1. Mods Clinic(モッズクリニック)TOP
  2. ドクター紹介
  3. 野原有起

モッズクリニック 医師野原 有起

術前の悩みを忘れるほど
自然で美しい
ボディラインを作る。

名古屋院
モッズクリニック医師 野原 有起
  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube

モッズクリニック医師 野原有起オフィシャルブログ

11年にわたり、600例以上の乳がん手術の執刀を行なってきた乳腺外科専門医。乳房部分切除後のバストの形を綺麗に、できるだけ傷を小さくをモットーに患者様のQOL向上に努めてきた。
多くの症例を重ねる中で、治療後の「美」の追求に目覚め、乳房再建における脂肪吸引・注入分野の将来性を確信したことをきっかけに美容外科医を志し、この分野をリードするモッズクリニックに入職。
過去の経験からバストの仕組みを熟知しており、脂肪注入豊胸だけでなく、シリコンバッグ除去やエコー診断も得意としている。

略歴

  1. 1984年福岡県生まれ
  2. 2009年福岡大学医学部医学科 卒業
    横浜市立大学附属病院 入職
  3. 2011年三重大学医学部附属病院 乳腺外科 入職
  4. 2015年三重大学大学院 乳腺外科学 博士課程修了
  5. 2016年福岡大学医学部 呼吸器・乳腺内分泌・小児外科 助教 就任
  6. 2021年福岡大学医学部 呼吸器・乳腺内分泌・小児外科 4条7号講師 就任
  7. 2022年モッズクリニック 入職

ご挨拶

モッズクリニック医師の野原有起です。
私はこれまで11年、乳腺外科医として数多くの乳がん治療を担当してきました。大学院では「手術後の乳房の整容性」に関する研究をしていた経緯もあり、乳がんの手術ではバストの形をいかに保つか、可能な範囲で傷を小さくすることにこだわってきました。
そんなこだわりから、乳房の変形や乳房を失った方の再建手術において、脂肪吸引・注入分野の将来性を確信し、美容外科医への転身を決意しました。
昨今、乳がん手術後の乳房再建が多く行われるようになりましたが、バストの見た目・整容性の面から見ると、完璧に美しい形の手術ができているわけではありません。その点、脂肪注入によるバスト形成は細かいタッチアップが可能で、見た目も触感も自然です。
脂肪吸引・注入施術に特化したモッズクリニックを新天地として選んだのは、この分野で質の高い技術を提供しており、傷を小さく目立たせない、ダウンタイムを少なくするといった患者様に配慮しているクリニックだったからです。
入職した現在はモッズクリニックの一員として、質の高い技術を提供するとともに、患者様ご自身が手術したことを忘れるくらい自然で美しい仕上がり、少ないダウンタイム、目立たない傷跡を実現すべく、日々の研究に勤しんでいます。
患者様と初めてご対面するカウンセリングでは、保険診療の診察のようにリラックスしてお話しできる雰囲気作りを心がけておりますので、お気軽にご来院ください。理想のボディライン・バストラインについて、納得が行くまでお話ししましょう。
乳腺外科医としての経験を活かしつつ、実際の状態を診ながら適切なアドバイスをさせていただきます。

長野院長からのコメント

長野院長からのコメント

乳腺外科医として長年のキャリアがあるだけに、豊胸手術には並々ならぬこだわりを持っています。入職前は福岡在住だったにも関わらず、見学のために何度も東京まで足を運んでくれた勉強家な一面もあります。
人柄を一言で表すと「穏やか」。カウンセリングではゆったりとした雰囲気になることが多いようですが、手術になると人が変わったようにテキパキとしていて、そのギャップに毎度驚かされます。
当院の理念「脂肪吸引の常識を変える」に非常に共感してくれており、今後の活躍が楽しみなドクターです。

スタッフからみた野原医師

スタッフからみた野原医師

「乳腺外科専門医」という確かな経歴と経験をお持ちにも関わらず、常に学ぶ姿勢を忘れない誠実なドクターです。脂肪吸引・豊胸はもちろん、手術の難易度が高いバストのトラブル治療も得意とされており、野原ドクターの手によって多くの患者様が救われています。
また、穏やかな人柄のドクターなので、美容外科のカウンセリングが初めての方でもお話ししやすいと思います。