔の脂肪吸引にかかる値段と効果の違い」の項目では、手術費用と効果は比例するとは限らないとお伝えしました。「脂肪吸引は高ければいいというものではない!」ということがお分かりいただけたかと思います。

では、「安ければいいのか?」というと、残念ながら、そうとも言い切れないのです。この項目では、脂肪吸引費用が安いクリニックで注意すべきことをご紹介します。

3-1. 料金表を鵜呑みにしてはいけない

脂肪吸引を検討したら、まずは各クリニックのホームページをチェックされる方が多いかと思います。脂肪吸引を受けるときに、クリニック選びの一つの要素となるのがやはり「料金」です。

ホームページの情報だけでは、実際に手術を担当する医師がどのような人なのかを判断することができません。実際にクリニックへ足を運び、カウンセリングを受けて手術を受けるかどうか判断する必要があります。

このとき、同じような印象を持った2院があったとすると、ほとんどの方は料金表を見てより安く済ませられるクリニックを選ぶでしょう。

しかし、実際にカウンセリングを受けてみると、「より精度の高い仕上がりになる」、「取り残しなどのリスクが少ない」、「負担が少なくダウンタイムが短くなる」などの理由から、より費用のかかる脂肪吸引メニューを勧められることもあります。

カウンセリングでは、より患者に適した手術方法を提案することは普通のことです。しかし、より高いメニューを提案することで利益を増やそうとするクリニックがあることも忘れてはいけません。

ベーシックな手術方法の料金設定を低くしてカウンセリングの数を増やし、ランクアップを促して高い手術費用を取るのがクリニックの「経営戦略」である場合もあるのです。

カウンセリングを受けるときには、本当に自分に適した手術方法を提案してくれているのか、それとも「戦略」であるのかをしっかりと見極める必要があるでしょう。

3-2. モニター料金に注意

多くのクリニックでは、通常の手術費用よりも安く手術が受けられる「モニター」を募集していることがあります。少しでも安く脂肪吸引を受けられるのであれば、患者にとっては非常にありがたいことです。しかし、「モニター」には十分注意しておく必要があるといえます。

通常よりも安い値段で脂肪吸引等のメニューを提供するのには当然理由があります。「クリニックへの集客を集めること」や、「最新機器への技術力アップや若手医師の症例数を増やすこと」が主な理由と考えられます。

モニター料金を設定して患者数を増えれば、症例数を増えてクリニックの信頼度を上げることができます。宣伝効果が期待できるため、積極的にモニターを募集しているクリニックも多いです。

この場合、口コミ投稿や手術前後の写真の提供などが必要であるなど条件がありますが、その分技術力の高い医師に手術を担当してもらえる可能性が高いと言えます。

モニター制度を設ける理由が「機器への技術力アップ」や「若手医師の症例数を増やす」ためであれば、特に注意が必要です。これまでお伝えしてきたように、脂肪吸引が成功するかどうかは医師の技術力次第です。

モニター料金では正規の値段よりもかなり安い値段で手術が受けられると言えども、「医師の経験を積むため」のものであれば、完成度の点でやはり疑問が残ります。また、不慣れな機器では少なからず勝手が違いますので、技術の高い医師が担当してくれたとしても多少パフォーマンスが下がってしまうことは否めないでしょう。

モニターで脂肪吸引手術を受ける場合、ほとんどのクリニックで設けられている保証制度が利用できない場合がほとんどです。万が一仕上がりに問題があったときでも、再手術に対応できないことが多いため、こちらも注意しておきたいです。

4. 値段以外も要チェック!顔の脂肪吸引で小顔になるために大切な3つのこと

脂肪吸引にかかる費用は、クリニックを選ぶ際には大きな指針の一つになります。これまで、クリニックが設定している手術費用の高い低いによる注意点についてご紹介してきました。

しかし、顔の脂肪吸引では、値段以外にもチェックしておきたいことはたくさんあります。ここでは、値段以外にチェックしておきたい、「顔の脂肪吸引で小顔になるために大切な3つのこと」をご紹介します。

4-1. 信頼できるクリニックなのかを要チェック!

脂肪吸引手術をはじめ、その他美容整形手術を受ける際には、クリニック選びは非常に重要です。良いクリニックを選ぶことで、技術力の高い良い医師に出会える可能性がかなり高くなります。

仕上がりの良し悪しはクリニック選びにかかっていると言っても過言ではありませんので、クリニック選びから慎重に行うことを強くおすすめします。

クリニック選びで気をつけたいことは、以下の項目の「5. 顔の脂肪吸引は失敗できない!安心できる美容整形外科の選び方」で詳しくご説明しますので、是非よく読んで理解していただければと思います。

4-2. 医師の技術力を要チェック!

前述の通り、良いクリニックを選ぶことができれば、良い医師に出会う可能性は高くなります。しかし、全ての医師の技術力が高いわけではもちろんありません。また、医師との相性も仕上がりに影響してきますので、安心して自分の体や顔を任せられる医師に担当してもらうことが重要です。

以下、「5. 顔の脂肪吸引は失敗できない!安心できる美容整形外科の選び方」では、良い医師かどうかを見極めるポイントもご紹介していますので、よく確認しておくようにしましょう。

4-3. 「本当に脂肪が原因なのか」を要チェック!

「1. 顔の脂肪吸引の値段はいくら?」の項目でも簡単にご説明しましたが、小顔にするためには、顔の脂肪吸引の他にもさまざまな方法があります。顔が大きく見えてしまう原因が顎や頬についている脂肪が原因の場合は、顔の脂肪吸引で十分な効果が得られますが、その他に原因がある場合、効果が感じられないこともあります。

良いクリニックを選び、良い医師に担当してもらうことができれば、必要に応じて他の手術方法を提案してくれるでしょう。カウンセリングのときに詳しく説明があるはずですが、きちんと知識を蓄えておかなければ、別の方法を提案してもらっても納得できない場合もあるかもしれません。

顔はそもそも、他の部位と比べても脂肪が少ない部分ですので、取り除く脂肪の量には限りがあります。下顎の骨や筋肉が張っていることが原因である場合に、必要以上に脂肪を取り除いてしまうと、頬がこけたりくぼんだりなど、老けた見た目になってしまうこともあります。

顔の脂肪吸引で効果が得られるのは、頬や顎に脂肪が多い方です。下を向いたときに顎の脂肪が1センチ以上つまめる方、あるいは、頬骨と、下顎の角の三点を繋いだ部分に、骨よりも盛り上がって脂肪がついている方は効果が得られるでしょう。

上記二つが「顔の脂肪吸引で効果が得られるかどうか」を見極める指針になりますが、実際に脂肪吸引手術で満足のいく効果が得られるかどうかは、カウンセリングを受けて医師に判断してもらうようにしてください。

5. 顔の脂肪吸引は失敗できない!安心できる美容整形外科の選び方

顔は、人と出会うときに一番最初に目に触れる場所です。知り合ったあとも、ほとんど隠すことはできず、目に触れ続ける場所であるため、特に失敗が許されない部分です。

また、脂肪吸引手術自体も二度目以降の手術になると非常に難しくなり、クリニックによっては再手術にも対応ということも少なくありません。ここでは、他の部位よりもシビアな「顔の脂肪吸引を受けるときときに気をつけておきたいクリニックの選び方」のポイントをご紹介します。

5-1. 複数のクリニックの候補を挙げる

顔の脂肪吸引を考えたとき、最初から1つのクリニックに絞ってしまうのはかなりリスクが高いと言えます。料金や手術方法、アフターケアなどの内容が比較できず、スタッフや医師の対応に不安があるまま手術に臨む可能性が出てくるからです。

また、最初のクリニックでカウンセリングを受けてみて、十分信頼できそうだと思っても、比較してみるとさらに良いクリニックが見つかる可能性もあります。

ホームページやインターネットの口コミ、経験者のブログなどをチェックして情報を集め、複数のクリニックを候補として挙げるようにしましょう。ホームページでは、料金だけでなく、クリニックが設けている保証制度や、症例数などを細かくチェックします。

ほとんどのクリニックでは、手術を担当する医師の経歴なども掲載されている場合もあります。顔の脂肪吸引に関して、経験豊富な医師がいるかもきちんとチェックしておきましょう。

5-2. 複数のクリニックでカウンセリングを受ける

ホームページの情報や口コミだけでは、クリニックを選ぶのには不十分です。脂肪吸引をはじめ美容外科手術では医師との相性も大きく影響することもありますので、気になったクリニックは実際に足を運んでカウンセリングを受けるようにしましょう。

カウンセリングのときには、クリニックの雰囲気やスタッフの対応もチェックしておきましょう。クリニック内は清潔に保たれているか、リラックスして手術を受けられる環境が整っているかは、見落としがちですが重要なポイントです。

また、カウンセラーや医師の対応がおざなりでないか、不安な点や要望にきちんと対応してくれるかどうかチェックしましょう。忙しいクリニックでは、医師とのカウンセリングが短時間で済まされてしまうこともあります。

医師の替わりにカウンセラーが丁寧に説明してくれる場合もありますが、実際に手術を行うのは「医師自身」です。細かい要望を伝えるためには本人同士で話すことが一番ですので、医師と話す時間が少ないクリニックはできるだけ避けた方がいいでしょう。

脂肪吸引手術は医師との相性も重要です。自分の体を任せられるくらい信頼できる医師に担当してもらえるクリニックを選びましょう。カウンセリングのときに、脂肪吸引のメリットばかりを説明する医師は注意しておきましょう。

脂肪吸引の手術は、受ければ必ず成功するとは限らない手術です。失敗の可能性やリスクも当然ありますので、悪い面についてもきちんと説明のあるクリニックを選びましょう。メリットとデメリットを理解して、納得した上で手術に臨まなければいけません。

通常、カウンセリングはどのクリニックでも無料で受けられるようになっています。「カウンセリングを受けたらその場で契約しなければいけない」というわけではありませんので、迷っている場合は一度持ち帰って冷静に判断するのが良いでしょう。

6. まとめ

顔の脂肪吸引の値段の相場や、効果の違いについてご紹介しました。重ねて何度もお伝えしてきましたが、脂肪吸引が成功するかどうかでもっとも重要なことは、「手術を担当する医師の技術の高いかどうか」と言うことです。

多くのクリニックでは脂肪吸引だけでも複数メニューを設けています。基本的には、「使用する機器の性能の違い」で、使用する機器の性能が高いほど値段は高くなります。しかし、性能の高い機器は「脂肪を吸引しやすくする」ためのもので、効果自体に違いはないと言ってもいいでしょう。

確かに、性能の高い機器を使うほど、手術時間が短くなり負担が少なくなるなど、患者にとってのメリットがあります。しかし、そういった患者への負担の大小は微々たるもので、ほとんど違いはありません。

性能の高い機器は、「一回の手術で多くの利益を得られる」、「医師にとって手術がやりやすくなる」といった、クリニック側のメリットの方が圧倒的に多いということを知っておきましょう。

技術の高い医師であれば、多少性能の低い機器を使っても十分な効果を得ることができるはずです。逆に、性能の高い機器を使っても、医師の技術が伴わなければ効果が得られない場合もあるのです。

脂肪吸引をするには、お世辞にも安いとはいえない額の費用が必要となります。「自分で高いお金を払って、自分を美しくする」手術が脂肪吸引です。美しくなるために「医師にやってもらう」手術ではありません。

特に、顔は一番最初に人の目に触れるもっとも重要な体の部位です。顔の印象次第でその後の人間関係にも少なからず影響を与えます。

各クリニックが掲示している料金や、ホームページの情報だけに惑わされず、「ここなら、美しくなるためにお金を支払っても良い」と自信を持って言えるような、信頼できるクリニックを選ぶことが非常に重要です。

「クリニックや医師に任せっきり」ではなく、しっかりと知識を身につけて、「能動的」にクリニック選びをし、満足いく顔の脂肪吸引手術を受けられるようにしましょう。

ベイザー脂肪吸引モニター募集
ベイザー脂肪吸引モニター募集